スクリーンショット 2017 12 22 9 59 32

仮想通貨に1,000万以上ぶちこんでるイケハヤです。

仮想通貨、おすすめの銘柄ってなんですか?

……という質問をとても良く聞かれるのでまとめておきます。


注意書き:ポジショントークですからね!

なお、このランキングは完全なるイケハヤの趣味・独断・偏見によって構成されています

詳しい人が見れば、明らかに偏っていることがわかるでしょう。

各項目では予想も書いてますが、それもずれてる可能性がありますね。

そりゃあ、独断と偏見で選んでますから、しょうがないです。レッツポジトーク!!

また、掲載順位や銘柄は随時変更しています。月に1回くらい更新していきますかね……。

「あの銘柄なくなったじゃないか!」とか騒がないでくださいね。ずっと入れ替わらない方が不自然じゃないですかw

ぼくは神ではないので、最悪のケース、詐欺コインがランク入りする可能性だってあります

さすがにそれはないように努力を尽くしますが、紹介している銘柄が「開発失敗で終了」になる可能性は十分にあります。特に下の方は、どうなるか誰もわからないレベルの銘柄です。

紹介している銘柄は実際にイケハヤも投資しています

金額はまちまちですが、5万円〜300万円という感じですかね。紹介銘柄が死んだときは、ぼくのポートフォリオも死んでいるということです……w


以上を踏まえて強調したいのは「イケハヤが買ったし紹介しているから上がる」という理解は大間違いである、という事実です。

これが事実ならぼくはとっくに億り人さ……(´;ω;`)

前置きが長くなりましたが、あくまでポジトークとして投資の参考にしてみてくださいませ。


以下、おすすめ順です!

[最終更新日:2018年5月18日]


1位:イーサリアム。

やっぱりイーサリアムっすよね〜。

2017年はビットコイン元年という感じでしたが、2018年はイーサリアムの注目度が大きく高まると予想しています。

というのも、イーサリアムはそもそも「アプリケーションプラットフォーム」であり、2018年はイーサリアムを使ったアプリが増えると思うんですよね。

今のイーサリアムは「スマホアプリがほとんど入ってないし、誰も開発していない段階のiPhone」みたいなものです。

アプリがないんで、いまいちその真価がわからないんですよ。

標準アプリ以外を全部削除したiPhoneなんて、面白くないですよね。ゲームもありませんし、乗換案内もありません。

早ければ2018年、現実的にいくと2020年くらいには、イーサリアムは名実ともに「インフラ」になっているでしょう。

ネットワーク効果で価値が高まっていくので、ここから100倍くらいになっても不思議ではないと期待して枚数増やしてます。


加えていうと、イーサリアムはPoSへのハードフォークを控えています

これBTC/BCHのように分裂すると思っていたのですが、「PoW/PoSをアルゴリズム的に併存させることで、うまく分裂を回避する」ことになっています。なるほど〜。

