スクリーンショット 2016 10 30 11 28 15

啓発です。


クソ上司問題。

ほかの「過労死」や「過労自殺」、「長時間労働」で、私が強く印象に残っているケースが2つあります。

 1つは、10年前の2006年、人事労務の雑誌で、ある弁護士の講演を取材したときに知ったものです。その弁護士はほかの弁護士らとともに、1990年代半ばから、三菱重工業の長崎研究所で起きた労働事件(実質的には、「過労死事件」)を扱っていたのです。

 長崎研究所室長の男性社員が、1990年代の半ばに、脳に重い障害を負ったのです。その原因は、「過重労働が原因」として、三菱重工業に謝罪と損害賠償を求めていた労災事件でした。最終的に、三菱重工はこれに応じ、和解合意が成立したのです。

 弁護士から話を聞くほどに、上司たちは、この社員に激しいいじめをしていたように私には思えたのです。男性社員は、学歴・職歴とも超トップレベルでした。すさまじいほどにエリートなのです。

電通の「過労自殺」議論で、抜け落ちていること(4/10ページ):nikkei BPnet 〈日経BPネット〉


フリーランス的に生きるぼくからすると、「一緒に働く人を選ぶ」のは、基本中の基本です。当たり前ですよ、そんなの。

「何をやるかよりも、誰とやるか」みたいなことばがありますが、あれは実感レベルで言っても正しいんです。良いパートナーがいれば、良い指導者がいれば、だいたいのことはうまくいきます。


「上司を選ぶことができない」というのは、工場労働時代の名残なんでしょう

ひとりの人間が製造ラインで作れる商品の量は、誰が上司になっても変わりませんよね。

だから、経営的に考えて、部下が上司を選ぶ意味がない。いい上司の下についたところで、作れる商品の量が10倍になるわけはありません。

でも、知識労働は違います。

知識的な労働については、「いい上司」の下でなら、部下は100倍のパフォーマンスを発揮することができます

だから、経営的に見て、部下は上司を選ぶべきなんです。


この力学を理解している人はまだまだ少ないようです。

が、今後は当たり前のものとして理解されていくようになるでしょう。「クソ上司」と「いい上司」では、明らかに部下のパフォーマンスにが差出るわけですから。

あなたの会社でも、そうなってません?上司がクソだと、どれだけ優秀な若手がいても業績伸びないですよ。


小さな会社で、上司を選ぼう。

今は過渡期です。古い会社にいるとろくなことはありません。

大企業のクソ上司で消耗しているみなさんには、ぼくはベンチャー企業・中小企業への転職をおすすめします。小さな会社なら、少なくとも社長は自分で選べますからね。

ヘッドハンティングサイトの「Switch.」「Nexstar」あたり使うと、いい会社からお声がかかるかもしれないのでぜひ。どちらもFacebookベースなので、一瞬で登録できます。自分の経歴などを入力しておけば、いい会社からオファーが来る可能性が高まります。

Df7a53fd

これからの時代は、「ともに働く人」を選ぶのが重要なんです。会社の知名度や事業内容なんかよりも、そっちの方を会社選びの軸にすべきです。

あなたがクソ上司の下で消耗しているなら、一刻もはやく飛び出しましょう。あなたには、可能性があるんです。逃げ切れる世代のおっさんたちに潰されてはいけません。


関連記事。

仕事論、最近またたくさん書いてます。ココらへんもどうぞ〜。

  • 「自分にはスキルがないから独立できない」とか考えている人は、永遠にサラリーマン。
  • フリーランスになって丸5年。あらためて感じる「独立のメリット」
  • 仕事ができない人の5つの特徴。

  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    30歳になってわかったこと

    月額4,980円のメディア研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

    「一巻で完結」のおすすめマンガ

    「5巻以内完結」の面白いマンガ


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。