スクリーンショット 2016 06 06 10 51 50

かなり一般化しそうですね。


学校に通う意味ってあるの?

先日紹介した一節を、もう一度。

ちきりん 正直言って学歴がないとどう見られるのか、体験してないので私にはわかりません。だから本当に悲惨なことになるから、とにかく大学までは行っとけとウメハラさんが言うなら、そうなのかなとも思います。

でも最近よく私が思うのは、学校って不利な人をより不利にする場所だなってことなんです。つまり、能力とか取り柄のない人ほど、学校に行くことで不利が大きくなる

ウメハラ 不利な人がもっと不利になる?

ちきりん ええ。私の認識だと、今は生きていく力が強い人ほど学校に頼らない。ウメハラさんにしても、学歴を含め、経歴を何も開示せずに活動してる私にしても、その例でしょ。

それから親だって、教育熱心で経済力がある家ほど、公教育をあてにしなくなってる。で、インターナショナルスクールに行かせるとか、夏はアメリカで教育系のキャンプに参加させるとか、ネットで勉強させようとか。そういう動きが出てるのって、彼らが「日本の公教育にはたいした価値がない」と思い始めてるからなんです。

うちも3歳と0歳のこどもがいますが、リアルな感覚として「学校に通わせなくてもいいや」と思ってるんですよ。別に通いたければ通えばいいんですが、無理して通うほどのものではないな、と。

学校で学べる能力なんて、「学校以外」でも学べますし、そもそも「有害」だったりもします。

普通の学校なんて、揶揄とかではなく「サラリーマン養成所」ですからね。毎日学校に行って、与えられた授業を受けて、教師のいうことを聞いて、周囲との和を大切にして……というのは、サラリーマンそのままじゃないですか。


これからの時代、言われたことだけやっていてもダメなんです

そんなことは大企業のおじいちゃんだってわかってますよね。サラリーマンやっている人たちだって「俺はこのままじゃだめだなぁ」と思ってるでしょ。

でも、なぜか子どもに対しては、相変わらず「親や先生の言うことを聞きなさい」とかやっているわけですよ!



びっくりですよ、ほんと。なんでみんなそろって毎朝8時に出社……じゃなかった、登校してるんですか?みんなそろって決まった授業を受けてるんですかね?もう、そういう時代じゃないと思うけど……。

こういう話に共感する人は確実に増えていて、ぼくの周りでもたっくさんいます。

「不登校?え?何が問題なの?」という感覚。わからない人にはわからないんでしょうけど、これが一般化するのは、時間の問題です。

大企業が終わっているように、公教育も終わってます。まさに「日本の公教育にはたいした価値がない」のです。そこに気付きましょうよ、いい加減。


ホームスクーリングが流行るよ。

ではどんな選択肢があるのか?

ひとつは「自宅学習(ホームスクーリング)」です。アメリカを中心に広がっている教育スタイルで、関連書籍もたくさん出ています。新しいものだとこれとか。

子どもの夢を本気で応援し、実現させる教育とは?

星をめざして飛ぶんだ。そうすれば、月くらいまでは行ける―10人の子どもを学校に通わせずに家庭で教育し、6人が12歳までに大学に入り、年長の子どもたちはエンジニア、医師、建築士など、さまざまな分野の専門職として活躍している。

子どもの才能を開花させることに成功した一家の驚きのノンフィクション。

日本でもけっこう広がりつつあるみたいで、BAOさんとかは自宅学習ですね。すごいですよ、この人w まだ10歳って!

「学校に通わないと大人になれない」と思い込んでいる愚かな大人に読ませたい!


と、ついBAOさんで盛り上がってしまいましたが……学校に通わなくても、別に大人になれますし、むしろやり方次第では、突き抜けることができます。そんなこと当たり前ですが、いまだにわからない人が多くてびっくりします。


当たり前の選択肢に。

ホームスクーリングは「一流を育てる方法」としても有効ですが、もっとカジュアルなものでいいと思うんですよ。特別なことではなく、普通の選択肢になってほしい。

月の半分だけ学校に行ってもいいし、6年間のうち2年だけ家で勉強してもいい。

「なんか学校が嫌だから、しばらく家で勉強します」「ちょっと野球に打ち込みたいから、2年間くらい野球だけやります」という選択が、当たり前になればいいんです。

別に学校に行ったって、大して得られるものはないんですから。


わが家は特段ホームスクーリングをする予定はありませんが、娘の希望次第ですね。

料理が好きなようなので「学校通わないで料理していたい」ということであれば、山奥に料理小屋でも作って研究できるようにしようと思います。

「やっぱり学校通おうかな」ということであれば、学校にいけばいいと思います。

しょせん学校ですからねぇ。趣味のサークルみたいなものですよ、あれは。行きたきゃいけばいいし、行きたくなければ行かなけりゃいい。



ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます