勉強も兼ねて。


Raidenとは何か。

スクリーンショット 2017 10 11 10 57 01

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する技術「Raiden」。

イーサリアムのVitalik氏は無駄にトークンセールやるのはお嫌いなようですが、RaidenはICOやるそうです。

Raidenの技術については、この動画がわかりやすいですね。


まとめると、

  • イーサリアムにかぎらず、ブロックチェーンは処理速度が遅く、手数料が高い。
  • メインのブロックチェーンを使わない(オフチェーン)の決済チャネルを作る
  • ペイメントチャネルを介することで、ERC20トークンとの互換性を保ったまま、高速、低コスト、プライベートな取引が可能になる

という感じの文脈にある技術です。

ビットコインにおける「Lightning Network(LN)」と同様の技術と思っていいでしょう。原則的にERC20トークンすべてに適応できる技術というのが革新的ですね。


トークンセールを予定。

そんなRaidenはトークンセールを予定しています。これ、やり方がとても面白いんですよ。

  • 販売期間中、どんどん値段が下がっていく「ダッチ・オークション形式」(通常のICOとは逆)
  • 販売されるトークンの総量は一定。
  • 参加者は「このくらいの単価なら買ってもいいな」と思えるときに入札する
  • セール参加者は全員が、最終的に決定した価格(=最低価格)でトークンを購入できる。

原文はこちら。

The Raiden Network Token auction will be different, since a fixed amount of RDN tokens (50% of total supply) will be offered during the auction.

This should guarantee, that based on the parameters, the auction will run at least for a few days and should allow everyone interested to participate.

Participants get tokens for the same final price, which is set by the auction, irrespective of the time of their bid.

たとえば、1RDN=0.1ETHで入札したとします。

オークションの結果、1RDN=0.0001ETHが最終単価となりました。

この場合、ぼくは100RDNを購入できる……という流れ。

つまり、どのタイミングで買っても、もっとも安い価格で購入できるわけです。急ぐ必要がないというのはいいですね。

The price at which the auction ends is the final price at which all successful bidders get their tokens.

Each bidder gets a number of RDN tokens which equals the ETH sent with their bid(s), divided by the final price.


オークション終了は需給がマッチしたとき。

ここかなりわかりにくいのですが、オークションが終了するのは「販売トークンの評価額(ダッチオークションなので徐々に減少)」と「オークションで集まったETHの総額(徐々に上昇)」がマッチした時点

1 Za9efn jO6GbRWac96NK0g

価格の均衡点は徐々に下がっていくので、ICOの集まりが悪ければ悪いほど、トークンの価値が下がる……という感じになるようです。


無論、その逆も然り。前例がないので、いまいちイメージができない……。

ユーザーとしては高値づかみを避けたいので、「この価格なら買ってもいい」と思えるラインまで様子を見ることになるんでしょうかね。


運営チームとしては、このICOをできるだけ「退屈(boring)」なものにしようとしているそうな

Still, the Raiden team hopes the sale itself will be "boring," claiming they will be doing little to market it.

The team said the current plan is to hold a "uniform price Dutch auction," meaning the price of the tokens would decline in cost over the course of the sale.

The hope is this method will generate less hype, as those that know about the sale will have an incentive to stay tight-lipped to buy tokens at a cheaper price.

ぼくは勉強と応援も兼ねて0.1ETHくらい送ろうと思います。なお、トークンセールは18日開始予定。


Plasmaとの違いは?

なお、イーサリアムには「Plasma」というスケーラビリティ解決ソリューションもあります。

ぼくも理解が及んでいないところがありますが……

  • ブロックチェーンを階層上にする
  • Raidenと違い、決済以外も扱える

なんて感じでしょうか。

Plasma(階層型ブロックチェーン)とRaiden(ペイメントチャネル)は競合するように見えますが、少し先の未来では融合しうる技術のようにも読めます。ここらへんはもう、詳しい人に聞かないとわからんですね……。

Plasmaの方はトークンセールはありません。vitalikさん、3回も言ってますw


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。