スクリーンショット 2018 01 02 15 34 08

これ質問多いので書いておきます!


そもそもウォレットって何?

仮想通貨はなかなかわかりにくいところがありますが、「ウォレット」というのはそのひとつ。

ウォレットとはいったい何なのでしょう?

ものすごく簡単に言えば、その名の通り「仮想通貨を保管する場所」です。

仮想通貨は様々な場所に保管することができます。大別すると4種類でしょうかね。

  1. 取引所
  2. ウェブウォレット
  3. ソフトウェアウォレット
  4. ハードウェアウォレット

一概に言えないところもありますが、セキュリティの安全性は下に行くほど高まります。

なので、上級者は下の方に並んでいる「ソフトウェアウォレット」か「ハードウェアウォレット」を使いますね。

それぞれ解説していきます!


取引所はリスキー。

実はいちばん多いのが、取引所の用意するウォレットを利用しているユーザーでしょう。

「取引所のウォレットを利用する」というとわかりにくいですが、要するに「買った通貨をそのまま取引所に保管する」ということです。

ぼくも偉そうにいいつつ、それなりの量の通貨を取引所に保管してます。たとえばZaifにはこんな感じで置いてます。早く移動しなきゃな……。

スクリーンショット 2018 01 02 14 56 20

なぜ早く移動しなければいかないかというと、取引所にはハッキングリスクや倒産リスクがあるからです

日本の主要な取引所(Zaif、coincheck、bitFlyerあたり)はさすがにいきなり倒産することはないでしょうけど、何があるかはわかりませんよね。

追記:とか言ってたら、coincheckがヤバイ感じになりましたね……w


海外のマイナーな取引所なんかだと、マジでいきなり消滅する可能性があります

直近だと「C-CEX」は怪しいんじゃないかなぁ……。怪しいところには、絶対に置きっぱなしにしないほうがいいですよ。

あと、取引所は純粋に入出金の手数料が高いです。メンテナンスで送金できない期間も出たりするんで、純粋に不便ですね。

というわけで、原則的に「取引所には売買する予定のないお金は置かない」ようにしましょう。


ウェブ(オンライン)ウォレットもリスキー……。

取引所ではなく、どこに置けばいいのか。

ひとつの選択肢はウェブウォレットです。Gmailのように、ID/PASSを入力して利用するウェブサービスです。

具体的にいうと「Blockchain.info(ビットコイン)」「MyEtherWallet.com(ETH&ERC20トークン)」などがあります。


ウェブウォレットにかぎりませんが、ウォレットは「一瞬で」作成できます

MyEtherWalletで試してみてください。メールアドレスの発行より簡単です。もちろん無料です。

最初の注意書きをサクサクと読み飛ばし(あとでじっくり読んでくださいw)、パスワードを入力して「Create New Wallet」をクリックします。

スクリーンショット 2018 01 02 15 58 04

続いて「Keystoreファイル」をダウンロードします。その後、赤いボタンをクリック。

スクリーンショット 2018 01 02 15 58 49

もっとも重要な「秘密鍵(Private Key)」が表示されます。これを保管しましょう。印刷することが推奨されています。とりあえず作るだけならメモ帳とかにコピペすればOK。

スクリーンショット 2018 01 02 15 59 33

秘密鍵を打ち込むと、ウォレットにアクセスできます。

スクリーンショット 2018 01 02 16 00 47

イーサリアムの場合は「0x」から始まる「アカウントアドレス」が、あなたのお財布のアドレスです。このアドレスにETHを送金すれば、ウォレットにお金が入るという仕組みです

スクリーンショット 2018 01 02 16 01 49

あ、これはイーサリアムのウォレットなので、ビットコインは送れませんよ!やったことないですが、たぶん消えます。

初心者の方はここにつっかかるかもしれませんが、仮想通貨のウォレットは、基本的に一種類のコインしかいれることができません

「日本円しか入らない財布」「米ドルしか入らない財布」「豪ドルしか入らない財布」を使い分けるイメージですかね。それぞれの財布に間違えた通貨を入れると……消えてしまいますw

送金時のアドレス間違えはやってしまいがちなので、送金時はよくよく注意しましょう!


ウェブウォレットはインターネットにつながっている状態で、秘密鍵さえあれば、いつでもどこでもお金を動かすことができます。便利です。


……が!

