スクリーンショット 2017 08 06 7 28 36

ここ最近、ICOプラットフォームのCOMSAについて考えています。「ICOってなに?」という方は以下の記事をどうぞ。

関連記事:【緊急投稿】「ICO」とは何なのか?その光と闇をざっくり解説。

COMSAの当面の視座は、上場企業、ないしは上場を控えているレベルの企業の利用に限られるのでしょう。ウェブサイトにも「実ビジネスのブロックチェーン導入を支援する」とありますしね。

これがどこまでオープン化されていくのかで、COMSAの評価はだいぶ変わるはず。

それこそVALUのような気軽さで誰もがトークンを発行できて、それをZaifなどで売買できるようになるとしたら、かなり破壊的です。


特に、技術も未来もある中小企業・NPOがトークンを発行することができれば、それは「上場」に変わる資金調達手段になるはずです。

ぼくが住む街でも「ばうむ合同会社」「NPO法人ONEれいほく」あたりはトークン発行でかなりの人気を獲得しそうな気がします。


うまく売り出せば、普通に3,000万とかサクッと集まるはず。彼らの活動にはそのくらいの価値があります。

ICOの本質は「これまで経済の中で可視化されてこなかったものを、仮想通貨のかたちで可視化する行為」だと考えています。

そして、そういう価値はこの世界に埋もれまくってるんです。ぼくもあなたも、まだまだ眠れる価値を保有している。NPOの活動なんて、GDPにはほとんど反映されていないわけですよ。

ICO的なものが一般化したら、すぐにGDPなんて1,000兆円にタッチすると考えます。逆にいうと、今の経済システムはお金が流れにくすぎるんですよね。


上場企業についてもそれは同じで、プレミアムウォーターホールディングスはICOの予定を発表しただけで、なんと株価が爆増しました

スクリーンショット 2017 08 06 7 36 25

これすごい示唆的で、ICOとIPOは共存可能どころか、相乗効果があると思われるんですよね。ほとんど錬金術……。

この事象が再現可能であるのなら、すべての上場企業の株価はまだ成長余地があるとも捉えられます。さすがにこなれてくると、こういう暴騰は見られなくなると思われますが……。


ぼくらの経済社会には、まだまだ価値が眠っているんです。

ICOプラットフォームによってそうした価値が可視化され、経済を流れるようになれば、GDPなんて簡単に倍になると思いますよ。

COMSAのトークンセールは10月2日から。追加情報はもうないのかな……?動きがあったら記事にします。ぼくは100万くらい突っ込む予定。CAMPFIREコインが目当てです。

COMSAのトークンセールに事前登録する


ICOへの投資はかなりリスキーなので、COMSAを買おうと思っている方は以下の記事をどうぞ。

関連記事【成績も公開】仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。