追記)最新のAirdrop情報をまとめてます。合わせてどうぞ!

関連記事:【最新版】無料でもらえる!仮想通貨AirDrop情報まとめ。


仮想通貨における「Airdrop」。iOSの機能ではありません。これとても面白い概念なので、勉強も兼ねて、事例を踏まえて解説していきます。


仮想通貨がタダでもらえる!

完全に怪しい響きですが、「Airdrop」とは仮想通貨がタダでもらえる仕組みです。

たとえば「ByteBall」という仮想通貨では、保有分の20%が配布されていた時期があります。

ブロックチェーンを使わないDAGという技術を用いられた新通貨ByteBall(GBYTE)の金利配付時期(AirDrop)が終わりました。

ウォレットに入れておくと、月に20%の金利がGBYTEで配布されるというものです。

7月末のアルト暴落の時にしこたま買い集めた結果、157GBも買っておりました。円建て換算すれば約900万円分くらいですね。

予定通り20%金利が付いたで、157GB → 188GB。

悩ましいByteBall(GBYTE)の金利配付戦略


直近では「OmiseGO」がAirdropを実施すると発表。

イーサリアムを保有していればOmiseGOがもらえるという話。詳細は未定ですが(2017年8月15日時点)、ぼくも申請しようと思います。


その前には「ステラ(Steller)」というコインも無料配布がありました。こちらはビットコインを保有していればもらえたようですね。申請すればよかった……。


という感じで、Airdropの事例は続々と増えていくと思われます

保有しているだけで新しいコインがもらえるなんて、すごい話ですよね。でもこれ現実です。

発行者側としては「コインとしての認知度&保有者数の増加」が期待できます。体験としても面白いので、効果的なバイラルマーケティングになりそう。

OmiseGOの場合は「イーサリアムコミュニティとの共同発展」みたいな意味合いがあるようです。

こうしたAirdropが一般化したら、イーサリアム持ってるだけで新しい通貨がもらえる→イーサリアムを持つ人が増えてハッピー!というストーリーが考えられますね。


Airdrop後は暴落する?

ただまぁ、GBYTEの場合はAirdropによって価格が下がっていたりもするんですが……w

Airdropの条件が「そのコインを保有していれば、そのコインがもらえる」だったりすると、下落しやすくなるんでしょう。

逆に「ビットコイン(or イーサリアム)を持っていれば通貨がもらえる」という前提なら、下落はしにくそう。

Airdropがあるから!といって投機的マインドで飛びつくと、痛い目をみるかもしれませんね。


ちなみに「NEO」という仮想通貨は。保有しているだけで「GAS」という関連する通貨がもらえます。これも一種のAirdropといえるかも。

関連記事中国版イーサリアム「NEO」を購入してみたよ。GASの分配が面白い!


XEMにおけるハーベスティングも、感覚的には似てますね。XEMをたくさん持っていると、ウォレットに預けるだけで追加のXEMがもらえる仕組み。

保有枚数や保有期間によってAirdropでもらえる金額が大きく変わってくる……とかも面白い設計かも。

関連記事:【実績公開予定】XEMのハーベスティングを始めたよ!


とまぁ、仮想通貨は新しい経済の作り方が観察できて、実に面白いです。関心がある方は以下のまとめをどうぞ。

関連記事【成績も公開】仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。


スポンサードリンク




ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。