ちょっと上級者向けなんですが、トークンセール(ICO)に参加するならこれ必須です。


トークンセールに参加する際は、ウォレットが求められる。

仮想通貨の保有スタイルは、大きく2つに分かれます。

  1. coincheckなどの取引所に保管する。
  2. 仮想通貨専用のウォレットに保管する。

取引所に保管するのは、どうしてもリスクがあります。

ID/PASSが盗まれてハッキングされることもありえますし(二段階認証は必須です!)、サーバーがダウンしてアクセスできなくなることもあります。少額ならいいんですが、300万とか預けるのはちょっと怖いです。

そこで出てくるのが「ウォレット」。

ウォレットは外部のネットサービスにつながっていないので、サーバーがダウンするということは、基本的にありません。

たとえばMyEtherWalletも、ぼくはローカルに保存したものを使っています。HTMLファイルで動いているわけですね。

スクリーンショット 2017 08 30 12 40 29

もっとも、ウォレットを使ったからといってセキュリティが完璧になるわけでもありません。

MyEtherWalletなどのアドレスは、トークンセールに参加する上で求められることが多いので、そのために作る感じですね。

こちらはLATokenのトークンセール画面。「MyEtherWallet, Mist, Ethereum Walletとかを使ってね。取引所からは送っちゃだめだよ!」と注意書きがあります。

スクリーンショット 2017 08 30 12 43 50

使い方。

使い方に関しては、すでに多くの方がチュートリアルをまとめています。

今さら書いてもしょうがないので、リンク張っておきますw

  • MyEtherWalletの使い方 – うどん – Medium
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の基本的な使い方 | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ
  • イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」の使い方<2017.5.11.> - とってもやさしいビットコイン
  • ポイントとしては、

    • フィッシング詐欺を避けるために、ローカルファイルに保存したものを使う( https://www.myetherwallet.com/ は使わない)
    • 秘密鍵を入力する際は、必ずアドレスバーをチェックする。フィッシング詐欺の可能性あり。
    • 秘密鍵は厳重に保管する。これが流出したらお金が盗まれます。秘密鍵を紛失したら取り戻すことができなくなります。

    なんてところですかね。最悪資産がすべて盗まれるので、操作は慎重に……。


    ちなみに、ウォレットの秘密鍵を盗むウイルスみたいなものも広がっているとか。怖い!

    完璧に近づけるなら、TREZORのようなハードウェアウォレットの利用をおすすめします。ちょっと値段が張るのが難点ですが……。


    トークンセールは詐欺にあうリスクが高いので、どうぞお気をつけて。仮想通貨は自己責任。

    関連記事ICO(トークンセール)は詐欺だらけ!手口と注意点をまとめるよ。


    ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    9,800円のアフィリエイト攻略本


    イケハヤ株、買えます。

    イケハヤ株の買い方。

    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。