最近注目している「ロボアドバイザー」。有力プレーヤーの「ウェルスナビ」を利用しているので、詳しくレビューしていこうと思います!


「積立投資」ができるロボアドバイザーサービス。

スクリーンショット 2017 04 17 9 27 06

いきなりですが、「ウェルスナビ」の特徴は3点。

  • 人工知能が、全自動でポートフォリオを最適化してくれる(一般的な投信と違い、商品を選ぶ必要がない)
  • 手数料体系が「年率1%」とシンプルでわかりやすい
  • 長期的な視野に立った「積立投資」に対応している

人工知能が勝手に商品を選んで運用してくれるという意味で、「忙しいビジネスパーソン」や「資産運用をこれから始める初心者」にうってつけのサービスといえます。

加えて、20〜30年スパンでじわじわ資産を増やしていく「積立投資」にも対応しています。

ぼくは毎月3万円、ウェルスナビに積み立てています。相場に一喜一憂しないで済むので、本業があるビジネスパーソンにはおすすめの投資スタイルですね。解説記事書いてあるので、合わせてどうぞ。

関連記事【解説】若者世代におすすめの資産形成術「積立投資」について語ろう。

競合サービスには「THEO」があります。投資条件は似ていますが、あちらのほうが初期投資額が少なくて済みますね。予算がない方はTHEOをお試しあれ。


「年率1%」は「めっちゃ安い!」と絶賛できる数字ではありませんが、下がっていくのは時間の問題でしょう。逆にいうと、この手数料水準を高いと思うのならロボアドバイザーはおすすめできません。

「ロボアドバイザー」は今後スタンダードになっていくと思われるジャンルで、すでに各業者が百花繚乱状態でサービスをリリース中。以下の記事で一通り紹介しているので、気になる方はこっちも合わせてどうぞ!

関連記事【利回り公開】ロボアドバイザー投資のおすすめサービスを比較するよ。


リスク、デメリットは?

始めるにあたって気になるのは「リスク」ですよね。

金融商品なので、元本割れのリスクはもちろんあります。実際の画面を見せると……投資をスタートして3ヶ月目の時点でマイナスだったりします。

スクリーンショット 2017 04 17 9 34 07

107万円が104.5万円になってしまっているので、けっこうなマイナスといえばマイナスかも……。

ですが、そもそもウェルスナビは「長期投資」が前提です。

なので、数ヶ月、ましてや1〜2年で判断はできないんです。このまま世界経済が成長していけば、長い目で見ればプラスに転じる可能性が高いのです。

こちらはウェルスナビのシミュレーション結果から。「リーマンショックの直前」に「初期投資100万円+毎月3万円の積立」をしていると、現時点でこのような収益になっているそうで。だいぶ増えてますね!

2924db5c

ここで注目したいのは、2009年〜2012年までは元本割れを起こしている、という点。3年なのでけっこう長いです。

2b4a07b3

ウェルスナビを始めるときは「景気後退期には、最悪5年程度は元本割れが続くが、それでも積立を続けなくてはならない」というリスクがあることを、よく理解してから始めましょう。

もちろん機能的には、積立(元本の追加)を途中でやめることも可能です。

が、長期投資は景気が落ち込んでいるときこそ「買うチャンス」と捉えるので、そこで積立をやめるのは賢い選択とはいえない可能性があるんですよねぇ……。実際、リーマンショックですら今は回復して、上のグラフのようにプラスに転じているわけです。


「新興の業者だから、万が一何かあったときのことが心配……」という不安については、こんなQ&Aが用意されていました。

WealthNaviに、もしものことがあった場合、預けた資産は守られますか?