PoSハードフォークが決定的になると、ETH枚数を買い集める動きが加速するでしょう。読者の皆さんと力を合わせてPoSマイニングしたいですね〜。


さらにさらに、イーサリアムは金融商品化も進むと思われます

ビットコインと同様に「先物」「ETF」といった商品がイーサリアムでも提供されるはず。

そうなると大口の資金も入り、一般人も投資しやすくなります。大きな価格上昇圧力となることでしょう。


懸念点としては、やはりスケーラビリティの問題。

ビットコインほどではないですが、イーサリアムも最近かなり混雑しています。

トランザクションに課題がある状態は、アプリケーションプラットフォームとしては致命的です。

ここで足踏みしていると、後続のブロックチェーンインフラに抜かれてしまう可能性も十分にあると思います。

また、2016年の「The DAO事件」のような深刻なトラブルが発生してもおかしくはありません

最近も「Parity」というウォレットがトラブって、300億円以上の資金が凍結状態となっています。

来年以降はビットコインと同様に、政治的な問題も噴出するかもしれません。

特にPoWからPoSへの移行は大きな争点となり、最悪、分裂によってイーサリアムがオワコンになる可能性もあります。


悪材料は控えていますが、総合的に見て、長期投資に値するという判断です。

来年はイーサリアムを中心に買い増しをしていきます。手数料かかりますが、Zaifの積立で淡々と増やします。

関連記事:【実績公開】初心者には「ビットコイン積立投資」がおすすめです。

今のうちに1,000枚くらい集めておきたいんですよねぇ……。さすがにもう無理かな。


購入するならZaif、またはGMOコインがおすすめです。coincheckとbitFlyerは割高なのでご注意。

Zaifでイーサリアムを買う

GMOコインでイーサリアムを買う


2位. NEM(XEM)

イーサリアムと同じ理由で注目しているのがNEM(XEM)。

この銘柄も、イーサリアムと同様のアプリケーションプラットフォームです。イーサリアムとの違いとしては、

  • イーサリアムより簡単!
  • 日本市場で広がりを見せている
  • イーサリアムより規模が断然小さい
  • トランザクションが高速(さらなる高速化も予定)
  • B2B市場を対象にした関連プロダクト(mijin)がある
  • 電力を使わないPoIアルゴリズム

なんてところ。イーサリアムの競合にはなりますが、十分に差別化はできていると見ています。

2018年は様々な「NEMアプリ」が登場し、その一部はアーリーアダプター御用達のものになるでしょう。

うまくアプリを開発すれば、クリエイターも利益を得ることができます。これがインセンティブとなり、NEMアプリの開発は盛んになるはずです。

その結果、NEMネットワークを流れる価値は増大し、ぐっと存在感を増していくでしょう。


XEMは主要アルトコインのなかでは、取引量が少ないんです。なんとADAコイン、ビットコインゴールド以下……w これはひどいw

スクリーンショット 2017 12 22 8 46 33

そこら辺を踏まえると、NEMはまだまだポテンシャルがあると思うんですよね〜。今は過小評価されすぎです。


懸念点は……大きなところは特に思いつきません。

イーサリアムと同様、開発の遅れと深刻なトラブルは怖いですが、それはどの銘柄も同じですしね。

今はまだ政治的な動きが出てくるほどの規模ではないので、2018年は波風なく成長していくと期待しています。

すでに枚数けっこう仕込んだので、来年は買い増しはしないかな……。XEM建てで電子書籍売って、それで枚数増やす感じでいきたいです。


XEMを購入するならZaif一択です。coincheckにも上場していますが割高なのでおすすめしません。

ZaifでXEMを買う


3位. Binance Coin(BNB)

これはちょっと意外な選択肢に聞こえるかもですが、BinanceのBinance Coin(BNB)はけっこういいと思うんですよね〜。

BNBは言ってみればBinanceの株式みたいな性質があるので、Binanceが躍進すればするほど価格も上昇するのでは……と期待しています。Binance的にも価格を上昇させるメリットが強いわけですしね。

BNBは現在「Binanceの取引手数料の割引」「ICOに優先的に投資できる」というユースケースが与えられています。

実需も紐付いているので、価値がゼロになることにはなりにくいはず……。

今後Binanceが発展していけば、BNBの用途も増えていくでしょう。Binance経済圏の基軸通貨になるわけですね。


Binance Coinは、当然ながらBinanceで買うのがおすすめです。

BNB建てでトレードもできるので、BNBをある程度置いておくとスピーディーに取引できるのも魅力ですね。

BinanceでBinance Coinを買う



4〜5位. ビットコイン&ビットコインキャッシュ

ビットコインとビットコインキャッシュは、ペアで考えています。

これはまぁ、正直ワクワクしていません。なんかもう政治的すぎて……。伸びていくので買うには買うんですが。

投資という視点では、ビットコインキャッシュの枚数を増やしていこうかな〜と思っています。

ビットコインは相変わらず強いですが、BTCが強くなればなるほど、BCHも上がっていくでしょうから。

BTCとBCHの争点としては、

  • マイナーは分散化するのか(現在は中国が強い)
  • トランザクションの問題は解決に近づくのか
  • 金融商品化はどうなるか(特にビットコインETF)
  • ボラティリティは拡大するのか
  • 「トラストレス」はユーザーに理解されるか
  • スケーラビリティや拡張機能の開発がどう進むか