これもやっぱりハッキングやセキュリティ上のリスクがあるんですよね。

悪質なウォレットだと、そのまま資産をパクられることだってありえるわけです。

あと、URLを微妙にずらす「フィッシング詐欺」も多いです。ウェブウォレットはよくURLをチェックしましょう。

最近はAppStoreでも偽物のウォレットがアップされていたりしますね。ソッコー盗まれるでしょうから、超怖いです。

どこからでもログインできるんで便利なのは間違いないですが、多額の資産を置いておくのはおすすめできません。取らなくてもいいリスクですからねぇ……。


ソフトウェアウォレットがベター。

もっとも一般的な選択肢は「ソフトウェアウォレット」。

こちらはざっくりいえば「自分のパソコンやスマホに、ソフトウェアをダウンロードして使うウォレット」です。

ウェブウォレットとの境目としては「ID/PASS(秘密鍵)を第三者のサーバーに送らない」という点にあると思えばいいでしょう。

パソコン自体をハッキングされたり、ウイルスを仕込まれたりしないかぎり、勝手にログインされて送金される……ということは起こりにくいです。

最近はそういうマルウェアも出ているみたいなので、ウイルス感染にはお気をつけください。


ソフトウェアウォレットは、各通貨の公式サイトからダウンロードできます。

たとえばXPだとこんな感じ。

スクリーンショット 2018 01 02 15 14 21

基本的にはウェブウォレットと同じで、すぐにアドレスが取得できます。

「秘密鍵」「ウォレットのパスワード」「復元フレーズ」「バックアップファイル」などは厳重に保存しておきましょう。

「パソコンがいきなり壊れて、ぜんぶ消えた……」なんてことになると、もうお金は取り出せません。


通貨によっては、ソフトウェアウォレットに入れておくと、それだけでマイニング報酬(PoS/PoI)が得られるものもあります

NEM、XP、NEMは、条件を満たすと勝手に増えていきますね。ぼくもこれらの通貨は、ソフトウェアウォレットに入れてます。

取引所に置いておくとこうした報酬は得られないことが多いので、その意味でもぜひ移動しておくべきです。


スマホアプリ型も登場。

最近はスマホアプリ形式の「モバイルウォレット」も盛んに開発されています。ソフトウェアウォレットの一種です。

国内だと「Ginco」が使い勝手もよく、おすすめできます。

モバイルという特徴から巨額の資産を保管するのは危険ですが、少額ならこれで十分安全に保管できそうですね。

スクリーンショット 2018 05 02 12 27 53

ハードウェアウォレットが最強。

IMG 7879

(左:Ledger Nano S、右:Trezor)


もっとも堅牢で使い勝手がいいものは「ハードウェアウォレット」。

「Trezor」「Ledger NanoS」が主要なウォレットです。比較記事書いてるのでどうぞ。

関連記事:ハードウェアウォレット「Trezor」と「Ledger Nano」を比較!


ハードウェアウォレットは、この小さな端末に電子的に秘密鍵を保存します。

保管時はインターネットとつながっているわけではないので、誰かにハッキングされることもありません。

もちろん、紛失・故障しても、パスフレーズを残しておけば復元できます

このパスフレーズは紙に印刷して厳重に保管しておくのがいいでしょう。


デメリットとしては、

  • 値段が高い(1万円〜2万円)
  • 対応していない通貨が多い
  • 物理デバイスなのでそれはそれで管理が面倒
  • 基本的にPoSマイニングには対応していない

というあたり。

そもそも対応している通貨が少ないので、その場合はソフトウェアウォレットを使うことになります。

購入した仮想通貨を数年単位で寝かせる場合は、ハードウェアウォレットを貸金庫に入れる……とかが最強でしょうかね。


比較記事も書いたので合わせてどうぞ。

関連記事:ハードウェアウォレット「Trezor」と「Ledger Nano」を比較!


