スクリーンショット 2017 07 11 11 08 24

VALUをサルのごとく触りまくっているイケハヤです。現状の仕様の問題点を言語化していこうと思います。


悪い人に株価をコントロールされるリスクがある。

これはリリース時点から指摘されていますね。

怪しい人たちの株を買わないのは前提ですが、怖いのは「実績ある銘柄の株価を、悪い人たちが結託して操縦する」というケース。


たとえばこんな感じ。

  • イケハヤ株をターゲットにして、10人くらいが結託する。
  • 悪意あるユーザーが、現在値よりも3%高い値段で「買い注文」を出す。
  • 悪意あるユーザーが、その値段でVALUを売却する。株価は3%上昇。
  • この繰り返しで、価格を30%程度まで上げていく。
  • 上昇っぷりを見た一般ユーザーが「イケハヤ株は上がってる!買いだ!」と、悪意あるユーザーの売り注文からVALUを調達(一般ユーザーから悪い人へ、資金が移転)
  • パンピーから十分な資金が回収できたら、一斉に手持ちのイケハヤVALUを売却して退場。その際に暴落する可能性あり。

いわゆる「仕手筋」のやり方です。

外から見ると正常な動きに見えなくもないので、株価操縦されているかどうかを判断するのは困難です。小さな規模でやられたらお手上げじゃないかな……。

上記ストーリーにおいて、短期的にはイケハヤは損をしませんが、長い目で見ると「イケハヤ株は操作される危険がある」という認識はマイナスに働くでしょう。


今はまだ市場規模と流動性の観点で、操縦したところでメリットはそんなにありません。うまくいったところで小銭にしかならないでしょう。

ただし、VALUの市場規模が伸びていくのは明らか。

今後「自分のVALUを守る」ことを真剣に考えなくてはいけないフェーズが、どこかでやってくると見ています。株式会社と一緒ですね。

もちろん、ユーザーとしては「投機目的で買わない」という意識を徹底して持つべきです。そもそも「応援」のプラットフォームですしね。


複垢が作れてしまう。

VALUは「1日の取引が10回まで」という制限があるのですが、これは複垢を作ればかんたんに突破できてしまいます。

まだ顕在化していないけど、もうやってる人いるんじゃないかなぁ……。バレようがない気がするし……。

とはいえ、複垢にはBANのリスクが付きまとうので、賢い選択とはいえません。保有するVAやビットコインが消失しても文句はいえません。

どこかのタイミングで本人認証も入るでしょうし、これは時間の問題で解決していきそう。


なりすまし、不正アカウント。

文字通りの「写真詐欺」、悪意あるなりすましなんかは、今後問題になっていきそう。

やっぱりどこかのタイミングで、売り出し時に本人認証をかけることになるんでしょうかね〜。

写真に関しては、「許可なく他人の写真を使っていた場合はBAN」という規制を盛り込むことに加えて、画像解析で盗用を判別できたらクール。


高単価銘柄の投機性が高い。

これはマニアックな話なんですが……現行の仕様だと、銘柄の単価が高ければ高いほど、ストップ高・ストップ安の範囲が広くなっちゃうんですよね。

たとえばうちは、ざっくり「0.3BTC」くらいの幅があります。現在価格は0.415BTCです。

スクリーンショット 2017 07 12 11 14 19

これは価格と連動するので、価格が安ければ値幅も小さくなります。たとえば現在価格が0.06BTCのUmekiさんは、「0.0375」の値幅制限ですね。ざっくり計算して、ぼくの1/10ほどの値幅です。

スクリーンショット 2017 07 12 11 17 05

「VAの単価が高いほど値幅が大きくなる」ことに、特段の合理性はありません。むしろ逆の方がいいんじゃないかとすら思うくらい。

今の仕様だと売り板を市場に任せると、よく知らないユーザーが間違えて高値づかみしてしまう危険があるので、特に上限の規制に付いては調整が入ってほしいですね……。


ハッキングされたら終わり。

これはVALU固有の問題ではありませんね。

特にVALUの「発行者」は、ハッキングされたら終わりだと思ったほうがいいでしょう。

悪意あるユーザーに乗っ取られ、大量かつ安価にVALUを売り出されたら、そのアカウントのVALUの価値は大きく下がります

既存ホルダーも大損。自分の評価もガタ落ち。評価を取り戻すためには、大量に放出されたVAを自力で回収していく必要があるでしょう。

現在は「二段階認証」が用意されているので、これは必須。絶対に設定しておきましょう。

それに加えて「安すぎる値段での大量売却」をシステム的に防いでくれる仕様があるといいのかな。

投機的な動きを防ぐためにも、ストップ高・ストップ安といった金額軸だけでなく、「数量軸」での制限も求められるんじゃないかな〜と思ってます。


健全な発展のために。

というわけで、まとめるとこんな感じ。

  • 悪い人にVALUの株価を操縦されるリスクが怖い。
  • なりすましや写真詐欺も出てきそう。
  • ユーザーの審査、本人認証を強化することで対応できるかも。
  • 高単価になればなるほど値幅が大きくなる仕様を見直すべき。
  • 金額だけでなく、取引数量に関しても規制があるとよさげ。
  • ハッキングされたら終わるので、ユーザーの二段階認証は必須。「二段階認証を設定しないと売り出しできない」くらいにしたほうがいいかも。

もっとも懸念するのは最初の「悪い人に乗っ取られる」話ですね。市場ルールの整備が必要になってきそう。

使っていくなかで、またいろいろ思いつくと思うので、この記事は随時アップデートしていきます。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。