スクリーンショット 2017 12 12 15 52 32

2018年にかけて伸びそうな銘柄を探しています!

投資センスはない方なので、そこら辺は割り引いて考えてくださいねw 早く億り人になりたい……。


購入したのはこの3つ。

まず購入したのは「BitZeny」。国産の仮想通貨です。

関連記事:大暴騰!第二のモナコインとなるか?「BitZeny」の購入方法。

15万円分くらい買ったのですが、C-CEXのエラーで取り出せない……。

C-CEXはいろいろ危ないので、CryptoBridgeで買うのを強くおすすめします……。これ引き出せずにGOXしたら泣くなぁ。


もうひとつは「XP」。

手続き的に購入するのがかな〜り難しいのですが、これも面白い銘柄です。

関連記事:【仮想通貨】「XP」のお得な購入方法・注意点まとめ!


今のところ「こっから100倍くらいのワンチャンあるかも?」と思えるのは上記の2銘柄。宝くじよりは……当たるはず!


それ以前にはXEMをたくさん買ってます。XEMはもう2倍になりましたから、今から100倍とかにはならないでしょう。すでに含み益かなり出てます!


コミュニティが盛り上がっているかどうか。

ぼくの投資基準はシンプル。

まず見るのは「コミュニティが盛り上がっているか」どうか。

仮想通貨は一種のウェブサービスなので、ユーザー数が多ければ多いほど価値が高まりやすいんです。

閑散としているSNS(mixiとか)は、使う人もいないし、価値もあがりませんよね。

これ、仮想通貨もまったく同じ。コミュニティが活発な銘柄は価値を生み出す可能性が高い。モナコインもそうでしたね。


XPは現在お祭り状態で、チャットルーム見るだけでも楽しいです。1時間に1,000件とかポストされているのでは。。

スクリーンショット 2017 12 12 15 54 01

「rain」というバラマキ機能が活性化に役立っている感じですね。すばらしい設計でしびれます。


第三者がアプリやコンテンツを開発しているか。

加えて「第三者によるコンテンツ/アプリ開発が行われているか(それが可能か)」も重要です。

ホルダーの方には申し訳ないですが、たとえばリップル(XRP)って、開発者が関わる余地がないじゃないですか。

プラットフォームとして開かれているわけではないし、ユースケース的にも「銀行間の国際送金」だったりするわけで。


その点、たとえばNEMはかなり開かれています。

誰でもアプリを作れ、それを「NEMber」たちが喜んで使い、ときには開発費を支援することもあります。

関連記事:NEMコミュニティに見る「組織とインセンティブ」の未来。


BitZeny、XPあたりも外部アプリが積極的に開発されていく予感がします。

XPはプラットフォーム性が強いので、何かひとつXPを使ったキラーアプリ(ゲーム)が生まれたら爆発するかもですね〜。


価格が安いかどうか。

最後に見ているのは「1単位あたりの価格が安いかどうか」。

なんというか身も蓋もない話ですが、たぶん、みんな1単位が安い通貨を優先的に買うんですよ。

えぇ、本質的な話ではないんですが、それももちろん承知です。人の行動というのは、そういうロジックを超えてしまうんだろうな〜と。


その点XPは可能性があって、アホみたいに発行量がある代わりに、アホみたいに1単位が安いです。

この記事を書いている時点で、1XP=0.00825302円。なんと0.001円以下です!

ほら、安く感じますよね?w これでも1日で2倍になってるんですw


冷静に考えれば別に割安でもないんですが、今って、そういう話を飛び越えて、そもそもお金が余ってるんですよ。

だから、買いやすいものが買われる。

実際、単位が安ければワンチャンありそうですからね。

XPとかここから100倍になっても0.8円ですよw まだ安い!w

「1単位が安い」というだけで買われてしまう(=大口の売りが消化される)ほどには、昨今の仮想通貨はバブリーです。2018年はさすがにみなさん冷静になるかもですね。


わかりやすいかどうか。

技術的にどれだけ優れていても、やっぱりわかりにくい銘柄は価格が伸びにくい気がしています

「異なるブロックチェーン同士をトラストレスに接続します」という銘柄よりも、「オンラインカジノに使われます!」という方がわかりやすいですからね……。

これもなんというか、本質的ではないんですよね。

とはいえ、ほんとうにイノベーティブなものは長い目で見れば伸びるはず。実際に使われたら、実需が付いてきますから。

長期投資派の方はむしろ「わかりにくいけど超イノベーティブな銘柄」を選んでみるといいのかも。


まとめ。

というわけで、観点としては3つ。

  • コミュニティが盛り上がっているか。
  • クリエイターに開かれているか。
  • 1単位が安いか。
  • わかりやすいか。

割りと妥当な考え方だと思うので、他の人も同じように考えるんじゃないかな〜。

もしそうだとしたら、この基準に当てはまる銘柄は買いが集まりやすい、ということでもあります。どうでしょうね〜?


これから投資をする方は、まずは主要銘柄(BTC、ETH、XEMなど)をZaifで積み立てるのをおすすめします。

関連記事:仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本



LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。