追記)人気すぎて大変なようで、サービス営業時間が「平日のAM9:00〜PM18:00」となりました。運営のみなさん、がんばってください!


ドハマリしている「VALU」。1,000万円を調達したイケハヤが、解説をざっくり書いておきましょう!


個人を上場させる「VALU」。

スクリーンショット 2017 06 03 13 48 52

2017年5月31日に彗星のごとくリリースされた「VALU」。

これ、99%の人はピンと来ないと思うけど、超破壊的なイノベーションです。「ついに来た!」って感じで興奮してます。

とてもわかりにくいのですが、ざっくりいうと「個人の株式を公開できる」サービスです。……って、これでピンと来る人はすごいですね。


どういうことかというと……。

「株式公開による資金調達」って、ごくごく一部の会社にしか許されていないじゃないですか。上場企業というやつです。任天堂とかソニーとか、株買えますよね。

会社というのは「上場」をすることで、一般の投資家から広く資金を集めることができます。

で、そのお金でさらに事業を拡大することができるわけです。

その結果として株価が上がれば、企業も資金が潤沢になり、株を保有している人も価値が上がってハッピー、という仕組み。


で、VALUはそんな「株式公開」を民主化するサービスです。

Sub3

つまり、ぼくらひとりひとりが「上場個人」となり、擬似的な株式を発行し、そこから資金を調達することができるようになるのです!

事実、イケハヤ株(VA)はすでに発行・売り出し中で、延べで100人を超える方に保有してもらっています。ありがたや〜。

スクリーンショット 2017 06 06 10 26 53

イケハヤVAは大人気で、時価総額ベースでは1位!。いつもの面々……w

スクリーンショット 2017 06 04 9 40 01

で、保有している株式は、サービス上で売買することもできます。

スクリーンショット 2017 06 03 13 49 58

事実として、安いうちに買っておけば、大きく値上がりしてキャピタルゲインを得ることもできてしまいます。ちょっとヤバいですよね、これ。

「法的に大丈夫なの?」と心配になりますが、その点はクリア済とのこと。うーん、すごい!

一方で気になるのは、法的なリスクについてだ。おそらく「サービスのコンセプトはおもしろそうだけど、法律的には大丈夫なのか」と気になる読者もいるのではないだろうか(実際にSNSでもそのような声があった)。

この点についてはサービスの開発が始まった約9ヶ月前から頻繁に金融庁を訪れ、1つ1つの機能について法律面の問題がないか確認してきたという。

株式のように自分の価値を取引できる「VALU」、購入にはビットコインを利用 | TechCrunch Japan



トレーディングカードが近い。


ちょっと補足すると、VALU的な仕組みをより的確にいうと「トレーディングカード」なんです。株だと配当とか優待がありますからね(VALUは優待あるからややこしい)。

ホリエモンのカード、イケハヤのカード、はあちゅうのカードなどが流通し、それに勝手にプレミアが付いていく……みたいな。

堀江さんのコメントがわかりやすいので引用。

どちらかというとVALUはビットコインのブロックチェーン上に乗っかったトレーディングカードみたいなものに近いと考えた方がよいでしょう。

紙のトレカの場合発行元が保証してるその発行数が本当かどうかはわかりませんが(裏でインチキしてるかもしれない)、VALUではそれは不可能ということです。

そしてトレーディングカードは2次流通市場があって価格は常に変動しています。

しかし、その本質的価値というのは欲しい人には欲しいけど、興味ない人にはまったくありません。

が、鞘取り狙いの興味ない人も2次流通市場には参戦してきます。

そうやって流動性が高くなったトレーディングカード、ないしVALUはさらに価値が高くなるという寸法です。

新仮想通貨「BAT」の売り出し成功は、証券会社が 不要となる時代を暗示!「BAT」や「VALU」など ブロックチェーン使用の新サービスが持つ意味とは?

市場があるので株式公開のような側面も持ちつつ、より本質的にはトレーディングカード。うーん、わかりにくい……w


始め方:まずはビットコインを買おう。

そんな「VALU」はどうやって始めるのか。

数も多い「購入者」側の始め方から解説します。


最初に「VALU」のアカウントを作ります。

これは簡単。フェイスブックで一発で登録できます。あ、登録にあたってはフェイスブックアカウントが必須です。この時代にフェイスブックのアカウント持ってない人は……論外ということですかね。

スクリーンショット 2017 06 07 8 05 01

VALUは「ビットコイン」をベースにしたサービスなので、始めるにあたっては「ビットコインを購入する」必要があります

で、残念ながら?VALU上でビットコインを購入することはできません。法律の関係でこうなってます。

まだビットコインを持っていない人は「coincheck」「bitFlyer」などの取引所でビットコインを購入することからスタートです。

なお、最近の法改正で手続きが厳しくなったので、即日ビットコインを購入するのは難しいです。これからアカウントを作る場合、郵送で本人確認を終わらせる必要があるはず。どの取引所でも一緒です。

取引所は大手ならとりあえずどこでもいいですが、coincheckの方がデザインがシンプルかつ、さまざまなコイン(アルトコイン)が買えるので、個人的にはこっちがおすすめですね。

スクリーンショット 2017 06 03 13 53 20

VALUに送金しよう。

んで、取引所でビットコインを購入したら、VALUのアカウントにビットコインを送付しましょう。

各種取引所の「ビットコインを送る」という項目から、VALUに送金することができます。
スクリーンショット 2017 06 03 13 54 13

宛先は「VALU」の「入金」画面に表示されています。こんな感じです。一応モザイク。

スクリーンショット 2017 06 03 13 54 59

ビットコインの送金は少々時間がかかります。1時間あれば高確率で終わるので、のんびりコーヒーでもどうぞ。こちらの解説記事を読んでいる間に終わるはずw

関連記事【成績も公開】仮想通貨に145万円投資!「低リスク」な始め方を解説するよ。


VAを買おう!

