かなりいろいろあるので、この記事でデータベース化していきます。


詐欺が疑われる暗号通貨は、実はたくさん。

ビットコインを始めとする「仮想通貨」。暗号通貨とも言われますが、同じものだと思っていいでしょう。

悪い人たちが跳梁跋扈しておりまして、すでに数多くの詐欺が横行しています

金融庁も注意を呼びかけていますね。ここらへん必読。

スクリーンショット 2017 06 23 9 19 52

こんな報道も……。

 「海外の天才数学者が考えた仮想通貨がある。人気が出て、価値は2倍になる」。首都圏の60代の女性は今年初め、友人に勧められて会った仮想通貨の契約担当者から「今のうちに買えばもうかる。人を紹介すれば、さらに収入が増える」と勧誘された。

 断り切れずにその場で現金150万円を支払ったが、契約書類はなく、業者の所在地も分からない。結局、この仮想通貨を取り扱う取引所は開設されず、「売却することもできない」と途方に暮れる。

仮想通貨 トラブル急増 ネット上に700種以上 「必ず値上がり」高齢者勧誘 :日本経済新聞

年率730%をうたう商品……w そんなものあるわけないのにねぇ……。「HYIP」というキーワードは100%詐欺なのでご注意ください。

ざっとまとめると、こんな詐欺の手法があります。

  • そもそも開発もしていない「未公開コイン」を販売し、公開せずにトンズラ。
  • ただの「ポイント」を「仮想通貨」と言い張って価値が上がるかのように喧伝。
  • 価値のないコインを事前販売し、取引所を作るも、まともに売り買いが成立せず投資家が大損を被る。
  • ビットコインやリップルなど、すでに流通しているコインを使ってマルチ商法を行う。
  • 超高配当をうたった、古典的なポンジ・スキーム(HYIP)。

なお、詐欺的なコインを見抜くのはそんなに難しくありませんこちらの記事がまとまってますね

仮想通貨は、詐欺師業界のなかでいま最もホットな商材になっています。

ホットどころではなく、過去最高の商材だといわれています。

というのも、仮想通貨は、値段がいくらなら妥当といった論拠が存在しませんし、コインも目に見えないものなので、何をやったところで、どこまでが詐欺かという基準が引きづらいのです。

また、仮想通貨なので、証券取引法や金商法、出資法といったキビシイ法律にも触れません。

詐欺師にとっては、こんな好都合な商品はありませんよね。

仮想通貨詐欺(詐欺コイン)の最も簡単な見分け方、7つのポイント | ビットコイン研究所

仮想通貨投資で稼ぎたいなら、普通にビットコインやイーサリアムを買えばいいと思いますよ。「coincheck」「bitFlyer」あたりで小額のコインを買うあたりから始めるのがベター。

関連記事:【成績も公開】仮想通貨に280万円投資!「低リスク」な始め方を解説するよ。


ぼくはおすすめしませんが、仮想通貨は「デイトレード」とか「FX」もできます。HYIPとか怪しいコインを買うくらいなら、まだFXの方がマシなんじゃないかな……いや、おすすめしませんよ。デイトレード消耗するんで。

関連記事ビットコインのデイトレードに挑戦!30分で600円稼いだよ。


スポンサードリンク


HYIP、詐欺コイン、失敗コインを追ってみる。

さてさて、ここからがメインコンテンツ。比較的言及されることの多い詐欺的な銘柄についてまとめていきます。

  • ノアコイン
  • ADAコイン(まさかの上場!
  • クローバーコイン
  • キートークン
  • NAGEZENI
  • ベネフィットクレジットコイン
  • ベイジアコイン(失敗)
  • ディールコイン(詐欺確定
  • ジュエルコイン(詐欺確定
  • ASECコイン
  • TLCコイン
  • エターナルコイン
  • フュージョンコイン
  • サークルコイン
  • BitRegeon(HYIP、破綻済み
  • D9クラブ(HYIP、破綻済み
  • ビットシャワー(HYIP、破綻済み

