2017年に入ってから、ビットコインを始めとする仮想通貨にお金を投じています。

関連記事:仮想通貨への投資を始めよう。ぼくが実践する「低リスク」な始め方を解説。



アルトコインがバブリー。

仮想通貨といえば「ビットコイン」ですが、世界にはそれ以外の仮想通貨が、実は山ほどあるんです。

ネットで拾った画像。これぜんぶアルトコインです。実際にはもっともっとありますw

U5drFGTwka8cLs1efCBwV1nKNh86rX9 1680x8400

ビットコインはやや市場が安定してきましたが、各種のアルトコインは激しく乱高下しています。

リップルなんか、3ヶ月で100倍になってたりしますからね……。3ヶ月で100万円が1億に!めちゃくちゃです。

スクリーンショット 2017 05 19 13 47 50

ビットコインに関する解説書は増えてきましたが、アルトコインについてまとまったコンテンツって、あんまりないんです。

自分の勉強も兼ねて、「coincheck」で購入できるレベルの「主要なアルトコイン」について、ざっとまとめてみます。


元祖アルトコイン「イーサリアム(ETH)&イーサリアムクラシック(ETC)」

スクリーンショット 2017 05 19 15 49 16

まず、第二のビットコインとして最初に注目を集めたのが「イーサリアム」。発音的には「エセリウム」ですが、日本だと「イーサリアム」と呼ばれます。

イーサリアムの特徴は、ざっくりいうと「取引と同時に契約も記述できる」という感じ。「スマートコントラクト」とも言われます。

ビットポイントの解説より。

ビットコインの場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、イーサリアムの大きな特徴です。

いろいろな使い方が想定されますが、イーサリアムを使えば「1年間100万円相当のイーサリアムを貸すけど、来年になったら101万円にして返してね」ということを、取引のなかに記述することができます。

こうした取引は、従来なら金融機関や裁判所が仲介をしていたわけですが、イーサリアムなら直接的に当事者同士が契約を結ぶことができます。なので「スマートコントラクト(賢い契約)」と呼ばれるわけですね。

こちらはNRIの解説。

これまで金融業界は、制度を中心に中央機関や金融機関が取引参加者の信頼性を保証し、巨大なシステムの上で成立してきた。

金融は、契約や制度に基づいて確実に処理することが強く求められる世界であり、特に取引成立後、定められた手順で処理を行うポストトレードは、スマートコントラクトとの相性がよいと考えられる。

 今後、スマートコントラクトの技術の実用化が進むと、金融機関を介さないデジタル通貨による取引や、仲介者不在の自律型サービスが増加し、金融機関や通貨の役割、金融サービスの範囲も変わっていく可能性がある。

スマートコントラクトがもたらす金融サービスの変化|2016年11月号|金融ITフォーカス|刊行物|NRI Financial Solutions

こうしたスマートコントラクトを実現するために使われる仮想通貨が「イーサ」です。

他の通貨にもいえるんですが、厳密にいうと「イーサリアム」はあくまで「プラットフォーム技術の名前」です

仮想通貨を名指しするときは、「イーサリアム(ETH)」と表現するとわかりやすいです。イーサリアムの上でETHが動いていく……というイメージですね。

で、イーサは発展の途中で、セキュリティを高めるために大きな仕様変更を経験しています。仮想通貨の世界では、こうした仕様変更を「ハードフォーク」と呼びます。

ハードフォークの結果、イーサリアムは「イーサリアム(ETH)」と「イーサ クラシック(ETC)」に分離しました。現時点ではどちらの通貨も個別のものとして運営されており、coincheckなどを通して購入することが可能です。

スクリーンショット 2017 05 19 14 09 40

普通に考えればハードフォーク後の「イーサリアム(ETH)」が支持されそうなものですが、現実にはそうなっていません。

ETHとETCが今後どうなっていくかというのは、イーサリアムが内在する特有のリスク要因といえるでしょう。ちなみにぼくは、新しい方のETHを買っています。


超バブリーな「リップル(XRP)」。

2017年に入って急速に注目を集めたのが「リップル」。

3ヶ月で約100倍になるなど、ちょっとクレイジーなバブルを経験しています。これからどうなっていくかは……誰にもわかりません。ぼくは20万円分くらい買いました(1XRP=40円)。

「リップル」の特徴は「国際送金」に使われるプラットフォームだ、ということ。

リップルが開発している技術を使えば、国際間でお金をやり取りするコストを大幅に削減することができます。

世界中のお金のやり取りに、リップルの技術が使われるかもしれない。ものすごいスケール感の話ですよね。すでに全世界で実証実験が始まっており、日に日に注目度は高まっています。


