クラウドバンクへの投資を始めて、そろそろ半年。かなり突っ込んでいるのでレビューをします。


業界3位のソーシャルレンディング。

スクリーンショット 2017 05 10 15 54 06

「クラウドバンク」は累計応募額、国内第3位のソーシャルレンディング業者。

すでに100億円以上の資金を集め、3.5億円以上を償還しています。

これまでの実績も良好で、貸倒れは発生していません(2017年5月時点)。利回りは割りとマイルドで5.0〜6.5%程度の案件が中心です。

スクリーンショット 2017 05 10 15 55 41

もっと利回りが高い案件を探しているなら、新興国投資に特化した「クラウドクレジット」あたりが選択肢になります。リターンが高いということはリスクも高いので、その点は注意しましょう。


スポンサードリンク


特徴1. 新エネ案件に強い。

業者としての特徴は……。

まず「大手の中では、新エネルギー系の案件に強い」という点。

業界最大手の「maneo」、第2位の「SBIソーシャルレンディング」はあんまり新エネ案件がないんです。

不動産投資が人気ですが、バブル崩壊が怖いじゃないですか。それもあって、ぼくはクラウドバンクの新エネ系の案件にお金を突っ込んでます。大半が新エネですね。

スクリーンショット 2017 05 10 15 58 31

ソーラーだけでなく、バイオマス、風力なんてジャンルの募集もあります。バイオマスはぜひとも盛り上げていきたいテーマなので、社会的意義を感じつつ投資できています。


特徴2. 短期の案件が多い。

スクリーンショット 2017 05 10 16 00 12

傾向としては、比較的短期で償還される案件が多いですね。短いと2ヶ月で償還される案件なんかもあったり。ぼくは半年〜1年程度のファンドに投資しています。

償還期間が短いと資産運用の効率は落ちるのですが、そのぶんリスクを分散させることができます。

「100万円を、24ヶ月後に償還される、1つのファンドに突っ込む」よりも「10万円を小分けにして、半年で償還される、10個のファンドに突っ込む」方が、万が一のときに資産が守られる可能性が高まりますよね。

ソーシャルレンディング自体、大きな不況がきたときにどうなるかよくわからないので、なるべく「短期・分散投資」を心がけています。その意味で、比較的短い期間の案件が多いクラウドバンクは使い勝手がいいのです。


特徴3. 使い勝手がいい。

ソーシャルレンディング系のサービスは、なぜかデザインがいまいちなところが多いんです……。

クラウドクレジットとかコンセプトは好きなんですが、デザインが使いにくくて敬遠してしまいます……。SBIソーシャルレンディングもひどいですねw 読みにくいしわかりにくい!

スクリーンショット 2017 05 10 16 05 12

その点クラウドバンクは、管理画面も募集画面もわかりやすく、迷わせることがありません。

これから初めてソーシャルレンディングに取り組むなら、クラウドバンクで始めておくのがベターでしょう。


実際の成績を公開。

ここからは生データ。論より証拠、ぼくは730万円の元本で運用しています

以下分配金の実績です。730万円を突っ込むと、こんな感じの収益が得られます。

  • 2017年1月:元本80万円で運用開始
  • 2017年2月:元本を150万円追加
  • 2017年3月:元本を500万円追加、1,786円支払
  • 2017年4月:7,944円支払い
  • 2017年5月:21,454円支払い
  • 2017年6月:30,185円支払い
  • 2017年7月:31,831円支払い
  • 2017年8月:23,977円支払い
  • 2017年9月:28,115円支払い
  • 2017年10月:22,168円支払い
  • 2017年11月:16,225円支払い
  • 累計分配金:183,715円

ちなみに、得られた分配金はすべて再投資しています。こうすれば「複利」で増えていきますからね。そもそも引き出しても使い道ないですし……。


ソーシャルレンディングについては、他の業者にもお金を投じています。以下の記事ですべてパフォーマンス開示しているので、参考にどうぞ。

関連記事:【実録クチコミ】ソーシャルレンディングのおすすめサービスを比較するよ。


たくさん突っ込んで思いますが、仮想通貨とかに比べると、ほんとマイルドだよなぁ……という感じ。

正直なところ、ソーシャルレンディングだけだと「やることがなさすぎてつまらない」ですねw 本業があるならそのくらいが理想ではありますが。

ぼくはもう少しリスク取りたいし遊びたいので、総資金の10%を目安に仮想通貨に突っ込んでます。こっちはほんとにゼロになる可能性があるので注意。

関連記事:仮想通貨への投資を始めよう。ぼくが実践する「低リスク」な始め方を解説。


他の資産運用の手段としては「確定拠出年金」「ロボアドバイザー」を活用しています。もろもろ解説しているので、こちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事:1,000万円で資産運用を始めたので、投資先を公開。


スポンサードリンク


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。