動きがあり次第、追記していこうと思います!では、闇の世界をどうぞ〜。


なぜか日本で大人気の「ノアコイン

スクリーンショット 2017 06 23 9 38 17

まずはノアコイン。これはかなり怪しい感じで、2017年6月時点で、詐欺の疑いが濃厚です。別記事にてまとめています。

関連記事仮想通貨「ノアコイン」は詐欺なのかどうか、調べてみたよ。

動きをまとめると、こんな感じ。

  • 2017年1月:プレセール第一期(なぜか日本とフィリピンのみで販売)
  • 2017年3月:ノアコインについて、フィリピン大使館から注意喚起
  • 2017年4月:プレセール第二期(同じく、なぜか日本とフィリピンのみで販売)
  • 2017年7月:騒動を受けて返金対応がスタート(new!)
  • 2018年6月:一般公開予定

来年の6月が楽しみですね!取引所がリリースされ、すぐに暴落、売り買いが成立せず……というストーリーが現実的かな……。

追記:2017年7月4日、返金対応がはじまってます。


ノアコインと同じく話題の「ADAコイン」

(追記:まさかの上場に成功しましたw とりあえず詐欺ではなかったわけですね。ICOはスタートなので、このあとの開発の動きに注目です。)

ADAコインという仮想通貨も、詐欺の疑いが濃厚な感じです。これ、一生懸命売っている人が同じなんですよね。

  • 2017年1月:プレセール終了
  • 2017年2月:ADAコイン公開が延期
  • 2017年6月:cardanoのロードマップが公開
  • 2017年10月:bittrexに上場!

大物が関わっているとのことですが、世界的に話題になっている様子はなく……。iohk.ioのアクセスも日本がなぜか半数ですね。

スクリーンショット 2017 06 23 10 11 03

CARDANOはゲームプラットフォームだそうですが、それならすでにリリースされている「GameCredit」を買ったほうがいいのでは……。

第一の懸念は「そもそもちゃんと開発してないんじゃないの?」というあたり。

よしんば開発が完了してコインの取引が可能になったとしても、大して支持されずに終わりそうな予感がします。

ゲーム系のICOは複数ありますが、あえて投資するほど魅力的な話じゃないよなぁ。ファイナルファンタジー級のゲームタイトルが控えていたりするならまた別ですが。

答え合わせは2018年くらいですかね。記事に追記していきます。


クローバーコイン

スクリーンショット 2017 06 27 16 17 41

これはちょっと面白いコインです。

公式の情報が見当たらないのですが、どうも「購入額の20%がリップル(XRP)で保全される」コインだそうで(参考)。

それならはじめからリップル買えばいいと思うのですが、まぁ、いろいろ騙される人がいるのかもしれません。運営費20%ってのも高いな……w

スクリーンショット 2017 06 27 16 22 08

でも、リップルって2017年にめちゃくちゃに値上がりしているんで、ぶっちゃけこれが詐欺だとしても、保全が事実であればちゃんとリターンが出るんですよねw 昨年クローバーコインを買った人は、もれなく利益が出ているはず。

ですが、案の定というかなんというか、保有者へのリップル換金は行われていない様子。

1日、2日、3日とメールのお返事を待ったのですが、

一向に連絡が来る気配がありません。

そこから2通目、3通目と立て続けに送り続けても

音沙汰なし。

これはどうしようかと思い、直接電話をすることに決めました。

するとクローバーコインの会社側の人間が出て、

リップルにエクスチェンジしたい旨や、リップルの仕入れレート、

新クローバーコインの初値に関する質問を投げかけてみました。

そしてすぐに下記のような回答が返ってきました。

「まず弊社でリップルに替えることに関しては検討段階ですし、

いつ替えられるかということも分かりません。」

????????

え??20%分のリップルが保全されているんだから、

ちゃんとすぐ返ってくるんじゃなかったの??

