こちらも全部公開していきます!


ソーシャルレンディングは面白い。

2010年代に登場した新しい資産運用の選択肢、ソーシャルレンディング。

ざっくりいえば「小口のお金を、ネット経由で企業へ貸し出し、収入を得ることができる」サービスです。

インターネットで小口のお金を集めて、必要な人に貸し出す。仕組みとしては「クラウドファンディング」と同様ですね。なので「貸付型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。

スクリーンショット 2017 02 13 15 28 36

(「maneo」より)

資金提供先はさまざまですが、現状は「不動産」を扱う会社が多いですね。不動産は担保になるので人気があるようです。

あとは「新エネルギー(太陽光、風力)」関係、面白いところでは「病院経営」「新興国の企業」「リースビジネス」なんてものもあります。ここ1〜2年で業者も増え、融資先のジャンルが増えている感じがします。

ソーシャルレンディングの税引き後の年利は概ね「5.0%」程度。

ざっくりいえば、100万円を1年貸すと、105万円になって返ってきます。短期的に大儲けはできませんが、長期で運用すればじわじわ増えていくイメージです。

たとえばこちらは「maneo」にある「不動産担保付きローンファンド472号」のシミュレーション。借入期間は13ヶ月で、最終的に64,802円の収益が得られる予測になっています。

スクリーンショット 2017 02 13 15 24 57

ちなみにmaneoは、2011年のサービス開始依頼「元本毀損はゼロ」とのこと。ぼくも80万円投資しています。

リスクが高めの商品になると、10%を超えるものもあります。ぼくはチキンなので概ね「5.0〜6.0%」程度の案件に投資しています。

注意点としては、資金を貸し出している期間は、その資金を引き出すことができません

たとえば上でシミュレーションを引用した案件なら「13ヶ月」経たないと元本は戻ってきません。事業用の資金を貸しているので、当たり前といえば当たり前ですね。

参考までに、maneoの運用予定表を貼り付けておきます。こういう感じで、毎月利息が分配され、最後にどかっと元本が戻ってきます

スクリーンショット 2017 02 13 15 45 29

というわけで、ソーシャルレンディングに投下するのは「しばらく使う予定のないお金」にするべきです。これは投資全般にいえますが「銀行に眠っている余剰資金」でやりましょう。

ただし、ソーシャルレンディングへの投資自体は1万円からスタートできるので、「お金がない人はできない」というわけでもありません。ちなみに「クラウドバンク」は1万円、「maneo」は3万円からのスタートとなっています。


リスクについて。

ソーシャルレンディングは年利5〜10%が期待できる「ミドルリスク・ミドルリターン」の商品です。当たり前ですが、ゼロリスクではありません。

実際ですね!ぼくが10万円投資した「みんなのクレジット」は、事前説明と異なる融資先に資金を貸し出していたとして、問題になりました(2017年3月24日)。

資金の運用自体はされているようですが、ぼくの元本はどうなるのやら……。新規での開設はおすすめしません。

仕組み上、こういう不正は投資家側には避けようがないだけに、不安になりますよね。


ぼくもがっつり投資している「クラウドバンク」も、2015年7月に行政処分を受けています

この件は説明を読むかぎり、投資家を騙す悪意はなく、単に「ニーズに対してシステムが追いついていなかった」という感じです。今は健全化されていると思うので、ぼくは投資しております。

クラウドバンクは2017年6月にも行政処分(業務改善命令)を受けています。クラウドバンクによる説明を見ると、広告と実態に差があったことを指摘されたかたちですね。まぁ、こちらも大きな問題ではないかな……と判断します。


また、新興国への投資が中心の「クラウドクレジット」でも、一部ファンドで延滞が発生していたりします(2017年3月15日)。こちらは構造的な不正ではなく、案件自体のリスクですね。

最大手の「maneo」でも、2017年3月29日に延滞が発生しています。元本毀損になるかはまだわかりませんが、こういうリスクもあるわけですね。


過去の実績を見るに、特に新興の業者、リターン(リスク)の高い商品については、注意が必要といえるでしょう。

「年利12%」みたいな案件も市場に出回っていますが、ぼくはちょっと怖いので手を出していません。5%でも十分すぎるほどハイリターンですからねぇ。

いずれにせよ、リスクのある金融商品ですので!各々、判断した上で購入しましょう。すべてデータは公開していきますが、ぼくが騙されている可能性もありますからね……。


主要業者まとめ。

参考までに、主要な事業者もまとめておきます。ランキングは2017年5月時点、指標は「累計応募金額」です。

ソーシャルレンディング事業者は増加中で、2016年だけでも8社が参入しています。2017年も新しいプレーヤーが参入しているので、最新情報をウォッチしておきましょう。

が、若い会社への投資はリスクも高い可能性があるので、その点はご注意ください。

以下のリストの通り、ぼくは業界大手を中心に投資しています。ビビリなので。


実績まとめ。

先に、現在の数字をざっとまとめておきます。

こちらのリストに、元本・利息を追記していきます!どうぞお楽しみに〜。

[投資開始日 2017年1月、最終更新日 2017年6月15日]


実績公開:maneoの場合。

スクリーンショット 2017 02 13 15 52 35

さてさて、ここからは具体的な実績を毎月記録していきます。

成績は、以下の箇条書きスペースに赤裸々に追記していきます。

  • 2017年2月:元本35万円で運用開始
  • 2017年3月:45万円を追加投資
  • 2017年4月:分配金3,365円支払い
  • 2017年5月:60万円を追加投資、分配金1,717円支払い
  • 2017年6月:30万円を追加投資、分配金4,399円支払い

