スクリーンショット 2016 07 11 14 44 06

新卒フリーランス、最高ですよね〜。


どんどん増えてる、新卒フリー。

ぼくの知っているだけでも、ここ1〜2年でかなりの人数が「新卒フリーランス」を選択しています。ざっくりリストアップしてみると……。

ブログ等で目立っている人でこれだけいるんですね〜。卒業後すぐにフリーランスとして生計立てられる人は、年間1,000〜2,000人くらいいるんじゃないかな……。そういう統計ないのかな。

まぁ今はいい時代ですからね。いざとなったら「ランサーズ」も「クラウドワークス」もあるし、健康な独身者ならなんとでもなりますよ。田舎に移住してしまえば、生活コストもググッと下げられますし。

というわけで、「新卒フリーランス」は今でこそ珍しい存在ですが、今後3〜4年をかけて、かなり一般的な選択肢になっていくでしょうね。

すでに頭がいい若者は「TECH::CAMP」あたりでプログラミング学んで、さっさと「手に職」をつけてます。フリーランスとして独立するためのインフラは充実していく一方で、就活は相変わらず消耗的なので、これはもう時代の流れですな。まだ大手病で消耗してるの?って感じ。


「失敗したらどうするんだ」

ぼくはどんどん若者がフリーランスを志せばいいと思っている派です。で、そういうことを書くと「イケハヤの犠牲者が出た」「失敗したらどうするんだ」とか言われるんですよw

「知らねーよ!お前誰だよ!」というのがシンプルな答えですが、もうちょっと詳しく書いてみましょうか。


そもそもですね。別に失敗してもいいんじゃないでしょうか。

「イケハヤ的なものに憧れてフリーランスになって1〜2年頑張ったけどぜんぜん鳴かず飛ばずだった」としても、それはもう、世の中そういうものでしょう。

本人の運とタイミングが悪かったか、適性にあったことができてなかっただけです。全員がプロ野球選手になれるわけないじゃないですか。

ぼくは「専業ブロガーは無理ゲーだよ」と、さんざ書いてますしね。収益をブログ一本で稼ぐのはなかなか辛いですよ〜。毎日10本は書いてもらわないと。


その意味で、失敗する人は、失敗してよかったとすら思います。

自分の実力の限界や、仕事への適性、そして「市場の残酷さ」を知ることができたわけですから

これは、盲目にサラリーマンをやっていてもなかなか気づけないことです。ぼくもこの点は会社をやめてほんとうによかったです。


失敗することなんて前提ですよ。ぼくだって日々、事業的な失敗をしてますよ。よく見るとわかると思いますがw

よく言われることですが、失敗することは前提です。加えて、若い人にとっては、「自分の限界」と「市場」を知るすばらしい機会です。

だから、そっちのほうがいいと思うなら、さっさと就活なり会社をやめて、挑戦してみればいいんです。

で、うまくいけばもうけものだし、失敗してももうけもの。

そんなものでしょう。ぼくらにとっては、これが「前提」なんですよ。


別に失敗しても死にはしないし、そもそも人間はいつ死んでもおかしくないのです。

だったらさっさと行動すりゃいいと思うけどねぇ。

なんで若い人の足を引っ張ろうとするんだろ?社畜なのかな?南無三!


こちらもどうぞ。

  • いい大人なのに「やりたいこと」がわからない人が多すぎて、日本やばいと思う!!😩
  • 「若者は準備が整ってから世に出るべき」というおっさん思想は完全なる害悪だ。
  • 克服せよ!「大手病」に陥っている就活生に伝えたい5つの真実。


  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    30歳になってわかったこと

    ブログは稼げる。月商500万円超えました!

    月額4,980円のメディア研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

    「一巻で完結」のおすすめマンガ

    「5巻以内完結」の面白いマンガ


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。



    Instagramやってます