クローバーコインのままで持つか、

それともリップルで持つか、どちらか選択できるはずなのに!

しかも当初1リップル1円のレートで交換してくれるはずが、

そのレート自体もはっきりしていないようですw

色々と質問攻めをしていると、 シラを切るかのようにこう切り出してきます。

「ウチはクローバーコインという商品を扱っているところで、

リップルとは何の関係もありませんから。」

その一言で全身凍りつきました。

情報商材の詐欺.com/ノウハウ編/仮想通貨/クローバーコインが「リップルとは一切関係がな/

ちなみに、北海道のローカル放送でも取り上げられたそうな。クローバーコインを販売しているのは、北海道の会社なんですね。

20170609190030

こちらは拾い物。さすがに問題があると思ったのか、交換に向けて動き始めたようです。クローバーコイン自体も「新クローバーコイン」になぜかリニューアルするみたいですね。

リップルが換金されれば大儲けする人も出てくるわけですから、これを詐欺と断定することが難しくなります。

いやー、どうなるか楽しみですね……。なお、ぼくは普通にリップル買えばいいと思う派です。

他にもきな臭い話があり、これとかすごい雑でびっくりします。贈花を偽装!

「メルカリと提携します」という触れ込みで勧誘されることもあるとか……。

追記:そろそろ火が消えそうですね……。

この件に限らないのですが、詐欺にあった人を「救済」しようとする悪い人たちもいるのでご注意ください……。


キートークン

ツイッターで教えてもらった怪しいコイン。いろいろ書いてあるんですが、正直何が新しいのかようわかりません。

くそー、日本語が雑だ!ユーーってw

開発を進めている次世代銀行サービス「smart Bank」ではKeY'tokenをはじめ様々なクリプトカレンシーをマルチ通貨のように扱える銀行を目指しています。

ブロックチェーン・クリプトカレンシーを採用する事により、世界各地への取引所との提携を行います。

取引所で発生する手数料や、smartBankから発行されるクレジットカードをユーーが使用した際に発生する手数料、銀行を後ろ盾としたソーシャルレンディング等。

上記のような次世代インフラを構築する事によって、得られる様々な事業展開がKeY'tokenプロジェクト支援者(ホルダー)にとって大きなメリットになることを可能としています。

とりま、2017年9月にICO予定だそうで。価格がどうなるかで答え合わせができますね。

スクリーンショット 2017 08 04 16 27 55

ちなみにこちらの仮想通貨は、「AWA」という投資グループに所属していないと買えない時期があったそうな。怪しい〜ッ!!

残念ながら一般公募は1年以上される予定はなく、

AWA会員の中でも上位で活動しているメンバーを通じてしか現在は変えない仕組みになっています。

ここ最近はほとんどツイッター投稿も見られなくなっており、答え合わせをするまでもなくなっている感じ……。




NAGEZENI

ほんといろいろありますね……。2017年8月現在、まだ勧誘されている現役選手です。

公式サイトが見つからないけど、このページは公式……?詐欺臭しかしないから調べるまでもない感じですねw

スクリーンショット 2017 08 15 14 55 55

購入するためには高額コミュニティに入る必要があるっぽいです。この時点でお察し系ですね。

ちなみに「仮想通貨まとめ」というサイトは、NAGEZENIの販売者が運営しているそうで……。そうと知らず、一度関連リンク入れちゃいました。凡ミス!