スクリーンショット 2017 06 03 13 58 04

さて、入金したBTCが反映されたら、実際にVAを購入してみましょう!

これもかなりわかりにくいのですが……まずは気になるユーザーの「データ」をチェックしましょう。ぼくのアカウントだとこんな感じ。

スクリーンショット 2017 06 03 14 00 40

特に注目すべきは……流動性の指標ともいえる「出来高」と「VALUER数」ですかね

この数字が十分に多いユーザーのVAは、保有者同士のトレードが成立しやすい傾向があります。

逆にいうと、保有者が少なく、出来高も少ないVAは「買ったはいいけど、売ることができない」という状態になりやすいです

つづいて、購入価格を決めます。売り板・買い板画面を見ると適正な値段が見えてきます。

スクリーンショット 2017 06 03 13 58 48

この時点において、ぼくの場合は、もっとも安い売り値が「0.41BTC」となっています。

今すぐイケハヤVAがほしいのなら、0.41BTCで注文すると、すぐにアカウントに追加されます。

スクリーンショット 2017 06 03 14 03 32

株式市場と同様に、価格はもちろん変動していきます。イケハヤVAはどうなるか……。「0.44BTCで買ったVAが、6ヶ月後に1.0BTCになっていた」みたいなことになっているかも?その逆も然り。

こればかりは市場に左右されるのでなんとも難しいです。なるべく価格変動がないようにしたいのですが……。


ただまぁ、やってみた感じ「短期の有名人株のトレード」はうまくいきませんね。ちゃんと計算していませんが、今のところ含み損です。しかも売却できるか不透明。

応援している人たちの株なので別にマイナスでもいいんですが、あんまりトレーディングで稼ぐ方向はおすすめしませんw


使い道としては、やっぱり「クラウドファンディング」が近いんでしょうね。

若くて有望な人に対して、文字通り「株を買う」という応援をする……という利用方法がもっともしっくりきます。

そんなわけで、ぼくは高知の若者にビットコインをばらまいていく方向です。高知に移住するとイケハヤが大株主になるよ!

関連記事【VALU有望株】イケハヤ、ハヤシはしるの大株主になる。まだ知名度ないけど、こいつは日本の未来を担う男です。


上場しよう!

VALUが面白いのは、やっぱり購入者側よりも「上場する側」だとも思います!

実名顔出しで何かに本気で打ち込んでいるなら、上場する価値はあります。特に、ブログをやってるならうってつけ。

VALUに審査を依頼して、VAを発行してもらいましょう!センスがいい人がうまくやると、数万円〜数百万円のBTCを調達できるはず。やる側としては、感覚的にはクラウドファンディングがとても近いです。

ちなみに、ぼくは初動の3日で1,000万円分くらいのビットコインを手に入れました。こういう話はどんどん増えていくでしょうねぇ。

関連記事:イケハヤ、VALUで1,000万円を調達。


VAの流通と値付けのコントロールは、なかなか難しいものがあります。重要なのは「流動性の確保」「価格の安定」「長期的成長」ですかね……。

ぼくも試行錯誤しながらVAを放出しています。ここらへんはノウハウを掴んだら、また別途まとめます。

なお、VA公開の審査はかなり時間がかかります。有望な順に審査が降りていると思われます。評価経済社会……。


今後に期待!

興奮して語りましたが、なんせリリースされたばかり。

最悪、サービスが突然停止して消滅するリスクもあります。

あとは、法的に規制が入る可能性もあります。

ゆえに、大金を投資するのはやめておくのがベターです。まぁ、さすがにいないと思いますが……。

まだまだβ版だけあって、大きな仕様変更もありそうですね。

特に「株式分割」は早期に実装されるんじゃないかな……1VAの価格が今はちょっと高すぎて買いにくいので、発行VAを10倍くらいにして、価格を切り下げたいです。

「イケハヤVAは1,000円から買えますよ!」みたいな。トレードが活発になったらもっともっと面白くなりそう。


「株式公開による資金調達を民主化する」というのは、今後大きなテーマとして世界中で議論されていくことでしょう。後続となるサービスも、世界中に乱立していくはず

めんどうな規制とかが入る可能性もあるので、今のうちにたっぷり遊んで知見を蓄えておきますw

VALUを始めてみる


仮想通貨はほんと面白いです。投機目的で注目されてますが、もっともっと幅広い可能性があるんですよね。もっと買い増しておくか……。

関連記事【成績も公開】仮想通貨に145万円投資!「低リスク」な始め方を解説するよ。


オンラインサロンも作ったよ(6月限定)

「イケハヤメディアラボ」ではVALUについて生々しい話を語っております。一応6月限定です。

月額5,000円となりますが、こういう場はあんまりないのでその価値はあるかと。

スクリーンショット 2017 06 05 19 53 22

申し込みはこちらからどうぞ!

6月はVALU月間!イケハヤメディアラボに参加する


関連リソース。

理解を深めることができる記事をリストアップしていきます。

  • VALUというサービスを公開しましたうんこ漏らした中村さんによる説明)
  • 模擬株式の「VALU」で1日で6.5BTC(約200万円)調達しました(Umekiさんによる解説)
  • 話題の「VALU」はアーティストの資金調達手段となるか?(hirokiさんによる解説)
  • 「通貨」という概念がなくなる片鱗を新サービス「VALU」に見た(堀元さんによる解説)
  • 「BAT」や「VALU」などブロックチェーン使用の新サービスが持つ意味とは?(広瀬さんによる解説)

  • イノベーターたちの意見。

    頭がいい人たちの解釈を貼り付けておきます!


    ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    月額4,980円のアフィリエイト研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。