ソーシャルレンディング業者は複数ありますが、これまでの実績と案件の幅、使い勝手を考えると「maneo」はもっともおすすめです。

まずはmaneoでスタートして、他のサービスを触ってみるのがベターな始め方だと思います。


実績公開:クラウドバンクの場合。

スクリーンショット 2017 02 13 16 04 18

続いて、ソーシャルレンディングでは歴史がある「クラウドバンク」にもお金を投資しています。

  • 2017年1月:元本80万円で運用開始
  • 2017年2月:元本を150万円追加
  • 2017年3月:元本を500万円追加、分配金1,786円支払
  • 2017年4月:分配金7,944円支払い
  • 2017年5月:分配金21,454円支払い
  • 2017年6月:分配金30,185円支払い

こちらも貸倒率は「0.0%(2017年1月現在)」となっています。募集案件数は少ないのですが、借入期間が短期の案件が多いので安心感がありますね。

スクリーンショット 2017 02 13 16 05 58

クラウドバンクは他サービスに比べると、使い勝手、デザインがだいぶ優れているのも好印象。新エネルギー関係の案件があるのも嬉しいですね。


実績公開:SBIソーシャルレンディングの場合。

スクリーンショット 2017 04 06 8 25 05

大手ブランド「SBI」の名を関する、古参のプレーヤー。

利回りはやや見劣りがしますが、「不動産担保ローンファンド」に関しては、2012年から貸倒れは発生していません。分散投資と実験も兼ねて、30万円を投資しました。

  • 2017年4月:元本30万円でスタート。
  • 2017年6月:分配金927円支払い

実績公開:クラウドクレジットの場合。

スクリーンショット 2017 02 13 16 07 39

こちらは新興国への投資ができる、ちょっと異色のソーシャルレンディング。まずは30万円投資してみました。

  • 2017年1月:元本30万円で運用開始

新興国投資だけあって、利回りがやはり高いですねぇ。運用成績次第では、今後増額していきたいところ。

スクリーンショット 2017 02 13 16 09 07

クラウドクレジット」はとてもいいサービスなのですが、デザインが致命的といっていいほどわかりにくいのが残念……。さすがにリニューアルがかかると思われるので、始めるならそのタイミングでもいいかも。


2017年3月25日追記:一部ファンドで、延滞が発生していますね。リターンが高い分、リスクも高いのでしょう。

本ファンドは、エストニア子会社が投資家様からご出資いただいた資金で参加しているカメルーンのトレードファイナンス事業に延滞が生じ、ファンド帰属財産の全てを回収できていないことから、運用期間の延長をいたしました。

お知らせ|クラウドクレジット


実績公開:OwnersBookの場合。

スクリーンショット 2017 05 05 8 30 20

不動産はあんまり好きじゃないんですが、ポートフォリオを分散させるためにも「OwnersBook」を始めてみました。

この業者ものすごい人気で、6,000万円の案件がわずか4時間で募集終了になっていました……。投資したければ張り付かないとだめですね。

  • 2017年4月:元本30万円で運用開始

年利は4.5%程度とマイルド。もう少し投資額を増やしてもいいかな……。ちなみにサイトとしての使い勝手は優れています。このくらいが標準になるといいですね。


実績公開:みんなのクレジットの場合。

スクリーンショット 2017 02 13 16 12 28

2017年3月25日追記:「リスク」の項目でも記述しましたが、みんなのクレジットは「説明と異なる融資先に資金を貸し出していた」として問題になっています。なので、新規の開設はおすすめしません。

みんなのクレジット」にも10万円を投資中。こちらは不動産とM&A関係のローンが中心ですね。

  • 2017年1月:元本10万円で運用開始
  • 2017年3月:行政処分が決定。早く資金を引き上げたいのう……。
  • 2017年4月:キャンペーン報酬2,000円+分配金894円支払
  • 2017年5月:分配金440円支払
  • 2017年6月:分配金425円支払

アフィリエイト目的の比較サイトに注意。

なお……実際に投資していない人が運営している比較サイトは、参考にならないケースが多いのでご注意ください。

実際、とある比較サイトは行政処分を受けた「みんなのクレジット」を1位の業者として紹介しています。

スクリーンショット 2017 04 17 16 03 02

行政処分後も変わらず1位のまま……どう見ても投資していませんよね、この人。みんなのクレジットはアフィリエイト報酬が高かったので、1位に掲載していたのでしょうね。アフィリエイトの闇。

比較サイトを使うなら「クラウドポート」がおすすめです。情報も新鮮で、客観的な事実ベースで比較できるので、ぼくも投資判断に活用しています。


積立投資、仮想通貨投資もやってます。

ぼくは「ソーシャルレンディング」だけではなく、「積立投資(ロボアドバイザー)」「仮想通貨」を使って資産運用をしています。投資の考え方はこちらにまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事:100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。


上の記事でも書いてますが、まず最初に始めるのなら、実は「ロボアドバイザー」のほうがおすすめだったりします。こちらも実績を公開しているので、始める方はぜひご参考に。

関連記事:【実績公開】「ロボアドバイザー投資」のおすすめサービスを比較するよ。


ソーシャルレンディングもロボアドバイザーも、増え方は比較的マイルドです。もっとリスク取りたい方は仮想通貨もどうぞ。こっちはハイリターンですが、それだけハイリスクですので、ご注意ください。

関連記事:仮想通貨への投資を始めよう。ぼくが実践する「低リスク」な始め方を解説。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。