スクリーンショット 2017 12 27 11 58 26

ちょっと計算してみましょう。


仮想通貨はガチホが最強。

仮想通貨は現在「雑所得」に含まれるので、利確・銘柄乗り換えにあたっては、最大50%程度の税金が抜かれます。

なお、購入した通貨を握り続けるかぎりは、いくら含み益が大きくなろうが、課税されることはありません(今のところ)。

含み益を日本円に変えたり、別の通貨に変えると税金地獄となります。

話を簡便にするために「仮想通貨でどでかく稼いだら半分が税金で抜かれる」ということにしましょう。

金額が少なければ税率も減るので、そんなに儲かってない方は気にしないでOKですw


含み益を再投資。

<1.> さて、あなたはビットコインを1億円分持っています。

取得価格は100万円としましょう。先見の明があるあなたは、ビットコインが激安な時代に購入していたのです!


<2.> 「100万円が1億円になったぜヒャッホウ!」と喜んだあなたは、そのうち5,000万円を別の銘柄に再投資することにしました

この行為は利確とみなされ、5,000万円に対して2,500万円の税金がかかります。1億円→7,500万円に激減。


<3.> 幸いにして、5,000万円で購入した銘柄Aは、ごく短期で2倍の1億円相当にまで成長してくれました。やるね〜!


<4.> ここであなたは、再びそこから5,000万円を銘柄Bに再投資します。

はい、ここでも税金どーん!! 2,500万マイナスです。


<5.> あなたが投資した銘柄Bは、思いの外伸びず、むしろ2,500万円に減ってしまいました。含み損どーん!!


さて、ここまでの流れをざっと計算すると……。

  1. 1億円分のビットコインを保有
  2. 5,000万円分のビットコイン+5,000万円分の銘柄Aー2,500万の税金=運用額7,500万円
  3. 5,000万円分のビットコイン+1億円分の銘柄A=運用額1.5億円
  4. 5,000万円分のビットコイン+5,000万円分の銘柄A+5,000万分の銘柄Bー2,500万円の税金=運用額1.25億円
  5. 5,000万円分のビットコイン+5,000万円分の銘柄A+2,500万分の銘柄B=運用額1億円

…………あれ?

結局1億円に戻ってる!リスクだけ無駄に取ったということ……?


ガチホ+積立が凡人向き。

これは単純化しすぎている構図ですが、そのくらい仮想通貨の税率はヤバいということです。

特に危険なのは「含み益の大部分を、別の銘柄に再投資する」という行為。

上のケースでみたように、再投資先の銘柄がマイナスに転じると、税金だけ払ってマイナスになる可能性があります

ここで損益確定すれば税金も減る可能性がありますが、それもそれで本末転倒ですしね……。


ぼく自身は「含み益の利確→再投資」は極力行わず、新規投資は日本円から行うようにしています(Zaifの積立投資を使ってます)。JPYで新規投資する分には税金はかかりませんからね。

含み益を利確する場合も、数十万円程度に抑えています。これなら税率も低いですしね。

最近だとXEMを5,000単位ほどXPに変えました。そのあとめっちゃXEM上がったけど、後悔は……していない……ッ!


そもそも売買を繰り返すと計算もだるいし税金も膨らむし、いいことないんですよね……。

トレードが天才的にうまいならいいんですが、そんな才覚もなし。

凡人はおとなしくJPYを稼いで仮想通貨の枚数を増やすしかないのです……。

来年はJPYではなく仮想通貨建てで報酬をもらう機会を増やそうと思います。


これから仮想通貨を買う方は、こちらをどうぞ。

関連記事:仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本



LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。