20160910121550


今回の記事は久しぶりの寄稿です!海外移住を考えている方はどうぞ〜。
あまログの天野洋平さんからの投稿です。

====
 

カナダに通算2年住んでいる、あまちゃん(@Yohey_hey722)です。

2013年9月〜2014年6月、スノーボードをするために、カナダのウィスラーへ。

一度、日本に帰国するも、カナダ生活のライフスタイルがとても良かったので、常に後ろ髪を引かれていた。

2015年10月〜現在、再びカナダへいくことを決断カナダでの生活を送っています。

カナダって魅力的なところなんですよね。

特にぼくの住んでいるウィスラーという地域は、ウィンタースポーツの愛好者にとっては最高です。

子どもがはじめて、遊園地に行ったぐらい刺激的な感じです。

それぐらいの衝撃が毎日のようにある場所なんですよね。

冗談抜きで。

だから、70歳ぐらいのじいちゃん、ばあちゃんでも、バリバリにスノーボードをやっていたりするんですよ。よく、リフトで声もかけられますし。

そんなぼくが、カナダ移住の7つのメリットと、5つのデメリットについて、一挙大公開。

カナダ以外の国に、将来的に住みたいと思う方にも参考になると思います。


海外移住のメリット


7つほど挙げていきます。特に、医療費、教育費が無料なのは非常に大きいです。


1. 夏場は日が長い

20160910122347

僕がいるウィスラーでは、朝の5時ぐらいから、夜の10時ぐらいまで明るいんです。

日本では、せいぜい7時ぐらいまでじゃないですか。

日が長いと仕事を終わったあとでも、気軽に出かけやすいし、行動できる時間が長いので、1日がとても有効的に使えます。

日が長いと、近くの湖や海でのんびりと出来る時間も長いので非常にのんびりできます。僕は、ゴムボートなどで、プカプカと湖で浮いています。

2. 自然が豊か

20160910122402

本当に雄大な景色が、そこらじゅうにあります。僕の住んでいる地域はハイキングが気軽にできるので、良い運動にもなりますね。

日本では首都圏や都市部なでは、自然と触れ合うのは難しいのですよね。
ちろん、日本も田舎にいけば魅力的な自然はありますが、そういった魅力とは異なる部分がカナダにはあります。

ちょっと言葉では表しづらいのですが、この辺りは是非とも一度体験してほしいですね。


3. カナダの雪山のスケールがすごすぎる。

20160910122426

カナダは、ウィンタースポーツが好きな人にとってはたまらない場所です。

11キロぐらいのロングラン。豊富な新雪。

ツリー、パーク、地形、どれをとっても世界最高峰です。

特に、僕の住んでいるウィスラーは、カナダのスノーボード代表チームが練習するぐらい有名なスポット。カナダには世界中から有名なスキー、スノーボーダーが練習に来ています。

ちなみに、最近の世界大会の成績を見ると、

カナダ代表=世界で最も活躍しているライダー

っていっても過言ではないです。

もちろん、初心者の方に優しいコースも用意されていますよ。


4. カナダは多種多様な人種がいる。

カナディアンはもちろん、中国、韓国、日本などのアジア系、お隣のアメリカ、昔はブラジルやイタリアの人も住んでいます。

彼らとのコミュニケーションを通して、文化の違いも味わうことができるのも魅力です。

たとえば、日本食をカナディアンの友達と食事していると、お箸は一切使わずに、フォークとナイフのみ。

「日本食でナイフ使う場面ありますか?」

と聞かれて驚きました(笑)世界ではお箸が使えないのは常識なんですね。

ココらへんでは、普通にバスの中でも携帯電話で通話をしているし、図書館ではリンゴを丸かじりしている人もいます。

「日本の常識は正解の非常識」とは正にこのことだなぁ、と感じることが多いです。


5. カナダの人は温和、のんびり屋

カナディアンは、やたら親切なのですよ。ゲレンデでリフトに乗っても気さくに話かけてくれるし、いつも笑顔。
久しぶりに帰ると強く感じますが、日本ってなんだか、いつもギスギスしていないですか?