なんてところでしょうかね。

あまりにもビットコインのボラティリティ(価格変動)が大きくなってくると、全体にとって悪い結果をもたらすんじゃないかな……。

総じて、ビットコイン界隈はもうワクワクしませんねぇ。ビットコインを抜本的に改善する技術が出てきたら胸熱なんですが……。


ビットコインはどの取引所でも、ほとんど手数料なしで購入することができます。「販売所」やクレジットカードで買うと損をするので、そこはご注意ください。

関連記事:【ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!


6位. NEO

こちらもプラットフォーム系銘柄!一時期「中国のイーサリアム」とか言われてましたね。

WAVESよりも伸びそうな気がしますが、ぼくが不勉強のため、いまいちよく強みやユースケースを理解してません。中国語が読めない……!!

しかし、久しぶりに見たらdAppsが増えまくっててビビりました……。こりゃすごい。さすが中国……。

スクリーンショット 2017 12 22 10 31 57

焦点はプラットフォーム開発がどの程度進むのか、そして実用的なdAppsが出てくるかどうか。

イーサリアム優れた機能を実装する可能性も高いので、これは2018年に大化けするかもなぁ……。

NEOは日本の取引所に上場していません。やはりBinanceがおすすめです。ほんと中国勢は強いなぁ……。

BinanceでNEOを買う


ちなみにNEOはウォレットに入れておくだけで「GAS」という通貨がもらえます

PoSマイニングみたいなものですね。これもけっこうな利率なので、大量に持っていると利息生活ができてしまうかも……。


7位. WAVES

イーサリアム、NEMに続いて注目のプラットフォーム系銘柄がWAVES。こちらはロシア市場に強い銘柄ですね。

イーサリアムとNEMとの違いは、すでに高機能な「DEX」を実装している点。新しいクライアントもベータ版リリースされましたね!

スクリーンショット 2017 12 22 10 16 40

これほんと革命的で、WAVESでトークンを発行すると、瞬時に取引可能になるんです。ikehayaトークンも上場しているので探してみてくださいw

WAVESはトークンエコノミーの騎手として、2018年に存在感を高めていく可能性があります。ぼくは780枚くらい保有中。

ウォレットでPoSマイニングもできるんで、放置プレーでじわじわ増やしてます。もうちょい増やしてもいいなぁ……。


WAVESは日本の取引所に上場していません

購入するならBinanceが割安なので、取引所で買う場合はこちらの利用をおすすめします。ETHペアでも売買できるのが嬉しいですね。

BinanceでWAVESを買う

なお、WAVES自体がWAVESのDEXに上場しているので、WAVESのウォレットにBTCを送るとそっちでもトレードできます。……意味がわからない人は、Binanceで買いましょうw


8位. Qtum

NEOと同様の中華系ブロックチェーンインフラ。2017年末から怒涛の勢いでdAppsが増えてます。

スクリーンショット 2018 01 16 9 09 26

NEOの方が存在感はありますが、すぐに肩を並べるんじゃないかな……。

QtumベースのICO案件も増えていて、「EXX」「Gate.io」にQtum系トークンが上場しています。かなり面白いものもあるので、草コイン好きな方はぜひ。ぼくはアレとアレに注目してます。

EXXでQtumを買う


9位. Zaifトークン

これはBinanceのBNBと同じ理由でセレクトしています。取引所の公式トークンは可能性あると思うんですよね〜

何気に80万単位くらい保有中。取得価格0.5円ほどなので、含み益出てます。

Zaifトークンは今のところ使い道らしい使い道はありませんが、NEMチェーンへの切り替えも予定していますし、2018年移行に何らかの用途が設定されるでしょう

BNBと同じく、取引手数料の割引に使われるとかはイメージしやすいです。

ICOトークンの購入手数料割引とかもありえるかも?CMSとかぶるからそれはないかな……?

