勘違いされるとよくないのでw


投資としてはおすすめしません。

C73526e4

最近入れ込んでいるXP。いや、これコミュニティがもう楽しすぎて……中学生の頃にチャットにハマったことを思い出します。

が!

別にこれを投資としてはおすすめしませんよ。

ぼくは余剰資金のなかの余剰資金、50万程度しか突っ込んでません。

大半はXEMの一部を利確したかたちなので、利益の再投資ですしね。

なぜXPは投資対象としてはいまいちなのか?

その理由を解説します!


立ち上げたばかりなので、どうなるかわからなすぎる。

XPはまだまだ「どマイナー」な銘柄。

開発途上もいいところ。吹けば飛ぶような状況です。

この程度の規模・状態のビジネスに投資するというのは、当然ながらハイリスクなわけですね。投資というか、もはや投機(ギャンブル)のレベル。

突然無価値になっても何も不思議ではないし、実際そういう事例は山ほどあるわけです。仮想通貨にかぎらずですが。

まずは、そこをよく理解することから始めましょう。


投資という文脈でいえば、これは「エンジェル投資」の段階です。天使ですよ、天使。

いってみれば、「イケてる大学生のベンチャー企業に出資する」ようなイメージですかね。

「寄付みたいなもんだし、失敗覚悟でがんばろうぜ!」という気分で投資できないなら、やめたほうがいいレベル。あなた天使ですか?ぼくは天使です!だからXP買いました!

関連記事:【仮想通貨】「XP」のお得な購入方法・注意点まとめ!


堅実にお金を増やしたいなら、主要な銘柄(BTC、ETH)を漁るか、ロボアドバイザーあたりで積立投資をやりましょう。少なくともゼロにはならないはず。

関連記事:【利回り公開】ロボアドバイザー投資のおすすめサービスを比較するよ。


なお、この話はXPについてというより、草コインといわれるマイナーコイン(ICO含む)全般にいえる話です。なんせ草だし、大きい風がきたら吹っ飛びますw

XPはコミュニティがあり、開発が行われている分、その他のマイナー銘柄よりだいぶマシですね。草コインの投資は余剰資金でどうぞ。


ホワイトペーパーもロードマップも作成中の段階。

XPは創業者の体調不良?のため、一度開発がストップしている経緯があります。以下、コミュニティから引用。

2016年に生み出された eXperience Points には、創設者の病気のために開発を放棄された不幸な生い立ちがあります。

2017年夏にEvangero氏が eXperience Points の開発を引き継ぎ、現在そのチームは拡大しており、コミュニティも力強く発展を遂げています。今後の eXperience Points にご期待ください。

開発は4〜5ヶ月前に再開されたばかりなので、公式のホワイトペーパーやロードマップは存在しません。チームメンバーや構成も見えません。どこの誰が開発してるんだこれ……。

ICOならスルー確実なレベルですねw というわけで、現段階で本格的に投資するのはかなり勇気が必要……というか無謀ですね。


PoS通貨ってどうなんだろう。

これはXPに限らない話ですが、XPのようなPoS通貨は将来性がどうなるか、まだ誰にもわかっていない状態です。

ここらへんも根底的なリスクと言えばリスク。「そもそもPoSってなに?」みたいな人は……勉強しましょうw

イーサリアムもPoS移行の議論がありますね。人によってはPoS移行でイーサリアムは無価値になる……という意見もあります。


ただまぁ、こればかりはまだ誰にもわからない話です。

日本円なんか鋳造されまくっているわけで、それでも価値はそれなりにありますよね。

実需の方が重要ですから、まだそこまで気にしないでいいんじゃないかなぁ、というのが個人的意見。


加えて、価値を安定させるという観点では、PoSは悪いものではないとも思っています。当初の開発者の意志もそこにあるみたいですね。


仮想通貨においては、価値を高めるために供給量を敢えて少なくする方法を採用するのが主流となっております。

しかし、私たちはより多くのゲーム開発者にeXperience Pointsを採用してもらうためには、充分な供給量が必要と考えます。

また、報酬としてのeXperience Pointsが魅力的であり続けるためにも、相場の極端な乱高下はできる限り避けなければいけません。ゲーム市場の成長とプレイヤー数の増大にも耐えうるProof of Stake報酬は、その安定性を担保します。


ちなみに、2018年1月にはPoS報酬のアルゴリズムを調整するという話も出ています

PoS銘柄としてどう成長していくかも、注目したいポイントです。


実用化前。

これもXPに限らない話ですが、そもそも実用化前の銘柄です。

なので、これが大ゴケすることだってありえます。当然その場合は無価値になります。

そんなこといったらビットコインですら実用化されているとはいえないのが、仮想通貨のすごいところですが……w リップルとかもまだ実用化前ですからねぇ。


ただし、実用化うんぬんに関しては、コミュニティの頑張り次第でなんとでもなる話でもあります。

わかりやすくいえば、XPを使ったゲームを、ぼくらで開発すればいいんですよ!