どうでもいいけど、松宮義仁って、SNS黎明期にいろいろ本出してた方ですね!SNSマーケティング業界におりましたゆえ、とても懐かしい……。


ベネフィットクレジットコイン

スクリーンショット 2017 08 13 14 31 26

なんでも「最大50%」が「金」で保全されている暗号通貨だそうで。

この種の触れ込みは詐欺コインでよく使われるので、注意が必要です。最大50%ということは、0.001%が保全されていればOKなんでしょうしw

純粋にピンとこない……。担保型の通貨ねぇ。

現在日本では、暗号通貨の明確な規制が整っていないため価値が政府によって保証されていないのが現状です。

よって価値を保証するために、担保型の通貨が必要になっていくと予想されています。

ホワイトペーパーもありませんし、まぁ、価値のないコインということでいいんじゃないかな。こちらにも詳しい検証があります。

ちなみに取引所ではこんな値動き。そもそもほとんど取引されていないような……。

スクリーンショット 2017 08 13 14 38 15

余談ですが、産経に掲載されたプレスリリースが瞬時に削除されてますね。


ベイジアコイン(失敗)

スクリーンショット 2017 06 23 10 15 05

すでに取引が成立しなくなっているようなので、「失敗」とさせていただきました。日本企業が開発したベイジアコイン。

関連記事:詐欺?失敗?怪しい仮想通貨「ベイジアコイン」について調べてみた。

リリースは2015年。価格は140円まであがりましたが、そこから暴落し、現在4円。買い取る人もいないので、コインを持っていても売ることができない状態だと思われます。

これは詐欺というか、単に失敗しちゃったんでしょうね。4億円分くらい売れたみたいですが……。コインとしての魅力がない場合、このような末路をたどるのではないかと想像します。


ディールコイン(詐欺確定)

すでに公式サイトも閉鎖され、運営者たちも逃亡している「ディールコイン」。詐欺確定でいいでしょう。

こんな知恵袋投稿も……。

昨年 田舎の母親が「ディールコイン」なる仮想通貨の投資話に200万円程出資して仮想通貨の購入をしました。

「サイトの会員口座」に確かに存在しますが、そもそも、ディールコインの代表者とかの名義が不明な上に、有名な芸能イベント事務所オスカープロダクションの社長で馬場さんとかの名前を上げてコインの購入者を募集しているそうです・・・まずその時点で非常に信憑性はありませんが、母はまだ自覚がありません。

昨年 田舎の母親が「ディールコイン」なる仮想通貨の投資話に200万円程出... - Yahoo!知恵袋

なんかもうカオスすぎるw 実際に購入した方の記事。そしてこの人、HYIPに手を出している……w

DRCの大暴落が続いています。

先週「$5」だったんですけど。。

今日は「$0.1」ですよ。。(笑)

この原因ですが、

実は、ハッキングが原因ではないようです。

NURI社の意図的な作業のようです。

詳細は明らかになっておりませんが、

どうやら、意図に価格を下げているんです。

DRC大暴落の原因!: Digital currency(仮想通貨)ファンクラブ


ジュエルコイン(詐欺確定)

「ディールコイン」同様、ほとんど情報が見当たらず、バックレ確定な感じがします。代理店のサイトもなくなってますね。

一応取引所は残ってますが、こちらも動いているようには見えず。会員登録すれば中に入れそうですが、登録が面倒で挫折。

まぁ、この感じは詐欺確定で大丈夫でしょう。こういう勧誘をやっていたそうで……。ルノワールは草刈り場。

ハゲ「そうですよ。必ず値段が上がりますよ。株と一緒です。希少価値の高いジュエルコインは今はみんな買えない。でも買えるようになったら絶対値段は上がります

金リング「確かにそうよねぇ」

ハゲ「もっと言えば、今50万って話をしてますが、値段が上がるものと分かっているならこれほどいい話はない。私だって300万買いましたから。ちまちまやってるより結果的に良かったです。」

ジュエルコインの謎と内なるチャクラ - ちょっとそこまで-斥候隊-


ASECコイン

こちらもネット上でほとんど情報が見つからない仮想通貨。

仮想通貨長者.comという人たちが積極的に販売しているので、彼らが中の人なのでしょうかね。

そもそも公式サイトが存在せず、投稿されていた公式動画も消えています。撤退準備中なのかな……。

関連記事:詐欺が疑われる「ASECコイン」について調べてみたよ!