使い道が設定されずとも、ZaifトークンはテックビューロとZaifの成長に合わせて、順調に値段が上がっていくと思われます。やっぱり期待しちゃいますからね〜。

ZaifトークンはZaifで購入可能。1単位が安いので大量に揃えられるのも面白いです。

ZaifでZaifトークンを買う


10位. 0xproject

こちらもなかなか難解なプロジェクト。

詳しくは一応別の記事で解説しています……が、これでもまだ不十分。

関連記事:【仮想通貨】トークン経済の裏方「0xproject」に注目。

本格的な実用化はもう少し先ですが、彼らがやろうとしていることは、イーサリアム経済圏が普及する上では「必須」です。

ZRXの価格がどうなるかは読みにくいですが、0xプロトコルのニーズ・注目度は高まっていくでしょう。少額投資で様子見です。

短期的には、0x系のDEXがどの程度使われるかが焦点ですね。やはりBinance銘柄です。

Binanceで0x(ZRX)を買う



11位. Bancor

スクリーンショット 2018 01 04 10 22 26

ウルトラスーパー説明が難しい「Bancor」。がっつり解説書いたので読んでください……。

関連記事:【解説】Bancorとは何か?できるだけわかりやすく説明。

ランキング評価が下なのは、Bancorは技術的に優れていますが、かといってBNTトークンがどうなるかはよくわからないんですよね。

Bancorを採用する通貨が増えれば、順当に価格は上がっていく……のだろうか?ちょっとそこがよく見えません。

イケハヤは3万円程度の金額を投資してガチホです。こちらは値上がり益を期待するというよりは、技術的な進展を楽しみにする系の銘柄ですね。

BinanceでBancor(BNT)を買う




12位. SingularDTV(SNGLS)

これけっこうマニアックですが、個人的になかなかイケてるな〜と観察しています。

エンタメをブロックチェーンで塗り替える系のプロジェクトですね。すでにBinanceに上場済み。

関連記事:ブロックチェーンでエンタメ業界を再定義する「SingularDTV」が熱い!

かなり壮大なロードマップを掲げていますが、一歩一歩コマを進めています。注目度は低いですが、開発力はしっかりある印象。良いコンテンツを揃えたら爆発的に知名度が高まるかもですね〜。

ぼくは草コイン枠で少額保有しています。大化けしたら嬉しい銘柄。

BinanceでSNGLSを買う


13位. Komodo

スクリーンショット 2017 12 22 10 53 34

マニアックですが、少額投資しています。こちらはプラットフォーム&DEX系の銘柄。

……すみません、ぼくもまだ勉強中です。これけっこう理解するための難易度高いんですよ。時間取ってがっつり触ります。

関連記事:【仮想通貨】Komodo(KMD)について調べたのでメモを共有。

Komodoは2018年、「Atomic Swap」の文脈で注目を浴びるのではないかと予想しています。着々と実用化に向けて開発が進んでますね〜。

Komodo atomic swaps brief timeline

アトミック・スワップはブロックチェーンの問題を解決する可能性がある有望な技術です。Komodoがどのような貢献を果たすかはまだ読めませんが、この文脈では要チェックのプレーヤーなのではないかと。

