この分野どうなっていくんでしょうね〜!楽しみなサービスです。


クラウドファンディングはいろいろあるよ。

すでにこのブログをお読みの方については、「クラウドファンディング」については説明は不要でしょう。ざっくりいえば「みんなからネットでお金を集める仕組み」です。

で、そんなクラウドファンディングにはいくつかの類型があります。

現在主流なのは「購入型」といわれるクラウドファンディング。

これからこんな商品を作るんだけど、開発資金足りないからみんなお金をくれ!できたら送るよ!」みたいな感じで行われます。

日本だと「まごちゃんねる」とかが良い事例ですね。

スクリーンショット 2017 04 24 8 53 28

もう一つは「寄付型」クラウドファンディング。

こちらはその名の通り「寄付」なので、わかりやすいリターンは用意されません。その代わり、募集団体によっては税額控除を受けることができたりします。Readyforが特化サイトを作っているので、ここを見るとイメージがつかめます。

スクリーンショット 2017 04 24 8 55 46

まだあります。「融資型」と言われるクラウドファンディングも盛り上がっています。

こちらは別名「ソーシャルレンディング」。うちのサイトでもたくさん紹介しております。

融資型のクラウドファンディングにおいては、出資額に応じて「利息」収入を得ることができます。金融商品としての性格が非常に強いということですね。

年利は5%〜10%程度なので、リターンはなかなか。ぼくは900万円くらいソーシャルレンディングに突っ込んでいたりします。最大手は「maneo」、次点で「SBIソーシャルレンディング」「クラウドバンク」なんてプレーヤーががんばってます。Campfireも参入予定だとか……。

関連記事:【実録クチコミ】ソーシャルレンディングのおすすめサービスを比較するよ。


株式投資型クラウドファンディングが日本でスタート。

About fundinno 06abe3d09dc1e16d78a6fc4305fd90408648dcb4b2c13366fd75c18d4ce917a6

んで、日本にまだ来ていなかった「株式投資型」のクラウドファンディングが、このたびスタートいたしました。

プレーヤーは「FUNDINNO」。運営しているのは株式会社日本クラウドキャピタルというベンチャー企業です。

株式投資型は、言ってみれば「誰でもエンジェル投資家になることができる」サービスです。

上場前の有望なベンチャー企業に、少額から(最大年間50万円)出資ができ、Exit時のリターンを期待することができるわけですね。

商品としてはハイリスク・ハイリターンで、上級者向け。購入した株式は自由に売却することができないので、最悪、無価値な株式を保有しつづける羽目になることもありえます。

動画もあるのでこちらもどうぞ。


第一号案件は……。

すでに募集が終わってしまっていますが、第一号案件も掲載されています。89人の投資家から、1,500万円を集めて終了!

スクリーンショット 2017 04 24 9 08 20

なかなか面白そうな会社で、大規模な会社向けの請求書管理システムを作っています。すでに締め切っておりますが、10万円くらい投資してもいいな……と思いました。


これからどうなるか。

株式投資型のクラウドファンディングは、事業領域としてはかなりチャレンジング。

そもそも有望なベンチャー企業を集めること自体が難しいわけで、出資にあたっては、投資家も相応のリスクを負うことになります。

各種法的ルールも厳しい……というか発展途上なので、これからどうなるかは未知の領域。なんせ日本初ですからねぇ……。

今後の募集案件に期待したいところです!登録は無料でできるので、関心がある方はぜひ。この分野も盛り上がっていきそうですね〜。

FUNDINNOに登録する


株式投資型クラウドファンディングは、それなりにハイリスク・ハイリターンです。これから始める人はもう少しマイルドにやっていくべし。入門記事も書いてますので、こちらも合わせてどうぞ。

関連記事100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。