ややこしいのは、リップルもまた「技術の名前」なんですよ。通貨の方は「リップルコイン(XRP)」と表現します。

現状不透明なのは、通貨としての「リップルコイン」が、果たして技術としての「リップル」とともに発展していくのか……という点。

現状の理解としては、技術としてのリップルは有望だけど、そこで使われる「予定」のコインは、まだどうなるかぜんっぜんわからないんです。最悪のケース、XRPは無価値になることすら想定されています。

今は完全にバブルなので、扱い方は完全に自己責任で。

かくいうぼくは、どこかのタイミングでビットコインか、他のアルトコインに変える予定です。ちょっとXRPは過大評価されすぎじゃないかなぁ。


日本企業も関わる「ネム(XEM)」。

スクリーンショット 2017 05 19 14 38 40

もひとつ注目されている仮想通貨「XEM」。

こちらはざっくりと「ビットコインの改良版」と考えておけばいいでしょう。NEMのサイトから引用します。

NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。これによって(ビットコインやイーサリアムと違って)、NEMは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。

マイニングにおいて(ビットコインやイーサリアムのマイニングと違って)、ネットワークの維持のための膨大な電力を必要としません。シンプルで安価な、例えばラズベリーパイのようなコンピュータでも、NEMのノードとして実装することができます。

(略)NEMはさらにセキュリティも優れています。EigenTrust++というノードの重要性の決めるためのアルゴリズムを採用しており、それがネットワークのセキュリティを大幅に強くしています。これは他の暗号通貨にはないユニークな特徴です。

技術的な応用可能性が高く、日本でも「Zaif」を運営するテックビューロがNEMとの互換性を保った、プライベートブロックチェーンの「Mijin」を開発しています。

Mijinは、そのデータ構造自体や設定項目などを含む多くの部分を、テックビューロにて全く新しい下位互換のソフトウェアとして再構築したものですが、NEMとのAPIの互換性は高く保たれています。これによりMijinのチェーンはプライベートビジネスにおけるニーズに特化することが可能です。
このような形で、共通のAPIとしての設計を保つだけではなく、テックビューロの商業対としての立ち位置と、オープンソースプロジェクトとして存在するNEMコミュニティとを統合した新たなエコシステムを実現するために、テックビューロとNEMは協力しながら双方の製品開発に携わっています。

ネム周辺の開発コミュニティには日本人ががっつり関わっており、その点も特徴ですね。購入は「Zaif」と「coincheck」が対応しています。ぼくはけっこう期待しているので、XEMに積立投資中。

関連記事:【仮想通貨】月10万円で遊ぶ。「ネム(XEM)」への積立投資を始めたよ。


公証をブロックチェーン化する「Factom」。

スクリーンショット 2017 05 19 15 38 14

こちらも今後の発展が期待できる技術です。coincheckがわかりやすいので引用。

ファクトムは、貸付記録や証券、保険等、あらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することを可能にします。

Fact(事実)という語源から来ている通り、例えば登記簿登記や印鑑証明など、特定の事実を証明する公証のような役割を期待されています

大量の記録やデータを中央データベースで管理することは、管理に問題があり、多額の罰金を支払わなければならなくなった例もあるほど、大きなリスクと手間がかかります。

ファクトムを利用することで、世界中に分散されたコンピュータによる安全且つ透明性の高い状態での保存記録が可能になります。

ファクトムがブロックチェーンに記録するのは書類やデータのハッシュのみなので、個人情報や機密データが漏洩することはありません。様々な記録や証明を、大量に、安く、そして機密を保護しつつ記録できるというメリットがあります。

ファクトムの仕組みを利用するときには、仮想通貨である「factoid」の支払いが求められます。この仮想通貨はすでに販売されており、やはり「coincheck」などで購入できます。

技術としてのファクトムが世界中で使われるようになれば、factoidの価値も今より高まるはず……。ぼくも10万円分くらい買ってます。


予測市場のための「Augur(オーガー)」

主要な仮想通貨のなかでもっとも技術的にワクワクするのが、この「オーガー」。

オーガーは「予測市場」をターゲットにして技術です。「ビットコイン研究所」のブログより。

予測市場というのは、簡単にいうと、未来におこる出来事にたいして、お金を賭け、実際に起きた結果を言い当てたほうがお金を得るというギャンブルの一種だ。

たとえば、「次のアメリカ大統領選挙でどちらの候補が勝つか?」「ワールドカップでどこの国が優勝するか?」

といった社会やスポーツイベントなどの予測が典型的なものだ。

Augurが目指すものは、こうした未来の出来事にたいして、賭けを通した集合知による予測を行い、実際の事実を認定するという、分散型のプロトコルである。

Augurのソフトウェアは、オッズを算出し、賭け金を預かり、事実を認定し、配当まで行うが、そこには、特定の胴元が存在せず、分散型のソフトウェアが、これらをすべて自動で実行する。