KOMODOはもちろん日本では未上場。我らがBinanceで購入しましょう。

BinanceでKOMODOを買う


14位. Aion

スクリーンショット 2018 01 30 14 59 33

スーパーマニアックですが、これは化ける可能性あるので要チェック。異なるブロックチェーンをつなぐ「クロスチェーン」技術を開発するプロジェクトです。

ブロックチェーン自体が乱立すると、たとえば「イーサリアムで使えるアプリが、NEOでは使えない」みたいな感じになってしまうんですよね。

クロスチェーン系のソリューションは、こうした問題を解決しようとしているわけです。スクリーンショット 2018 01 30 15 02 37

同系統のプロジェクトでは、Polkadot、COSMOS、BlockColliderなんてものもあります。

いずれも記事執筆時点(2018年1月)では実用化されてませんし、トークンも売買できません。

その他の銘柄も手に入るようになったら、投資していこうと思います。

BinanceでAIONを買う


15位. MKR

スクリーンショット 2018 05 20 6 57 27

MKRを知っていたら上級者。こちらもマニアックかつ難解です。

ステーブルコイン(価格が一定の仮想通貨)の「DAI」の背後で動いている、ガバナンス型のトークンです。

めっちゃざっくりいうと「DAI」が市場シェアを拡大すると、たぶんMKRの価格も上がります。

DAIはじわじわと利用シーンが増えているので、このままいくとERC20企画のステーブルコイン市場は独占できるんじゃないかな、と。


MKRはBiboxに上場しています。主要取引所には上場していません。

この買いにくさも上昇要因として期待できるかも……?

BiboxでMKRを買う


番外:BitZeny、BCO、KCS

上記の銘柄より格段にマイナーなところにも、少額投資をしています。いわゆる「草コイン」枠

まずは第二のモナコインになる可能性のある「BitZeny」。

もひとつ、分散型取引所「CryptoBridge」のトークンである「BCO」。

BCOと同じく取引所系の銘柄「KCS」。


いずれも海外のマイナー取引所にしか上場していません。購入ハードルは高く、出来高も少なく、ボラティリティも高いです。

吹けば飛ぶよな状態なので、ゼロになってもいいお金を投資する感じですね。

超マイナーコインは、コミュニティに関わることができるのが魅力です。うまくいけば大きな値上がり益も狙えますしね。

「この銘柄は注目されてないけど、私はイケてると思う!コミュニティ活動をがんばってメジャーにするんだ!」というマインドで関わるのがおすすめです。

2018年は数銘柄、草コイン枠に加える予定です。いい銘柄あったらツイッターで教えてください〜。

それぞれ購入方法をまとめてます。特におすすめはしませんが、リスク取るための選択肢に入れる分には悪くないかと。

  • 【仮想通貨】「XP」のお得な購入方法・注意点まとめ!
  • 第二のモナコイン?国産仮想通貨「BitZeny」の購入方法。
  • 年末最後の宝くじ!草コイン銘柄「BCO」を30万円購入。
  • 【比較】ポストBinance?銘柄品揃えが魅力の「KuCoin」にアカウント開設!

  • 詳しくは別記事にもまとめています!草は楽しいですよ。。

    関連記事:【2018年版】イケハヤおすすめの草コイン銘柄まとめ!


    投資は自己責任でね。

    あとでクレーム来ると嫌なのでしつこく強調しますが!

    投資は自己責任です。

    上で紹介した銘柄で損をこいても、ぼくは救えませんし、救うべきでもないですね。

    そもそも投資スタイルが人によって違うんですよね。ぼくは「2〜3 年はガチホする長期投資派」です。

    なので、短期の値動きはそもそも気にしてません。上がっても下がっても売りません。実用化されていないものが大半なわけですから、少なくとも3年は進捗を見たいですねぇ。


    仮想通貨投資はそこらへんが誤解を生みやすくて、長期で伸びる銘柄が、短期的に利益を出してくれるとはかぎらないんです。

    最近跳ねてるXEMなんかも、しばらく沼に沈んでましたからね……。

    短期的利益を期待していた人は脱落したんじゃないかなぁ。実際に賢くないわけですし。

    スクリーンショット 2017 12 22 11 13 59

    ぼくとあなたでは投資のスタイルも違うし、取れるリスクの範囲も違います。あなたとは好みも志向性も違うので、あくまで参考ということでどうぞ。

    「ぼくは」上で挙げたような銘柄に注目していますよ。あなたの推しコインはなんですか?答え合わせ5年後でどうぞ。


    仮想通貨の最新情報(ポジトーク含む)をチェック!

    ツイッターにて日々情報発信しまくってます。よろしければフォローしてください。うざかったらミュート推奨!

    イケハヤツイッターをフォローする