現時点ではXPは第三者がゲーム開発できるほど仕組みが整っていないのですが、これはさすがに2018年中に整うと思われます。

APIとかが出てきたら、ぼくもXP稼げるクソゲー作ろうと思ってます。「炎上イケハヤ消化ゲーム」とかいいでしょうね。火を消すと1XPもらえるみたいな。


まずは基本となるウォレットの開発(ソフトウェア&ウェブウォレットを新規開発中だそうで)、コミュニティbotの安定化に期待したいですね。XPはまだそんなレベルですよ、ほんと。


悪い人に目をつけられる可能性も。

すでにコミュニティチャットでも話題が出ていますが、いわゆる仕手筋が入り込んでくる可能性も高いです。

XPは弱小なので、5億円も資金があったら、余裕で価格がコントロールできるんです。

こちらの記事で書いた話ですね。これはXPに限らない話ですので、マイナー銘柄に投資する方はマジでご注意。

関連記事:ICO詐欺の次は「草コインの風説の流布(pump&dump)」が悪人の手法になる。


初期ホルダーにとって仕手は利確チャンスになるんで、そこが難しいんですよね。コミュニティに対して悪影響を与えかねないので、個人的には目をつけられたくないな〜と思っています。

こればかりはコントロールできないので、啓蒙していくしかないっすね。。


投資をした理由はこんな感じ。

ネガティブめな事実を書いてしまいましたが、投資に値すると思ってお金を突っ込んだ理由はここらへん。

  • discordのbotを見る感じ、天才エンジニア(Lex氏?)がいる。チームもよさげ。
  • discordとbotがあまりにもよくできているため、驚異的なスピードでコミュニティが形成されるはず(→正解でした)
  • コミュニティも健全で、開発実態もある。少なくとも詐欺ではないと判断。草コイン銘柄のなかでは相当優れているといえる。
  • 「ゲームの経験値を仮想通貨にする」というユースケースには少々疑問を抱くが、未知数な感じがいい。
  • 1単位あたりの価格が安く、新規参入組への訴求力がある。あふれる日本マネーが流れ込む可能性あり。
  • 事前に仕込んでイケハヤ砲打ち込めば、けっこう含み益出そう(→正解!)。

今のところ原資の4倍くらいになっているんで、個人的には投資として大成功ですね。草コイン投資はインフルエンサーと相性よさげ。

税金面倒なので当面利確することはありません。HODL!!

来年か再来年に原資の50万だけ抜いてコミュニティに関わっていく……という感じですかね〜。オフラインイベントとかもやりたいですね!


余剰資金でどうぞ。

コミュニティを覗いてみると「XPで稼げますか!?」みたいな初心者も入り込んでいる感じがします。

いやー、そういうレベルの人には購入おすすめしませんよ……。そもそも難易度高くて購入できない気がしますw

こういう銘柄こそ余剰資金で買わないと、価格の乱高下にも耐えられないですし、プロジェクト失敗したときにメンタルやられます。生活費削って投資とかしてると、リアルに困るでしょうしね。


健全な発展のためにも口を酸っぱくしていいますが、XP程度の銘柄を買うなら、余剰資金のなかの余剰資金で

XPへの投資は、いろんな意味で上級者向けです。

ぼくくらいお金に余裕がある人間で、50万しか突っ込んでないんですよ?

年商1億の会社やってるこのぼくで、50万なのです。ちなみに役員報酬は額面1,200万です。余剰資金はぜんぶ投資に突っ込んでます。生活にはカネがかからないので……。

ちなみにETHとXEMにはちょっといいBMWが買えるくらいお金突っ込んでますw こっちは本命感ありますね。


コミュニティへようこそ!

ただ、XPはコミュニティに入っていれば「rain」というユーザーによるバラマキがあります。

なので、「購入はしないけど、コミュニティには入りたい」という方は大歓迎ですよ!

現在botが入院中ですが、復活したらぼくも配りますよ〜。これならノーリスクですからね。チャット楽しいですし。

XP日本コミュニティへ参加する


XPは「組織と仕事の未来」が見えるので、そこが個人的に楽しいポイントですね。ぶっちゃけ値動きはどうでもいいです。上がったら嬉しいですがw

関連記事:仮想通貨「XP」のコミュニティに見る、仕事と組織の未来。