ウルトラスーパー面白くないですか、これ。

直近では「保険」「デリバティブ」なんてところに活用されていくことが期待されています。

Augurの仕組みを使えば誰でも「予測市場(賭け事)」を作ることができるそうで。

たとえば「イケハヤの1年後の収入が5,000万を超えているかどうか」を予測しあう賭け事なんかを作ることができるわけですね。

こうした「予測市場のオープン化&分散化」はぼくらの経済、社会を大きく変えると思います。個人の資金調達の選択肢として、予測市場を使うのはありなんじゃないかなぁ……。

で、Augur上の「賭け事」で使われる仮想通貨が「REP」です。技術開発に投資するつもりで、ぼくもREPを買っています。国内だと「coincheck」が対応してますね。


匿名性の高い仮想通貨「Monero」。

なんともダークな匂いがするのが「Monero(XMR)」。

仮想通貨は基本的に、匿名性は高くないんです。

しばしば「ビットコインは匿名性が高いから悪用される」みたいに言われることもありますが、あれはむしろ逆です。「どんな取引がいつなされたか」はすべて記録されているので、辿ろうと思えば辿れてしまうのですよ。

で、Moneroはそうした問題?を解決しようとしているわけです。Moneroを使って送金をすれば、その取引を秘匿することができるそうで……。

悪い人たちにとってはうってつけの仮想通貨、ということですね。個人的にはピンとこないので、これにお金を突っ込むことはないと思います。何か他に使い道があるのかな……?


同じく匿名性の高さが売りの「DASH」。

良くも悪くも?匿名性の高さを求める人たちは多いのでしょう。「DASH」というコインも、やはり匿名性の高さを追求したものとなっています。

DASHが買えるcoincheckのウェブサイトより。

ダッシュの特徴は、CoinJoin(コインジョイン)という「取引のプール」の考えを利用し、Darksendと呼ばれる匿名性の高いトランザクション形式を採用していること。

例えば、A→Bに5DRK、A→Cに5DRK、D→Eに5DRK という取引があったとします。 このとき送信された計15DRKは、いったんプールFに貯められ、そしてB,C,D,Eに5DRKがそれぞれ送信されます。

これにより、ブロックチェーンを参照しても送信元がどこなのか不明瞭になり、匿名性を高められます。ビットコインは取引が公開されますが、 ダッシュは送金の追跡が不可能です。

まぁ、これも特にワクワクはしないかな……。買うことはないと思います。


他にもいろいろ。

他にも「Litecoin(LTR)」「Steller(STR)」「Dogecoin(DOGE)」「BitShares(BTS)」「CLAM」「MaidSafeCoin(MAID)」などなどのコインが流通しています。

仮想通貨の時価総額は日々変動しており、こちらのサイトからチェックできます。新しいコインもどんどん出てくるので、1年経ったらまったく違う状況になっていそう……。

スクリーンショット 2017 05 19 15 27 06

ぼくの投資判断基準のひとつは「ワクワクするか」という点ですね〜。

今持っているなかでは、やっぱり「オーガー」のビジョンが大好きです。価値が上がるかどうかは、10年後のお楽しみに。

今後も面白いコインが出てくるでしょうし、いろいろ買ってみようと思います。


怪しげなコインには注意。

ただし!

世の中には悪い人たちがいるので、詐欺的なコインもけっこう出回っていると思われます

リップルのバブルがあったので、今ごろ東京のルノワールでは詐欺師が跋扈しているのでしょう……。

ちなみに最近だと「ノアコイン」という怪しいフィリピン産?のコインが話題になっています。フィリピン大使館も注意を呼びかけていますね

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません

中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。

こういう話はまだまだ出てきそうですね……。怖い怖い。

Poloniex」「coincheck」といったそれなりの規模の取引所で買えるアルトコインに関しては、さすがに「そもそも開発すらされていなかった」みたいな話はないと思われます。


仮想通貨の未来は不透明。

投資対象としてみると、ビットコインもアルトコインもあまりにリスキーですね……。

そもそも法的に保護されていないので、取引所が破綻したりすると価値がゼロになることもありますし。

これから購入する人については「仮想通貨はあくまで遊び」という程度に留めることを、強く強くおすすめします。ぼくもそれなりに買ってますが、あくまで投資資金の10%程度に留めています。


ぼくの考え方はこちらでもまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事:仮想通貨への投資を始めよう。ぼくが実践する「低リスク」な始め方を解説。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。