こういうところで、微妙なストレスが減ります。


鉄フライパン、ずっと使えます。

高知に来るまでは、盲目的に「テフロンフライパン」を使っていたんですよ。くっつかないやつ。

でも、あれって空焚きすると有毒ガスが出るし、何よりすぐ使えなくなってゴミになるんですよね……。

関連記事:意外と知らない「焦げ付かない鍋・フライパン(テフロン加工)」の有害性

金属ゴミの日に捨てるのもストレスなので、ずっと使えるフライパンはないかなー、と思っていました。

で、たどり着いたのが「鉄フライパン」。

鉄フライパンは10年以上普通に持つらしいじゃないですか。実際、うちの「極」は3年半使ってますが、まったく問題ありません。


鉄フライパンって、最初はかなり苦戦するんですよ。Amazonレビューでも「焦げ付く」という声がありますね。

ここでの評価が高かったので購入しました。

使い始めて1年くらいですが毎回焦げ付きます。

洗うのが面倒なので、前使ってた普通のフライパンのほうがよかったです。

簡単な調理を頻繁にしたい人にはお勧めできません。

これは恐らく慣れの問題で、「使うときは油を多めに入れて、不要な油はオイルポットに戻す」ということを繰り返していけば、次第に焦げ付かなくなっていきます。

鉄フライパンは洗うのも簡単で、たわしでゴッシゴシ洗えばそれでOK。わが家は洗剤も使ってません。3年以上このスタイルなので、まぁ問題はないのでしょう。

IMG 0706

片付けが苦手な人は、捨てなくていいものを買おう。

鉄フライパンが本質的に優れているのは「捨てる必要がない」ということだと思っています。テフロンフライパンって下手すると半年くらいでダメになりますからねぇ……。

そうしてゴミが溜まり、「捨てなきゃ」というストレスを抱え、ゴミの日を逃し、部屋が混雑していくわけですよ。これはフライパンに限らない話ですね。

鉄フライパンに変えれば「フライパンを捨てる」という行為から解放されます。ついでに節約にもなります。小さい話のようですが、こういう積み重ねで生活はスムーズになっていくのですよ。


それもあって、ぼくは最近「ステンレスマグカップ」を使うようになりました。

沖縄でいいマグカップ買ったんですが、案の定3ヶ月で割ったんですよね。えぇ、わかってました。陶器は持つべきじゃないですね。

ステンレスマグカップに変えたので、今後は「お気に入りのカップを割ってしまった」という後悔をすることはありません。さすがのぼくも、ステンレスは割らないでしょう。買い換える必要もないので、10年はマグカップに無頓着でいられます。やったね!


そういう観点で部屋を見渡してみると、「捨てなくてはいけないもの」がけっこう溢れていたりします。

「捨てる」という行為はそれ自体がストレスです。片付けが苦手な人は、なるべく捨てなくていいものを揃えるべきです。引きつづき点検して、生活をスリム化させて参ります。


片付け論をまとめてます。こちらもどうぞ!

関連記事:片付けられない人の特徴と改善策。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。