と思ったら、2017年8月時点でまだセミナーを積極的に開催していました。失礼失礼。

スクリーンショット 2017 08 05 21 31 09

そんな状況ですが、一応2018年の8月に取引所がリリースされるとか。どうなってるか楽しみですね。

スクリーンショット 2017 06 24 14 02 39

追記:こんな投稿を拾いました。


TLCコイン(仮想通貨……?)

Tlc banner02

怪しさぷんぷんで、こんなの買う人いるのか……?という感じの「TLCコイン」。

関連記事とっても怪しい「TLCコイン」について調べてみたよ!

なんというか、これたぶん、ただのポイントシステムじゃ……。「上場する」という触れ込みもあるんでしょうけど、そういう仕組みとして開発が進んでいるような形跡は、すくなくともウェブ上ではわからず。

説明が雑……w

ビットコインのブロックチェーンに組み込まれているブロックは毎日数多く付け足されておりますのですでにDNA(ブロックの鎖)の長さが長大になっており、将来、コンピューター的に処理できなくなるのではないかと懸念されております。

TLCコインのブロックチェーンは上述のブロックが大変小さくなっており、言ってみれば(ビットコインのブロックサイズに比べたら)ナノサイズです。

TLCコインはビットコインよりはるかに優れたブロックチェーンプログラムです。

……まぁ、上場すると言っているので、答え合わせは2018年ですかね……。日本語おかしいw

スクリーンショット 2017 06 23 10 33 04

エターナルコイン(失敗の予感)

スクリーンショット 2017 06 23 6 41 09

2017年6月時点で、積極的に広告宣伝を実施しているコイン。仮想通貨発行企業が広告を出すというのは、なかなか斬新ですよね。

こちらに関しては、別に記事をこしらえました。

関連記事:怪しい仮想通貨「エターナルコイン」は詐欺?調べてみたよ!

結論からいうと、「詐欺ではないんだろうけど、高い確率で失敗すると思うので、今から買う理由はない」という感じです。そもそもブロックチェーンですらないし、将来性を感じませんね……。


フュージョンコイン

スクリーンショット 2017 06 23 11 04 24

こちらは2017年6月時点で、ばりばり現役の怪しいコイン。なんと、書籍まで出してます!

公式の動画も貼り付けておきます。すごい……本質的にどんな価値があるのかまったくわからないコインだなw

一応取引所は動いており、価格もチェックできます。

スクリーンショット 2017 06 23 11 17 06

……まぁ、このコインも、順当にいくと値下がりして売り抜けできずに消えていくのでしょう。残念ながら、純粋に投資対象として魅力がありません。

そもそも情報の開示レベルが低すぎて、フュージョンコインがいったい何なのかがよくわからないという……。答え合わせは2018年。


サークルコイン

スクリーンショット 2017 06 27 15 52 43

すでに公開済で、取引可能なコインです。

特徴はこんな感じらしいです。

スクリーンショット 2017 06 27 15 54 40

サークルコインはアメリカネバダ州のラスベガスに発行元を置く、「人の輪」が由来のデジタル通貨です。

サークルコインは業界初のハイブリッド型のデジタル通貨として、マイレージプログラムを導入しています。

サークルコインの普及拡大、または一定期間の保有などを通して付与されるマイルを、様々なコンテンツ内にて使用することが可能です。

デジタル通貨の価値というのは、利用可能となる用途が多くなることで初めて価値を持つと言えるでしょう。

サークルコインは通貨としてだけでなく人生をより豊かにするツールとしての普及を目指します。

マイレージプログラム……なるほど?。

サークルコインを保有、紹介すると、サークルコイン会員オリジナルのマイレージを貯めることができます。

貯まったマイレージは、サークルコインが提供する様々なコンテンツのサービスにて利用、交換が可能です。

サークルコインの保有枚数によってマイレージステータスを用意しています。 オリジナルツアーの割引率やステータスマイルとして3か月に一度もらえるマイレージが異なります。

