ちょっと思うところを。


これはバブルなのか?

ALISのトークンセールについて、「VCファイナンスならせいぜい1,000万の調達だけど、ICOなら数億を集められる」という意見を見かけました。

まぁたしかにそれはそうなんですが、だからといってICO(トークンセール)が「バブル」かというと、そうではないと思うんですよ。

トークンセールがVCファイナンスと違うのは、世界中から小口のお金を集めることができる点です

調べてみると、ALISについても「数千円〜10万円」程度の購入が多いようです(etherscanで細かく見れます)。ぼくも9,000円分購入。

なかにはポインさんのように100万単位で突っ込んでいる人も……。

トークンセールにお金を突っ込んでいるイケハヤの感覚的に、別にこれはバブルではないと思うんですよ。

たぶん、考え方がずれてるんです。

バブルじゃなくて、今までがおかしかった。

これが「本来の姿」なんだと思います


すでに世界はカネ余りなんです。日本もそうです。

ぼくもお金余ってますよ。税金いくらかかるかわからないので蓄えてますが、そこの心配がなければもっともっと投資したい。

ICOやらトークンセール、そして仮想通貨への投資への熱狂は、世界にカネが余っているから起こっているわけですよ。無い袖は振れないじゃないですか。

みんな、実はお金持ってるんです。いい使い道がなかったから死蔵されていただけで、使い道があるなら使うんですよ


いや、冷静に考えて、ベンチャー企業への投資ってハードルが高すぎじゃないですか。もっと気軽に投資できていいはずですよね。

Rettyの創業期に、代表の武田さんにお会いしているんですが「投資したいけどできない!」と悔しい思いをしたことを覚えています。あのベンチャーに、あのとき投資できていたら……。

それが今、トークンセールによって、ぼくらはベンチャー企業へ気軽に投資できるようになりました。

なんてすばらしいことなんでしょう!イケハヤ、ようやく投資家になれました。


というわけで、これを「すぐに弾けるバブル」と捉えるのは早計。

プロダクトがないベンチャーが数億円を集めても、何も不思議なことはないのです。

本来は、そのくらいのお金を集めるポテンシャルがあったんです。

むしろ、今はまだ小規模。ぼくはまだまだ資金流入が続くと思ってます。

アメリカ、中国に住んでいる人は原則的にトークンセールの参加は禁止されてますしね。

ここらへんのお金が流れてくるようになれば、また状況は変わります。

こちらはトークンセールによる調達額をグラフ化したものですが、まだまだこんなもんじゃないと思うんですよね〜。3倍は軽く伸びるはず。まぁ、ぼくの無責任な予想ですが!

スクリーンショット 2017 09 02 7 17 33

仮想通貨全般も同じです。ビットコインやイーサリアムは、まだまだお金を吸い上げますよ

魅力的じゃないですか、投資先として。

ボラティリティは強烈ですが、事実ベースで、半年で10倍とかになっちゃうんですよ?余ってるお金があったら投資しますよね?


世界にはまだまだ溢れるほどの「余り金」があるんです。

新興トークンや仮想通貨はこうした資本を吸い上げ、新たな経済圏を生み出していくのでしょう。ワクワクしかしませんね!

関連記事【仮想通貨】有望っぽいICO(トークンセール)まとめ。


=== スポンサードリンク ===

仮想通貨をお得なレートで交換!
Changelly」使ってますか?解説はこちら


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。