スクリーンショット 2018 01 01 9 25 59

主要銘柄のまとめは別に書いてますが、もっとマイナーどころもいきましょう。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!


いつもの注意:ポジショントークですからね!

今回まとめるのは、吹けば飛ぶよな規模のマイナー銘柄

ハイリスク・ハイリターンであることをご承知ください。


以下に紹介する銘柄は、ぼく自身も実際に投資をしています。

よほどのことがないかぎり、3年はガチホするつもりです。

草銘柄の短期売却はナンセンスだと思ってます。まだまだこれからの銘柄ですから。

あまりにも「これから」なので、このまま開発に失敗する可能性もありますし、鳴かず飛ばずで消えていく可能性もあります。

草銘柄への投資は、超ハイリスクだということです。基本的に「宝くじ感覚」で買ってます。

イケハヤですら、どれだけ投資しても、運用額の1%とかそんなものです。80%は主要銘柄でカバーしてます。草コインに全額ぶっこむのは無理ですw


加えて、ここのリストアップはまさしくポジショントークであることも理解してください。

中立性もクソもないです。当たり前です。ぼくが実際に投資してる銘柄なんですから、がっつり推しますよ!

イケハヤが推してるからといって、値段が上がるかはわかりません。

実際にそういう人がいるんですが「イケハヤが勧めてる銘柄買って含み損出た!詐欺師!」みたいなことは言わないでくださいね。

ぼくそもそも長期目線でしか投資してないし……。短期の含み損など、ぼくにとってはどうでもいい話です。


単なるポジトークで詐欺師呼ばわりされちゃ敵わないので、以上、注意書きでした。ではまとめをどうぞ!


XP!

[イケハヤの平均購入単価:0.07円]


なんといってもXPは楽しみですね〜。

記事執筆時点(2018年1月1日)、頭がおかしいチャートになってます。このあとどうなるんだこれw

スクリーンショット 2018 01 01 8 45 55

XPは「経験値を仮想通貨にする」という面白いビジョンを持った銘柄。ゲームや教育、SNSなどのアクションに報酬を紐付ける……という感じのユースケースが想定されています。

まだまだ開発途上で、XPを使ったアプリケーションはほとんどありません

日本コミュニティがイラスト投稿サイト作ってるくらいですかね。>

あとはdiscordの「rain」機能。これ作ったエンジニアは天才だと思います、ほんと。


今後の焦点としては、

  • 大手取引所へ上場するか
  • PoSとburnの設計がどう機能するか
  • XPを導入するアプリ、ゲームは増えるか
  • 日本コミュニティの盛り上がりが加速するか

なんてところですね。当然のことながら、実際に使われる通貨になっていくかどうかが重要です。

技術的な新規性はないので、「いかにXPを導入するアプリを増やしていくか」が問われるでしょう。ぼくもなんかクソゲー作ろうと思います!


XPの購入方法は、別途まとめています。超難易度高いので、初心者は諦めたほうがいいかも……。

関連記事:【仮想通貨】「XP」のお得な購入方法・注意点まとめ!


XPの魅力はコミュニティ。参加するだけで無料でXPをゲットできるので、どうぞご登録ください。

関連記事:XPコミュニティに参加する方向けガイド。


BitZeny!

[イケハヤの平均購入単価:10円]


第二のモナコインになりそうな予感がする国産銘柄「BitZeny」。

記事執筆時点で、20円ほどをうろついてます。

スクリーンショット 2018 01 01 8 55 20

BitZenyの特徴は、マイニングが手軽であること。WindowsPCがあれば、誰でも気軽にBitZenyを掘れます。

関連記事:BitZenyのマイニングは超簡単。


通貨として特段の技術的な強みがあるわけではありませんが、「手軽にマイニングできる」という特性に惹かれてホルダーが増え、ネットワーク効果を発揮していくのではないかな〜と期待しています。

焦点はここらへん。

  • マイニング人口がどの程度増えるか
  • コミュニティが強くなるか
  • ユースケースが増えるか
  • 大手取引所に上場するか

うまく育てば、割りと一般的に使われる通貨になるのではないかな〜と期待しています。「モナコインで決済するか、BitZenyで決済するか」みたいな。


BridgeCoin(BCO)!

[イケハヤの平均購入単価:600円]


これも超マイナー。たぶんほとんどの読者が知らないはず……。

とはいえ、実プロダクトがすでに走っているので、ここは草というのは失礼かも。もう少し早く投資しておくべきだった……。

BCOは、「CryptoBridge」というDEX(分散型取引所)の専用トークンです。BinanceのBNB、ZaifのZaifトークンみたいなもんですね。

DEXはまだまだ実用化途上のサービスですが、CryptoBridge(CB)はけっこうよくできてるんです。

謎に接続が切れることが多いですが、頻繁に売買しないなら十分すぎるほど実用的です。実際シェアも伸びてるようですね。

CryptoBridgeはなぜか日本市場をよく見ていて、取引ペアも超マニアックです。XP:ZNYペアとかありますw 中の人が日本人なんでしょうかね……?

大きなトラブルがないかぎり、この取引所は2018年以降、かなり成長していくと思われます。「話題の草コインを買うならCB」みたいなポジションになっていくのではないかと。


BCOは配当型トークンの一種で、BCOをCryptoBridgeにロックアップすると、定期的に分配金がもらえます

DEXとして成長していけば配当金も増えると思われるので、その点にも期待がもてますね。


焦点はこちら!

  • 取引所としてどの程度のシェアを取るか
  • 日本で流行している銘柄を上場させるか
  • サービスが順調に改善されていくか

まだまだ注目度の低いDEXなので、今後大化けする可能性は十分にあるかと。実際使いやすいんで、ぜひ試してみてください。


Kucoin Shares(KCS)!

[イケハヤの平均購入単価:600円]


BCOと同系統の「取引所が発行する配当型トークン」です。発行元はKuCoin

こちらはDEXではなく、中央集権型の取引所です。Binanceの競合に当たると見ればいいでしょう。

関連記事:【比較】ポストBinance?銘柄品揃えが魅力の「KuCoin」にアカウント開設!

取引所としてはまだまだマイナーですが、Binance同様、かなりの勢いで伸びてくる可能性があるな〜と見ています。

銘柄数はBinanceに負けますが、セレクトはなかなか粒ぞろいで好感が持てます

トークンの設計もいい感じなので、大きく価格が下がることはなさそうです。取引所自体が潰れたりしないかぎり、それなりの期待値で伸びていく銘柄だと判断しました。

今後の焦点はこんな感じ。

  • 取引所としてどの程度のシェアを取るか
  • トークンの用途が拡充されるか
  • サービスが順調に改善されていくか

KCSはもちろん「KuCoin」でしか買えないので、ほしい方はアカウントを作成してくださいませ。

KuCoinでアカウントを開設する


まだまだ追加していきます。

他にもいくつか気になる銘柄はありますが、投資にまでは至っていません。お金をぶち込み次第、この記事に追記します!

2018年は300万円くらいの予算で草投資していこうと思うので、ひきつづきリサーチを進めます!良い銘柄あったらツイッターで教えてください〜!


草コインが流行ってますが、初心者の方はまずは主要銘柄への投資をおすすめします

8割は主要銘柄、2割は草を含む遊び……という感じがいいバランスかもですね。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!


初心者の方はこちらもどうぞ。取引所によって手数料がかなり違うので、選択間違えると知らず知らずのうちに損をします……。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!