先日書いた話を、ちょっと切り出して語っておきます。


妻がいないときは。

ぼくは最近反省をいたしまして、妻にどんどん外に出てもらうことを決意しました。

そう強制したわけじゃないんですが、子育てに専念してくれていたので、ずっと家にこもり切りだったんですよねぇ。子どもを生むと、女性はどうしても家に閉じこもってしまいがちな気がします……。

そんなわけで、妻にはどんどん外に出てもらっています。子どもの面倒はぼくが見る!

今月も飛行機に乗って、遠くで勉強をしてくるそうな。いいことですな!マイルも貯まるし!

さて、妻がいないときの過ごし方にも、ポイントがあるんですよ。男性諸君、わかりますか。

簡単なことです。

こどもと一緒に楽しんでいる様子を、遠くにいる妻に写真で送る」のです。

当たり前ですが、お父さんは、お母さんにはなれないんですよ。

だから、お母さんの代わりをする必要なんてないんです。

料理ができない、掃除ができない、おままごとに付き合えない……それでもいいじゃないですか。お父さんができることをやりましょう。


わが家の場合は、妻がいないときは「旅行」を楽しむことにしています

いやー、ぼく家で料理するの嫌いなんですよ……。自分で作るの疲れるし、外でご飯食べたいじゃないですか。こどもは宿泊代も安いので、コスパがいいんです。クルマに乗ってれば静かですしね。

そんなわけで、先日は「マイントピア別子」に行ってきました。全力で楽しそうな娘たち!

スクリーンショット 2017 03 15 14 48 14

こういう写真を遠くの妻に送ると、安心してもらえるんです。ともすると「子どもたちを任せて大丈夫かな……申し訳ない……」という軽い罪悪感にとらわれていたりするので、全力で楽しんでいる様子を送りましょう。

ゲーセンもよく行きます。ぼくが好きなんですよ、ゲーセン。

IMG 8361

そう、もうひとつのポイントは「自分も楽しいことをする」ことです。

ゲーセンが好きなら、子どもたちとゲーセンに行きましょう。競馬が好きなら、こども連れで競馬場に行ってもいいでしょう。ぼくは地酒飲むのが好きなので、遠出して現地の酒を飲みにいってます。

「お父さんの趣味に付き合ってもらう」のも、こどもにとってはいい体験になるんです。変にこどもに合わせる必要はありませんよ。楽しめればいいんですから!


「夫も家事をこなすべき」?

こういう話を書くと、どこからともなく「妻を見習って、夫も家事をこなすべきだ!旅行なんか行くな!」みたいなツイートがやってきたりするんですが、それが間違ってると思うんですよね〜。

夫だろうが、妻だろうが、できないものはできません。苦手なことを、無理してがんばる必要もありません。それは仕事と一緒ですね。

家事が苦手なら、「CaSy」あたりで代行してもらえばいいんじゃないですかね。高知の山奥じゃ使えないけど……。


「親だから」といって、自分を押さえつける必要はないのです。

むしろこどもには「大人はこんなに楽しいんだぞ」という姿を見せてあげようじゃないですか。

不機嫌に家事をこなして「ママがいないとダメだ……お前ら!!早く寝ろ!!」みたいなパパになるより、何千倍もいい影響がありますよ。


さて、今月末はどうやって過ごそうかな〜。愛媛で海鮮と地酒を、香川でうどんと骨付鳥とビールを楽しむコースかな……。


21世紀の家族論。

結婚すること、家族のあり方について、いろいろ書いてます。

  • 結婚を考えている女性のみなさん。相手の「年収」よりも「生産性」を見るべきですよ。
  • 短時間でサクッと高収入。家に帰って妻の成長をサポート。これが21世紀の「かっこいい夫」のイメージだ。
  • 父親になったあなたが、妻と子どものためにすべき7つのこと。
  • 結婚と子育ての最大のメリットは「孤独になれる」こと。

  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    月額4,980円のアフィリエイト研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。