マイレージが貯まるとどうなるかが、サイトからはいまいちわからない……。あ、これか

スクリーンショット 2017 06 27 15 57 21

正直なところ、現在のラインナップだと別に利用する価値があるようには見えず。

取引可能な状態なので「詐欺」ではないのですが、純粋に魅力を感じないコインですね。

マイレージの使い道も「?」ですし、技術的にも何か優れているところがあるわけでもなく。もちろん、ホワイトペーパー等も見つかりませんでした……。

ツイッターやブログを見るかぎり、ほとんど動きがないように思われます。ベイジアコイン、フュージョンコイン、エターナルコインあたりと同じく、じわじわと衰退に向かいそうですな……。


BitRegion

スクリーンショット 2017 06 23 11 23 39

こちらはビットコインを使った、著名な「HYIP」。年利500%とかで増えるとかアホみたいな話です。いわゆるポンジ・スキームですね。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

BitRegionはすでに破綻状態で、みなさん諦めモードがすごいです。この方とか、自分のサイトを売却しようとしてますねw

スクリーンショット 2017 06 23 11 29 21

BitRegionは新しいコイン「OTTO Coin」をICOさせ、再起を図ろうとしているみたいです。が、個人的にはうまくいかないようにしか見えないので、今から投資するのは避けたほうがいいでしょうね……。


D9クラブ(HYIP, 破綻済み)

……とまぁ、すでに大手メディアでも報道されているとおり、すでに破綻済み。被害者も多く出ているため、大規模な詐欺事件になる予感。

なんかみんなギラギラしてる……。

弁護団もできたそうですね。騙された人たちのお金が返ってくるといいですけどねぇ……。

ちなみにこのHYIPの拡大には、ノアコイン、ADAコインを積極的に宣伝している「泉忠司」さんも関わっていたそうで。まぁ、いろいろな人がいますからね……。


ビットシャワー(HYIP)

スクリーンショット 2017 06 27 22 03 11

WBSでも名前が上がってますが、D9クラブの後釜として「ビットシャワー」というものも日本で人気が出てきているようで。

スクリーンショット 2017 06 27 22 00 44

利益の原資はアービトラージだそうで。いやー、アービトラージたしかにありえるけど、いくらなんでも日利5%は無理じゃねw

ビットシャワー(Bitshower)では裁定取引(アービトラージ)により、価格の安い国で暗号通貨(仮想通貨)を購入し、価格の高い国で売却するという、非常にシンプルなビジネスモデルとなっております。

また、専用ソフトにより、そのタイミングでの為替価格差額、暗号通貨差額を瞬時に計算し、最大の利益収益をあげることに成功しています。これにより1日平均で5%の収益をあげることができるようになっています。

前提情報として、こういった「HYIP」には紹介者報酬制度があります。マルチ商法ってやつですかね。

スクリーンショット 2017 06 27 22 06 01

これ目当てで勧誘する人がほとんどなんでしょうねぇ。誘った側も損害賠償請求される可能性もあるでしょうし、こういうのに手を出しちゃだめですな。

「拡散希望」らしいし、貼り付けておきますか。今はSNS経由の勧誘も多いんだろうなー。

追記:2ヶ月で破綻したようです。そして「救済案件」……これもHYIPなんでしょうねw エンドレスだ。


随時追記していきます。

……とまぁ、「明らかな詐欺」から「純粋な失敗」まで、さまざまな事例がありそうです。

「The DAO」のケースしかり、世界的に注目されていたとしても、それがうまくいくとはかぎりませんからねぇ。

仮想通貨投資は、それ自体がそもそも超ハイリスクなのです。ICOコインを含め、一般に流通していないコインを買うというのは「ウルトラスーパーハイリスク」ということをよく理解しておきましょう。ぼくは買いませんから。

世の中うまい話などありません。淡々とお金を稼いで、それをコツコツ運用していくのがいちばんですな。ぼくの投資に対する考え方は、こちらをどうぞ。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


スポンサードリンク


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。