分散型取引所(Decentralized Exchange:DEX)についてザクッと。


分散型取引所が主流になると思う。

仮想通貨取引所というと「coincheck」「bitFlyer」あたりが有名ですが、こういうプラットフォームは徐々に使われなくなると思うんですよね。

入り口として日本円をビットコインに換えるときに必要なくらいで、あとはもう「分散型取引所」を使えばいい時代になるんじゃないかな、と。

分散型取引所の代表格は「EtherDelta」。すでに動いています。

スクリーンショット 2017 10 09 10 10 39

これはまさしく分散型で、特定の運営企業が存在するわけではありません。

なので、本人確認も入金も不要。ERC20トークンが格納されたウォレットを接続するだけ。一瞬で取引スタートできます。

Vitalik氏の解説。

グローバルにオーダーブックを共有できるプロトコルなんかも出てきているので、流動性の低さはいずれ解決されるはず。流動性の低さに関しては、解決策はいろいろありますしね。


ただ、こうした取引所は大口の機関投資家や、プロのトレーダーのニーズを満たすものにはならないだろう……という意見もあります。Vitalikさんもそう書いてますね。

それでも長い目で見れば、プロのトレーダーが満足できるプロダクトが開発されると思うんですよね〜。

FXみたいなものも、そのうちDecentralizedされるんじゃないかな……。レンディングなんかはすぐ分散化できそう。


日本企業がグルーポンブームのような勢いで取引所を作ってますが、そこら辺のトレンドは理解できてるのかな〜とちょっと心配になった次第です。


懸念点としては、分散型取引所は政府がトラッキングできないので、各国の規制対象になる可能性があるくらいでしょうか。それでも抜け道はいくらでもあるんでしょうけどね。



=== スポンサードリンク ===

仮想通貨をお得なレートで交換!
Changelly」使ってますか?解説はこちら


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。