紙に印刷するやり方も(ペーパーウォレット)。

余談ですが、「秘密鍵が印刷された紙」もウォレットとして機能します。

近所のぶんたさんが、これで「落としビットコイン」をくれましたw

関連記事:お年玉なんてもう古い!「おとしビットコイン」作ってみました。

紙なんである意味セキュリティ的には最強かもしれません。ハッキングしようがありませんからw

ただまぁ、便利なものではないのであんまり使い道はないかも……。家が火事になったら消えますしね。


ウォレット利用の注意点:何があっても自己責任です。

初心者の方に強く強く伝えたいのは……。

ウォレットにアクセスする秘密鍵やパスフレーズを紛失したら、もうおしまいです

これは実際よくある話で、数億円のビットコインを取り出せなくなっている人は、けっこういるようです

ここらへんが仮想通貨の難しさです。

「誰も中央で管理していない」からこそ革命的である一方、誰も管理していないので完全に自己責任になる。

ほんとうに、秘密鍵を紛失したら無理なんですよ。ビットコインの開発者でも取り出せません。だから、ビットコインは価値があるんです。


また、ハッキングや送金ミスなどで資産が消えても、たぶん、誰も助けてくれません。

警察に言っても……わからないんじゃないかなぁ。送金ミスとかは完全に自己責任でしょうし。

ぼくも送金ミスによるGOXは2〜3回やらかしてます。なので、はじめての送金は慎重にやるようにしています。いきなり何千万も送るのはやめましょう。


ここらへんのリスクが怖い人は、一般的な取引所を利用するのがいいのでしょう。

bitFlyerなんかは盗難補償もありますしね。送金ミスについても、ケースによっては対応してくれることがあるようです。


2018年はDEXに注目。

ここから先は、仮想通貨のお勉強コーナー。ぜひ理解しておきましょう!


これ頭がとてもいい人は気づくかもしれませんが、取引所を使わずに、ウォレット同士で仮想通貨をやり取りできたら素敵なんですよね。

一般的には「手持ちのビットコインを売ってXEMを買いたい」ときには「取引所」に送るわけです。ウォレットからZaifにBTC送って、XEMとトレードするわけです。

スクリーンショット 2018 01 02 15 46 25

でも、ほしい人と売りたい人を直接つなげれば、取引所って不要ですよね。

そもそも取引所が存在しないので、取引所にあるコインが盗難されることもないわけです。

スクリーンショット 2018 01 02 15 47 56

この「ウォレットから直接売買できるようにする」という考え方が、2018年の大きなトレンドである「DEX(Decentralized EXchange:分散型取引所)」です。

すでにDEXは複数動き出しており、ぼくもよく使ってます。最近だと「CryptoBridge」がよくできてますね〜。公式のトークンまで買っちゃいました。

関連記事:年末最後の宝くじ!草コイン銘柄「BCO」を30万円購入。


DEXは基本的にただのウォレットなので、本人確認などは不要です。一瞬でアカウントが作れます。

手持ちのコインを売りたければそのウォレットから売ればいいし、買いたければそのウォレットから買えばいい。とてもシンプルです。

中央集権的な取引所にも利用メリットはありますが、長い目で見れば、やはりDEXを使うことが一般的になっていくのでしょう。どのサービスも未熟なのでわかりにくいですが、DEXは圧倒的に合理的なんです。

イケハヤは2018年以降、DEXが主流になると予想しているので、関連銘柄にも数多く投資をしています。以下の記事も合わせてどうぞ。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!


まとめ

長くなりましたがまとめます!

  • 取引所に多額のコインを置いておくのはリスキー。
  • ウェブウォレットは便利だが、ハッキングリスクもある。
  • ソフトウェアウォレットの利用がベター。
  • 銘柄が対応しているのなら、ハードウェアウォレットもあり。
  • 長い目で見ると、ウォレットから直接売買ができる「DEX」が主流になる。

なんてところを理解しておけば、基本的なところはOKです!


しつこいですが、とにかく秘密鍵や復元フレーズ、ウォレットのパスワードはしっかり管理しておきましょう……盗まれたら元も子もないので。これがなかなか課題なんですよねぇ……ぼくも試行錯誤中です。



仮想通貨の最新情報(ポジトーク含む)をチェック!

ツイッターにて日々情報発信しまくってます。よろしければフォローしてください。うざかったらミュート推奨!

イケハヤツイッターをフォローする


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本



LINEで仮想通貨ニュース配信中!

友だち追加数

仮想通貨、ハマってます。

おすすめ銘柄まとめ

おすすめ取引所ランキング

無料仮想通貨まとめ

イケハヤ流・資産運用の始め方


今日も元気にツイート中。