少なくとも、日本に住んでいる時は、見ず知らずの人に

「今日の調子はどうよ?」

って言われたこともないです。

でも、こっちではそれが当たり前だし、そうやって人々はコミュニケーションを交わしています。

日本って、なんであんなに閉鎖的なんだろ?


6. ウィスラーはアクティビティが豊富すぎる!

これはカナダというか僕の住んでいるウィスラー地域のお話です。

マウンテンバイク、ロードバイク。

20160911122058

ゴルフ。

20160905163945

ハイキング。

20160910122735

スケート。

20160905163944

……これ以外にも、6月〜10月の日曜日にはファーマーズマーケットという屋台イベントもあります。

トライアスロンの国際的な大会、マウンテンバイクの大きな大会とか無料で観戦可能。

本当にウィスラーは、北米で有数の楽しさがある街です。体を動かして心身ともに健康になれますよ。


7. 医療費、教育費が無料

カナダでは、驚くべきことに、医療費、教育費が無料なのです。

今回はカナダの医療制度についてご紹介したいと思います。


日本と異なるのは、患者の医療費はすべて国が負担するという点です。 こちらにいるとよくアメリカの方に、カナダはいいよ、税金高くても医療費がタダなんだから。と言われます。
 

メディケアと呼ばれる国民皆保険があり、カナダ国民(私のような移民も含む)は日本でいう国民健康保険に入ることができます。これにより通院も入院も医療費はすべて無料、手術も検査も一切費用はかかりません。
 

カナダのバンクーバーで実体験。海外と日本の医療制度はここが違う!

国民保険のようなものがあり、それに加入すれば病院で受診しても無料……というわけです。

歯科や眼科など一部の治療は有料になってしまうそうですが、それでも日常のほとんどの治療が無料というのはありがたいことです。

学費について : 永住権を取得しますとカナダ市民と全く同一の学費水準となります。

例えば カナダの国公立大学の学費は永住権保持者または市民の場合は、大学、専攻取得学科により異なりますが、年間約 Cdn$2,000 - から Cdn$5,000.- とたいへん安価であり、私立大学も公的補助金が出されますますので国公立大学とそれ程大差がありません。

これが永住権を保持しない一般の留学生となるとこの約 3.5 - 4 倍の 学費となります。

高校までの学費は無料で、British Columbia 州等では、私立学校に入学した場合でも、公立学校に入学した場合の費用部分を州政府が負担する為、私立高校の場合でも年間授業料は Cdn$3,000 から Cdn$4,000.- (20 - 30万円程度) となります。< 細かい要綱は州により異なります >。