WealthNaviにもしものことがあってもお客様の資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています。現金は全て三井住友銀行の信託口座にて保管され、ETFは米国の保管機関(DTC)にて分別管理されています。

まぁ、ここら辺の不安については「余剰資金を投資する」「業者を信頼する」「一つの業者に大金を預けない(分散投資をする)」というアプローチしかない気がします。

もちろん「ウェルスナビ」は信頼に足る業者だとぼくは思っているので、お金を預けているし、ここでも紹介しております。大手のベンチャーキャピタルも投資しているので、こういうところも安心感につながりますね。

スクリーンショット 2017 04 17 9 55 04

あと、これはリスクではないですが、上でも書いたとおり「年率1%」という手数料は決して安いとはいえません。自分で投資商品を選べば手数料を下げることができるので、特に高額の資産(1,000万円〜)を運用する場合は別の選択肢も検討すべきでしょう

ぼくのように100万程度の運用額ならそこまで気にしないでいいと思います。使い勝手を考えると、むしろコスパはいいと感じています。


実際にやってみて思うこと。

ここの記述は随時アップデートしていきます。

2017年6月時点で、運用歴は5ヶ月。まだまだ何も言えないレベルですが、現時点での満足度は高いです。運用していて、特段の問題は感じません。

シンプルな使い勝手がすばらしいですね〜。他のサービスはけっこうメタメタだったりするので……。

成績的には「マイナスとプラスを行ったり来たり……」という感じです。長期投資なので、変動を逐一気にしないで済むのもいいですね。

さすがベンチャー企業だけあって、サービス開発、他社との連携のスピードが早いのが楽しいです。2017年春には「お釣りで投資」サービスもリリース予定。これ面白いですよねー。

スクリーンショット 2017 04 17 10 12 59

強いていえば、「コラム」の部分をもう少し力入れてくれると面白いし、勉強になるかなと思いますかね……。今は更新頻度がかな〜り低いので。せっかくプロが集っているんですから、専門的な話も記事してくれると楽しいです。

運用成績メモ。

ついでに実際のパフォーマンスもメモ的に残しておきます。

  • 2017年1月:1,006,054円(+0.6%)
  • 2017年2月:1,028,048円(+1.79%)
  • 2017年3月:1,042,125円(+0.20%)
  • 2017年4月:1,086,552円(+0.15%)
  • 2017年5月:1,099,216円(+2.73%)
  • 2017年6月:1,163,823円(+2.99%)
  • 2017年7月:1,185,468円(+4.91%)
  • 2017年8月:1,233,357円(+4.52%)
  • 2017年9月:1,301,561円(+2.78%)
  • 2017年10月:1,383,180円(+8.06%)

運用のポイントまとめ。

利用してみて気づいたことをまとめます。

  • 長期投資なので、一喜一憂することはNG
  • 自分の資金の性格に応じて、リスク許容度を調整すべし(ぼくは4/5とハイリスク志向)
  • 大きく相場が下落した局面でどう振る舞えるか。ぼくは「買い増し」できるだけの余裕を残しています
  • ロボアドバイザーはまだまだ増え、サービスも改善されていくと思われるので、競合サービスにも注目しておく
  • キャンペーンがけっこうお得なので、乗れるときは乗っておくべし

なんせ、まだまだ黎明期なんですよねぇ。10年後にはロボアド形式がスタンダードになるんでしょうけれど……。

とりあえず、手数料競争が発生するレベルまで市場が成熟してくるといいなぁ、とユーザーとしては感じております。


ウェルスナビを始める


関連記事。

こちらの記事もどうぞ。現在はメインとして「ソーシャルレンディング」に張っています。こっちの方が動きがあるんで楽しいですねー。

  • 100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。
  • 【実績公開】ソーシャルレンディングのおすすめサービスを比較するよ。
  • 「お金の不安」を解消するために、今日からあなたができること。
  • 節税効果抜群!「確定拠出年金」のメリット、始め方をあらためて解説。

  • 「確定拠出年金+ソーシャルレンディング+積立ロボアド+仮想通貨)」というのが、ぼくの運用方針。みなさんも自分なりのやり方を見つけてみてください。資産運用って、楽しいですよ!


    ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    月額4,980円のアフィリエイト研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。