この本、ほんっとにすばらしいので何度か紹介していきます。2016年11月16日現在、ほぼ半額になってます。セール中にどうぞ!


「とりあえず大学いっとけ」の罠。

小さい頃からゲームという“人生で唯一無二のもの”に出あいながらも、「自分の進む道はこれでいいのか?」と悩み続けた梅原氏。

一方、いわゆる“エリートコース”を自分から降りたちきりん氏は「頑張って、頑張って、それでもダメだったら、自分の居場所を探すために“逃げる”のも幸せをつかむ方法」と言う。

立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。

学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 今日から人生が変わります!

本書の主要テーマは「教育」。この話、多くの親たちに読ませたいです。

ちきりん 正直言って学歴がないとどう見られるのか、体験してないので私にはわかりません。だから本当に悲惨なことになるから、とにかく大学までは行っとけとウメハラさんが言うなら、そうなのかなとも思います。

でも最近よく私が思うのは、学校って不利な人をより不利にする場所だなってことなんです。つまり、能力とか取り柄のない人ほど、学校に行くことで不利が大きくなる

ウメハラ 不利な人がもっと不利になる?

ちきりん ええ。私の認識だと、今は生きていく力が強い人ほど学校に頼らない。ウメハラさんにしても、学歴を含め、経歴を何も開示せずに活動してる私にしても、その例でしょ。

それから親だって、教育熱心で経済力がある家ほど、公教育をあてにしなくなってる。で、インターナショナルスクールに行かせるとか、夏はアメリカで教育系のキャンプに参加させるとか、ネットで勉強させようとか。そういう動きが出てるのって、彼らが「日本の公教育にはたいした価値がない」と思い始めてるからなんです。

ところがその一方で、環境的に恵まれてない人ほど、「この状況から抜け出すには、とりあえず学校だけは行かなくちゃ」みたいになってて、経済状態が厳しくてもアルバイトをしたり借金をしてまで学校に行く。ところがその学校は、生きていくために必要な力をつけてくれるわけじゃない。だからますます生きる力の格差が拡がってしまう。

教育って本来は、環境に恵まれない人にリカバリーのチャンスを与えるための制度なのに、今はそれとは反対のことが起こってると感じるんです。だからウメハラさんみたいに「とりあえず学校に行って、大学までは出ておいたほうがいい」とは、私は全然思えない。

これ、ほんと残酷ですよね。

能力がないと自覚している人たちは、能力や学歴を身につけるために、借金をしてまで学校に通う。でも、学校に通ったところで、卒業したところで、別に何か得られるわけじゃないんです。でも、それがわかってない人はめちゃくちゃ多い。

「学校に通うのは時間の無駄」とまではいいませんが、少なくとも、お金はもったいないですよね。


かくいうぼくも、「学校なんて通わなくてもいい」と本気で考えています。

まぁ、娘が通いたければ通えばいいんじゃないかな……というレベル。毎日定時に通うのも昭和のサラリーマンみたいでアホっぽいなんで、気が向いたら、好きな時間に行けばいいと思ってます。しょせん学校だしねぇ。

いっそ、「イケダさんとこのチホちゃんは、お父さんの仕事手伝ってるからあんまり学校に来ない」なんて認識でいいんじゃないかなぁ。「レアキャラ」化するくらいでちょうどいいんですよ、学校も会社も。娘がどのように学校に向き合うか、今から楽しみです。


直感的にいって、「不登校」が、なぜ「問題」になるのかがわからないんですよ。

「こどもが不登校」になると、なんか絶望するじゃないですか、多くの親って。なんで絶望するんでしょ?何が「問題」なんですか?


デストロイヤー・イケダハヤトとしては、学校の価値を、もっと落とさないとダメなんだろうなぁ、と思っています。

学校なんて趣味のサークルみたいなもんです。学校なんて大したものじゃないし、あそこに入り浸ると「自分の頭で考える」能力が失われています。なんでみんな、そんなにこだわるんでしょうね。


まずは日本社会に、「まだ不登校で消耗してるの?」と伝えたいですね。

消耗している人多いじゃないですか。ほんと生産的じゃないなぁ、と思います。

勝手に「問題」を作り上げて、こどもを、親を、無駄に追い込んでどうするんでしょ?

それ、そもそも問題じゃないですよ。

学校なんて、真面目に通っても特にいいことありませんから。

それどころか、害にすらなりますよ。無理やり学校に通わせる方が、よっぽど「問題」です。

「それは言い過ぎじゃない?」と思う方は、この本を読んで考え方をあらためてください!
 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます