スクリーンショット 2017 03 12 17 51 01

どんどん制度が複雑になっているような……勉強しないと損をする時代ですなぁ。


「積立NISA」が始まります。

各種報道によれば、だいぶ骨子がまとまってきたようで。

ざっと制度の概要をまとめると……。

  • 2018年1月から「積立NISA」がスタート。
  • 少額の投資から得られる利益を、非課税にする制度「NISA」がアップデート。
  • 「年間40万円」まで投資ができて、そこから得られる収益は非課税になる。
  • 「確定拠出年金」と違い、いつでも自分の意志で売却、引き出しができる。
  • 非課税期間は「20年」。現状は時限措置のため、投資可能期間は2037年まで。
  • 現行NISAとの併用はできない。将来は積立NISAに一本化される予定……だとか。
  • 積立投資に適した金融商品以外は購入できない。
  • アクティブ型では「さわかみファンド」「ひふみ投信」「セゾン資産形成の達人ファンド」など5本が対応すると見られる(報道)。
  • 金融庁長官が「積立NISAに見合った商品の強化」を要請(報道)。

という感じ。ちんぷんかんぷん……の人も多いと思うので、最大限わかりやすく解説していきます。


日本「少額の投資なら、収益を非課税にしてやんよ」

そもそも「NISA」ってなんだろう?という話から始めましょう。

NISAは「少額投資非課税制度」。その名の通り、「少額の投資なら、そこから得た利益は非課税にしてやんよ(by 日本国)」という感じの制度です。

投資に対する課税は、通常「20%」の税率となっています。10,000円儲かったら、2,000円持って行かれます。

たとえばこちらは「クラウドバンク」の分配画面。2,239円の分配金に対し、453円の源泉徴収税がかかってますね。NISA口座で資産運用すれば、こうした税金がかからないのです。運用額が大きいと、かなりの節税メリットになります。

スクリーンショット 2017 03 12 10 13 06

国策として「投資しようぜ」という流れが動き出しているわけですね。

この背景にあるのは「貯蓄から投資へ」の流れ。

銀行に預けても死に金にしかならず、経済は盛り上がりません。一方で年金制度は改悪が予想され、若い世代は「老後資金」を自力でまかなう必要性に追いやられていきます。

国としては「20%かそこらの税金は免除してやっから、お前らどんどん投資をして経済を盛り上げて、ついでに老後資金も貯めとけや!」というスタンスなわけですね。


「NISA」はすでに利用可能な制度ですが、ちょっと使い勝手が悪いんですよ。制度自体もかなりわかりにくい。

それもあって、いまいち使われていないのが現状です。

ぼくも検討していたのですが、いろいろ考えた末に「NISAはまだいいかな」と判断しておりました。


NISAが大幅アップデート。

さすがに国も「これじゃダメだ」と思ったのか、2018年1月からNISAが大幅にアップデートされます

具体的にいえば「積立投資」にフォーカスした新制度がリリースされます。積立メインのNISAなので「積立NISA」と呼ばれています。


今後、NISAは「積立」が主流になっていくと思われます。

なので、そこまでシビアに資産運用しない人(これから資産運用を始める若者世代とか)は、現行NISAについては知らなくても大丈夫だと思います。現行NISAはとりあえず「2023年まで」の制度ですし。

細かいことをいうと、2023年までは現行NISAが有利みたいな話もあったりします。リテラシー高めの人は現行NISAにこだわるのもありです。

参考:税制改正で積立NISA新設に隠れて現行の含み益無制限繰り越し可能は大きなメリット!


「積立NISA」を理解するためには、まずは「積立投資」を理解する必要があります。

解説記事書いておいて申し訳ないのですが、これは勉強してもらわないと、話が進みません。

こちらに別の解説記事をアップしてあるので、ざっと読んでみてください。

関連記事【解説】若者世代におすすめの資産形成術「積立投資」について語ろう。


積立投資は「相場の変動に強い、忙しいビジネスパーソン向けの長期投資」のスタイルです。

ぼくもやってますが、10年スパンで考える投資法なので気が楽なんですよ。元本割れを起こしていても、「そのうち回復するからいいか」と大きく構えることができます。


んで、積立NISAは「年間40万円」までの投資が可能になるようです。

月額に直すと約3.3万円の積立

これを最大で20年間、合計800万円の元本を突っ込むことができます。

毎月3.3万円を20年。これでいくらになるのか、気になりますよね?

楽天証券のシミュレーターを使うと……「年利3%」の運用で「約290万円」の収益が出るとのことでした。ほうほう。

スクリーンショット 2017 03 12 10 26 57

このシミュレーションは税金を考慮していないので、実際には約60万円の税金がかかります。

積立NISAなら、この60万円の税金が非課税になる……というイメージです。20年間で60万円の節税、1年あたり3万円の節税ですね。なかなかいい話。

がんばって「年利5%」の運用を実現できた場合は、20年間で560万円の収益となります。非課税分は112万円になるので、かなりお得感ありますね。

スクリーンショット 2017 03 12 10 29 46

確定拠出年金と違い、引き出しは自由。

「積立NISA」とちょっと似ている制度が「確定拠出年金」。

確定拠出年金は節税効果が抜群に高く、「運用益は非課税(NISAと同じ)」「掛け金は所得控除」「受取時も控除(公的年金と同じ)」という3つのメリットがあります。

特にメリットとして大きいのが、掛け金が所得控除される点。

ぼくは毎月27,000円を積み立ててますが、年間8〜9万円程度の節税効果が得られています。節税分だけで沖縄旅行にいけちゃいます!

C886cafb

ただし!確定拠出年金はその名の通り「年金」なので、自分で積み立てたお金とはいえ、自由に引き出すことはできません。これは大きなデメリットといえるでしょう。

一方で、積立NISAはいつでも自由に引き出しができます

が、確定拠出年金のような「掛け金の所得控除」「受け取り時の控除」はありません。

節税メリットを取るか、資金の流動性を取るか。「60歳まで引き出せない」のは大きなデメリットといえるので、なかなか難しいところがありますよねぇ……。資金の流動性は重要なので、予算次第ではあえて「積立NISA」だけで運用する、というのもありだと思います

ちなみにぼくは、確定拠出年金も積立NISAも、満額かける予定です。合わせて、毎月約6万円の積立ですね。

ウェルスナビでも毎月3万円、Zaifではビットコインを1万円積み立てているので、合計で10万円の積立投資を行う計算になります。

毎月これだけ原資を突っ込めば、複利効果で20年後にはだいぶ増えていることでしょう……ふふふ……。


どんな商品が買えるの?

積立NISAで購入可能な商品は、その名の通り積立投資に適した商品のみです。

すぐ買ってすぐ売る……という「投機性」が高いものはダメ、ということですね。

具体的にどんなファンドが買えるのか?ここはまだ議論の最中ですが、たとえば「ニッセイ外国株式インデックスファンド」「ニッセイ日経225インデックスファンド」とかは対象になるんでしょう。SBI証券でも人気の積立対応ファンドです。

スクリーンショット 2017 03 12 17 34 41

アクティブ型のファンドは厳選されると思われ、報道では「さわかみファンド」「ひふみ投信」などの名前が上がっています。ぼくは「ひふみ投信」で積み立てようかな……。

日本の投信の現状はいまいちなようで、金融庁長官も業界に商品開発を促しています。2018年までに良いファンドが揃うものなのだろうか……。

金融庁の森長官は10日、都内で行った講演で、この「積立NISA」を利用できる投資信託は、運用期間が無期限か20年以上であること。販売手数料が無料であること、それに運用益が毎月支払われる形ではないことなどが条件になることを説明しました。

そのうえで「国内で販売されているおよそ5400種類の投資信託のうち、この条件に合う商品は1%以下しかない。日本の投資信託の作り方はおかしいと思う」と述べ、金融機関に対し長期的な資産運用に適した投資信託の種類を増やすよう強く促しました。

金融庁長官 積立NISAに合った商品増やすよう促す | NHKニュース


いずれにせよ、これから積立投資を始める人にとっては、基本的な商品がラインナップされると思われます。

個人的には、今使っている「ロボアドバイザー」が対象になってくれればなぁ……という希望を持っております。これラクでいいんですよ〜。アルゴリズムまかせなので、わざわざファンドを選ぶ必要がないんです。

関連記事:【利回り公開】ロボアドバイザー投資のおすすめサービスを比較するよ。


どうやって始めるの?

詳細は明らかにされていませんが、順当に考えると現行のNISAと同じく、大手の証券会社で口座を開くことになるのでしょう

ぼくは「SBI証券」の総合口座を開いています。ここに積立NISAが加わるはずです。

スクリーンショット 2017 03 12 17 38 40

いろいろ選択肢はありますが、大手のネット証券「SBI証券」がベタにおすすめですね。SBI証券は「ウェルスナビ」などと連携し、新しいサービス開発にも取り組んでいるのも好印象。これから始める方はどうぞ。

SBI証券で口座を開設する


まとめ。

積立NISAについて、現時点でのまとめです。

  • 「運用益非課税」というメリットがあるので、積立投資を始めるなら有力な選択肢になる。
  • どういった商品が対象になるかなど、細かいところは議論中。
  • 60歳まで引き出すことはできないが、「確定拠出年金」も大いにおすすめ。

参考までに、ぼくはこんな感じで資産運用に取り組む予定です。

資産運用のスタイルは人それぞれですが、節税効果を考えると「確定拠出年金」「積立NISA」は優先度が高いといえるでしょうね。

積立NISAの制度が固まったら、またこの記事に情報を追記していこうと思います!ほんと、勉強しないとついていけませんねぇ……。


関連記事。

資産運用については、いろいろと記事を書いております。

以下の記事もお勉強にどうぞ。がっつりまとめましたよ!
 

  • 【★入門編】100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。
  • 節税効果抜群!「確定拠出年金」のメリット、始め方をあらためて解説。
  • 【解説】若者世代におすすめの資産形成術「積立投資」について語ろう。
  • 【資産運用】年収300万円のサラリーマンが「1億円」貯める方法。
  • 「お金の不安」を解消するために、今日からあなたができること。
  • 【利回り公開】ロボアドバイザー投資のおすすめサービスを比較するよ。
  • 【実績公開】ソーシャルレンディングのおすすめサービスを比較するよ。

  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    月額4,980円のアフィリエイト研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。