スクリーンショット 2017 06 16 12 41 43

電話論って盛り上がりますよね。これ、分からない人にはほんとうにわからないようなので、電話嫌いのぼくが解説します。


仕事が中断される辛さ、わからないの?

電話といえば、堀江貴文さん。新刊「多動力」でもこんな発言をなされていますね。

 「自分の時間」を奪う最たるもの。

それは「電話」だ。

僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。

相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。

電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。

仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。

堀江貴文氏「電話してくる人とは仕事するな」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

もっとも重要なのが最後の「仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断される」というあたりでしょう。

「そうはいっても、電話は仕事に必要じゃないですか」

とか言ってくるナンセンスな人々は、ここが感覚的にわかってないんですよ。

つまり、彼らはあまりにもダラダラと仕事をし、日常を過ごしているので、「仕事の最中に電話がかかってきて、マジで迷惑!」という思いをしたことがないのです!どどーん!


電話肯定派と否定派の「バカの壁」は、ここにあると思います。

ぼくらはね、あんたらみたいにのんびり仕事しているわけじゃないんですよ、マジで

煽りとかじゃなくて、ほんとうにね。仕事の時間は、一時たりとも邪魔されたくありません。人生の時間は貴重なのです。

そんなこんなで、ぼくは高知の山奥にひきこもっております。最高ですよ〜、誰も来なくて。あ、もちろん圏外だから電話も来ません。


たぶんね、本気で打ち込める仕事を見つければ、みんな「電話はクソだ」と理解するんですよ

ビジネスシーンにおいて電話が残っているのは、大半の日本人が適当に働いているから。

あんなもの、ちょっと優秀なら不要なツールだと確信できますよ。


いやー、冷静に考えて、仕事に熱中しているときに上司からくだらない要件で電話がかかってきて、モチベーションも生産性も今後の予定も崩れたら、ふっつーにイヤですよね?

そういうレベルの話ですよ、これは……。


「電話」という、非生産的で他者に害悪をもたらすツールを疑わず、毎日てきとーにダラダラと働いている人が、仕事で良い成果を残すことができるわけ……ないですよね。

仕事ができない人間だからこそ、いまだに電話という非生産的なツールを使ってしまっているのです


これが、「電話を使う人間は仕事ができない」理由です!わかりましたか!


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。