日本財団から3億円を調達したNextCommons Lab(NCL)。人材募集の旗を立てているので拡散!


15人の精鋭を募集中。

21083291 10213732869773906 8992513938234046897 o

以下、代表の林篤志さんからのメッセージ

Next Commons Lab(NCL)は、このたび15名の仲間を新規採用いたします。NCLが新たに立ち上がる、弘前・南相馬・湖南・西条、NCL第一号の遠野、5箇所の地域の最前線に立つ現場のリーダーたちを募集します。

http://nextcommonslab.jp/recruit/

ポスト資本主義社会を具現化することをミッションにしたNCLにとっての主戦場は、地域です。

地方創生ではなく、新しい時代に必要な、新しい社会システムをつくっていかなければいけません。主に以下3つの軸でNCLは事業をつくっています。

・新しいコミュニティ(拡張家族)のかたち

・時間と場所に左右されない働き方・暮らし

・お金(円)に依存しない社会

興味がある方は説明会にお越し下さい。

リクルートページにもキャリアについて言及していますが、キャリアは自分でつくっていくものです。NCLという社会システムをつくっていきながら、自分の活動フィールドや役割を自由自在に変えていくことも可能です。

今回の15名は、自分探しではなく、未来を切り拓いていく当事者限定の募集です。お会い出来るのを楽しみにしています。

今回はコーディネーター職の募集です。

今回募集をするコーディネーターは、起業家と地元プレーヤーや行政をつなぐコミュニケーションをはじめ、インキュベーション・メンタリング・企画・経営・交渉や調整、事務処理まで、現場でのさまざまな実践力が求められます

ビジョンを持ちながら、地域での地道なコミュニティ運営や起業家サポートを実行し、Next Commons Labの目指す社会インフラの構築に向けて、多くのメンバーと協力しながら活動を続けていきます。

青森県弘前市、岩手県遠野市、福島県南相馬市、滋賀県湖南市、愛媛県西条市それぞれで、チーフコーディネーターを1名、アソシエイトコーディネーターを2名募集します(遠野市はアソシエイトコーディネーターのみ)。

フィールドは全国各地な感じで楽しいですね〜。なお「移住や定住することが最終的な目的ではありません」という但し書きもあるので「応募したからには定住しないとダメ」みたいな話ではありません。

次のキャリアはイケてる地方で、どうでしょう?東京はもうつまらなくないっすか?


説明会はこちら。

まずは何より、説明会に行きましょう。東京都大阪で開催です。日程は下記。詳細は公式ページで確認してください。

第1回:2017年9月10日(日) 14:30〜16:30 (東京)

第2回:2017年9月16日(土) 14:30〜16:30 (大阪)

第3回:2017年9月20日(水) 19:30〜21:30 (東京)

第4回:2017年10月1日(日) 14:30〜17:00 (東京)

第5回:2017年10月21日(土) 14:30〜17:00 (東京)


続々広がるNCL。

スクリーンショット 2017 08 31 15 07 58

じわじわとNCLのコミュニティは広がっており、6拠点が動いています。まだまだ年内増えていくんでしょう。ぼくが住んでる本山町でもやりたいなぁ。

ちなみに、代表の林篤志さんはテクノロジーにも造詣が深く、ICOとかトークンセールの流れも追っています。

そもそも新しい経済社会システムを作る試みですし、この感じだと独自の通貨を発行するのかもしれませんね!一枚噛みたい……。


[PR協力記事]