カナダの医療制度、教育制度、学校、年金制度についての解説

公立の場合、高校卒業までの授業料が無料なのです

私立の場合はお金がかかりますが、それでも日本に比べたらだいぶ安くなるようです。

日本のように、一生懸命働いて教育費を捻出するのは馬鹿らしく思えてきます。


海外移住のデメリット

当然、メリットがあるってことは、デメリットが存在します。

これから、5つほど挙げていきます。


1. 日本語が通じない。

もちろん当たり前のことですが、これが結構つらい。

日常生活をする分には問題がなかったとしても、細かい言い回しや、固有名詞などについてやはり理解しきれない部分があります……。

これについては、今後の語学の勉強で幾分かはマシになってきそうですが、移住者にとっては永遠の課題といってもいいでしょう。


2. 日本食が手に入りづらい。

日本食はたまに見かけるのですが、値段が圧倒的に違いすぎる……。

日本と比較すると、あらゆるものが3〜4倍ぐらいの値段になると思っていいでしょう。

やっぱり、日本人なので納豆だったり、梅干しだったり、そういったものを日常的に食べたくなるんですよね。あと、お煎餅とか。

まったくの異文化であるゆえ、食生活が変わってくるのがちょっと辛いところです。


3. 日本と連絡をとりたい時の「時差」

時差。こちらも、地味に痛い。友人や、家族とLINEやスカイプで電話をしたいときなんかに困ります。

そういった機会はそんなに頻繁にあるわけではないのですが、連絡をとりたいときは「明日の夕方に電話します!」ということになってしまいます。

細かいですが、そういう部分も地味にストレスを感じる場面があります。

4. 車の運転が荒い

カナダは運転が荒いです。後ろからガンガンに煽ってくるし、急に割り込んでくるのは当たり前。

普段は温和な人たちなのに、なぜ、あんなに車の運転は荒いのでしょう……。

すごい勢いで後ろにピタッとくっついてくるし、法定速度なんて存在しないようなものです。

日本感覚で運転していたら、驚くはずです。

そもそも、教習所というものがないそうです。親が普通に教えたりするらしい……。


5. 日本の本が読めない。

本が大好きな僕にとっては、結構痛いです。

とはいえ、今は電子書籍が台頭してきているので、以前ほどは困らなくなってきました。

紙でしか販売されていない本は依然多いので、そういった本を読みたい時は残念ながら、帰国した時に一気に読むことになります。

気になる作家の作品はタイムリーに読みたかったりするので、この点はちょっと残念ですかね。


生活費について:月々に1300ドル(約11万円ぐらい)固定費として出費

さて、海外移住の気になる生活費についてです。

うちの家計簿をざっくりと公開します。

家賃:380(冬は490)ドル

食費:200ドル

通信費:40ドル

交通費:100ドル

光熱費:30ドル

交際費:150ドル

日用雑貨100ドル

その他、雑費100ドル
合計:1,100ドル 

普段つけている家計簿から引用しました。月によって変動もありますが、概ねこういった内訳になっています。

上記の合計金額は1,100ドルになっていますが、カナダのウィスラーで住む場合は1,300ドルぐらいあったほうがいいかなと思います。ぼくの住んでいる賃貸は、相場より100ドル〜200ドルぐらい安い物件だったりします。

僕自身の話でいうと、1,000ドルあれば十分暮らせますね。

食費や交際費はもう少し削れますし、交通費も100ドルもかかりません。1回2ドルでバスに乗れるのですが、移動は大体自転車で済みます。

たまに1時間半ぐらいかかるバンクーバーまで食材を買いにいったりしますが、それでも交通費は往復で10〜20ドルぐらい。
 

ぼくの住んでいるのはウィスラーという山奥の土地です。

バンクーバーとかその他の都市部で暮らすにあたっても、友達の話を聞く限りでは、独身の方であれば大体こんなものではないでしょうか。

結婚されて子供がいる方は、教育費や医療費の面を考えると、だいぶ負担が減ると思います。
 


ただし、注意点が一つ。

というのも、先日、ぼくの父が命に関わる心臓手術をすることになり、緊急での帰国を余儀なくされました。
連絡を受けて翌日には出発しなければいけなかったので、飛行機の手配には片道で約10万円ほどかかりました……。

事前に日本への移動する日が決まっているのであれば、往復チケットで900ドル前後(8万円)の航空券を買うことも可能です。

緊急自体には、こういった大きな出費がつきもの。

こういった出費はどうしても発生していしまますので、海外移住をするなら、ある程度は想定しておく必要があります。10万円は大きいですからね(泣)

(※為替レートに関しては2016年9月現在のものです。)


30歳以下ならワーホリを利用しよう。

以上、僕が感じているメリット・デメリットまとめでした。海外での生活を考えている人の参考になれば幸いです。

ちなみに、30歳以下であれば、ワーキングホリデーを利用してみることをおすすめします。僕自身も27歳のときに利用し、ウィスラーに住むことになりました。


 関連記事:カナダにワーホリで行くなら絶対に読んでおくべき、ワーキングホリデーの教科書


まずは、みなさん一度、カナダに遊びに来てみてください。

日本からはちょっと遠いですけれども、とても楽しいところですよ!

エンジョイ!

(from あまログ

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。