スクリーンショット 2018 01 02 14 29 28

たとえば年初に、1,000万分の預金を仮想通貨に変えるとします。外注費の報酬の支払いに使う予定です。

運良くこれが一ヶ月で3億円になりました。XPとかはそのくらいになってますね。

そのあとも価格は上がり続け、最初の1,000万は10億円になりました。


報酬の支払いは、円をベースに、時価で仮想通貨を提供します。

つまり、支払うのは「1,000万JPY分の仮想通貨」でいいのです。残りの9億9,000万円分は、純粋に会社の資産として残ります(税金は考慮せず)。

翌年になったら、9億9,000万JPY分の仮想通貨は、20億JPY分にまで増加しました。

外注費は相変わらず1,000万JPYなので、また資産が増えてしまいますね。


これは絵に描いた餅ではなく、実際にありえるストーリーです。

2017年の段階で、こういう状態の会社もあったんじゃないでしょうかね。2018年はかなり広がっていくはず。


JPYの価格は、相対的に暴落しているということです。仮想通貨の住人からすると、これはすでに肌感覚です。

だって、1日で1,000万とか資産増えるんですよ。何もしてないのに。まぁ、2,000万減ることもありますが……w


JPYから離脱することが、今後はトレンドになっていくでしょう。

報酬は仮想通貨でもらい、支払いも仮想通貨で行う。

実際にはJPYの時価で計算するので、JPY建ての資産はどんどん増えていく。使っても使ってもなくならない。

打ち出の小槌ですね、もはや。


とまぁ、イケハヤはかなりラディカルな思想の持ち主ですが、ぼくは割りとほんとうにこうなると思ってます。2020年くらいに答え合わせをしましょう!


具体的に仮想通貨はどんな銘柄がおすすめなのか、という話も書いてます。合わせてどうぞ!

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!