鯖江で楽しく仕事をしてきました。


田舎が若者を元気にしてくれる。

プロデュースは我らが若新さん。公式サイトが完全にヤバイ人っぽのですが、そのままヤバイ人です。

3423e345

若新さんとお会いしたのは2015年の4月。衝撃を受けてこんな記事を書いてしまいました。

関連記事:NEET株式会社、ゆるい就職、ナルシスト採用…多様性を生み出す「若新雄純」さんが面白すぎる件 : まだ東京で消耗してるの?

若新センスは常にすばらしく!今回のイベントのテーマも実にビビッドでエッジィでした。

今回の話で前提となっていたのは、「『いなかを元気にする若者』の話はもういい」ということ。

この種のイベントって、そういう話が中心になりがちじゃないですか。それはそれで価値はあるんですが、「あの地域はあんな素晴らしい若者がいてすごいなぁ」みたいなレベルで終わってしまうと、あんまり得るものがなかったり。

というわけで、今回は「実は、田舎によって若者が活性化されているのではないか?」というコペルニクス的転回から話が始まりました。ぼくの基調講演もそれがテーマで、そういう話をさせていただきました。抜粋版を貼り付けておきます。

160917_鯖江.pdf by Anonymous KEqJEqND on Scribd

そもそも、別にぼくは高知を盛り上げるために来ているわけでもないんですよ。

自分の暮らし、自分のやりたいことがまずあって、それが高知だと楽しく実現できそうだから、高知に来たわけです。ど田舎に住んでいるのも同じ理由です。縁もゆかりもありませんから。

ぼくは田舎によって活性化されましたし、それは他の人を見ても同じです。田舎を元気にしたくて高知に移住した人なんて、ほとんどいないんじゃないかな……。

ということは、田舎を元気にしたければ、その田舎に、「若者が元気になる環境を作る」ことがポイントといえます。いい環境を作ってあげれば、自然と若者が集まり、結果的に地域も元気になっていきます。

その具体的な方法は上のスライドを参考に。会場ではさらに深い意見も続々と出てきました。


今回のイベントには、全国各地からまちおこし関係の仕事をなさっている方々が集っていました。この会で話し合われた内容は各地域に持ち帰られ、「若者を元気にする田舎」づくりに役立たれていくことでしょう!

たいへん面白い話が聞けたので、また別の記事もこしらえようと思います。クレイジーな人たちが約2名いらっしゃって、刺激的でした。若新さんの場作りセンスはすばらしい!


そんな若新さんの著書はこちら。合わせてどうぞ!


ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。