これスルーしてたけど、ちゃんと見るといい取引所ですね。


ポストBinance?KuCoinに注目。

スクリーンショット 2018 01 02 20 07 08

香港に拠点を持つ仮想通貨取引所「KuCoin」。

2017年9月にリリースしたばかりだそうで。Binanceが2017年7月なので、ほぼ同時期ですね。Binanceはすでに世界一の取引高を記録していますが、こっちはまだ存在感は薄いです。伸びしろですね〜。


マニアックなコインがたくさん!

KuCoinはBinanceと同様、マイナーなコインが多数上場しています

いわゆる草コインです。Binanceにないものも多いですね〜!

スクリーンショット 2018 01 02 19 57 42

ゴミばかりかというとそうでもなくて、割りと期待できるプロジェクトが多いです。

ぼくがICOで買った「CAG」「LA」「RDN」「EVX」「BCPT」もリストされてる!

スクリーンショット 2018 01 03 6 39 53

「なんでもいいから上場させとけ」みたいな感じはしないので、そこは好感度高いです。

もちろんハイリスクであることには変わりありませんが、そもそも実態がないレベルの銘柄はランクインしていないように見えます(ビットコインダイアモンドとか怪しいけど……)。

関連記事:「草コイン投資」をする上での絶対的な注意点。


ETHペアで取引可能!

KuCoinは取引ペアも充実

特にETHペアがあるのはうれしいですね!ビットコインは送金手数料も高いしスピードも遅いので、最近はBTC建てではあんまり取引していません。

スクリーンショット 2018 01 02 19 58 31

NEOペアはBinanceにないので、そこらへんも差別化ポイントかも。NEO建てトレードも試してみようかな……。


取引手数料も割引あり。

取引手数料は0.1%。ここはBinanceの0.05%に負けますね。

10万円買ったら100円の手数料。頻繁に売買しないなら、気にならないレベルです。

んでもって、後述する公式トークン「KCS」を持っていると、手数料が割り引かれます。最大で実質0.07%まで下がるようですね。

42D7488A A51B 4DB6 9A3E E08E6B2E1015

ただ、割引を受けるためにはけっこうな金額のKCSを買わなければいけません

1,000KCSで1%ずつ割引がかかる仕様なので、えーと……2018年1月時点で手数料割引を受けるためには、最低でも約60万円の投資が必要ですねw

手数料に関してはBinanceが最強なので、頻繁に売買するならBinanceがおすすめですね。

関連記事:2018年はBinanceが日本市場を制覇する予感……。


日本語表示に対応!

なんと日本語表示にも対応済み。仕事早いな……。

スクリーンショット 2018 01 02 20 07 17

とはいえ日本語「表示」に対応しているだけなので、サポートはやっぱり英語だと思われます(未確認)。

閲覧ページによっては英語のみになるのも注意。取引画面は日本語になるので、問題なくできると思います。


配当型トークンも。

Binance同様、KuCoinも独自のトークン「Kucoin Shares(KCS)」を持っています。

KCSはいわゆる「配当型トークン」で、保有数に応じて、KuCoinの収益が還元されます

スクリーンショット 2018 01 03 6 48 54

現在の還元率はKucoinのトレード手数料の50%。これをKCSホルダーで分け合うかたちですね。

To improve user involvement and exchage vitality, Kucoin is going to award incentive bonus, which equals to 50% of the total trading fees charged by the platform, to users who hold KCS in their accounts.

KCSの総発行量は2億単位。そのうち1億は取引所と創業メンバーが保有。彼らが保有している分は、2019年〜2021年までロックアップされます。しばらくは売り浴びせはありえないということですね。

また、KCSは「買い戻し」による焼却も実施しています。最低でも収益の10%をburnに充てるということなので、市場に出回る数は徐々に減っていくことになりますね。

After the Kucoin platform opened for use, at least 10% of the net profit will be applied to the buy-back of KCS every quarter. The KCS retrieved through buy-back will be destroyed immediately

KuCoin銘柄をいろいろ見てみましたが、もっとも魅力的なのはこの「KCS」な気がします。まだ伸びしろがあるプラットフォームなので、大化けする可能性はなくはない。

というわけで、ぼくも少額仕込みました!これが1年後に3倍になったら嬉しいな〜。

スクリーンショット 2018 01 03 7 19 43

Binanceとの違い。

Binanceとの比較もざっくりと!

スクリーンショット 2018 01 03 7 17 19

ユーザー目線で見ると「Binanceにはないイケてるコインを買うときにKuCoinを使う」という用途が一般的だと思われます。ぼくのようにKCSを買って配当を待つ人も多そう。

2社とも立ち上がったばかりなので、今後はさらなる機能改善を実装していくことでしょう。レンディングあたりもやるんじゃないかなー。


今後に注目!

まだまだ存在感は薄い取引所ですが、ユーザビリティも悪くないので、これはポストBinanceの座を取る可能性もありますね。日本の取引所は負けてしまいそうだな……。

面白い銘柄も多数上場しているので、いろいろ漁ってみようと思います。投資先を探している方は、Binanceと合わせてどうぞご登録ください。

KuCoinへ登録する


あまりにも銘柄数が多いので、ざっと評価してみました。随時更新です。

Binance / KuCoin銘柄投資判断シート - Google スプレッドシート


おすすめ銘柄まとめも合わせてどうぞ!

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!