スクリーンショット 2016 05 24 7 31 44

そうそう、30歳になりましたよ。いやー、だいぶ長生きできましたね!肝臓頑張ってる!


人生の真理がわかってきたよ。

ずっとこうやって文章書いていると、悟っちゃいますよね。ある程度。

いろいろわかってしまったので、あとはもう淡々と生きていくだけだなぁ、と思っています。

どんなことを掴んだのか、書いていきますね。


人間、いつ死ぬかわからない。

これは文句なしに「真理」ですよね。

30歳ともなると、実際に見知った方で、亡くなった方は、両手では数えられないほどいます。

そして、その多くは、予兆なく、「突然」死んでしまいました。

ということは、ぼくも突然、死ぬことはありえるんですよね。このあとスズメバチに刺されまくって死ぬかもしれないし、野犬に襲われて死ぬかもしれないし、マムシに噛まれて死ぬかもしれない。田舎はリスク要因多いです。

30歳まで、心身に大きな問題なく生き延びることができたのは、奇跡的だと思っています。いやー、宝くじ当たったみたいなもんですよ。

幼いころ、何だかわからないけど、30歳くらいまでに死ぬと思ってたんですよね。坂本龍馬も31歳で死んでますし。

ぼくからすると、みんな「いつ死んでもおかしくないこと」を忘れてますよね。だから、自分のことを「社畜」と卑下したり、「イケハヤはけしからん!」みたいに、どうでもいい他人のことに時間とエネルギーを注いでしますのでしょう。

ジョブズの名言を出すまでもなく、ぼくらは、いつ死ぬかわからないのです。この真理をどこまで強く内在化するかで、その人の生き方は変わってくるとも思います。みなさん、今日死ぬかもしれないんですよ。


やっていることを楽しんでいれば、それでOK。

「悩み」が生じるほとんどの原因は、その人が、今やっていることを、楽しんでいないからなんですよ。


「仕事の悩み」を抱えるのは、単に、仕事がつまらないからです。

「人間関係の悩み」を抱えるのは、つまらない人間に囲まれているからです。

「人生の悩み」を抱えるのは、あなたが人生を楽しんでいないからです。


仕事、恋愛、子育て、趣味、なんでもそうです。楽しんでいれば、悩みなんて発生しないんです。ぼくは今の仕事が楽しいので、悩んだことは一切ありませんよ。


他人の干渉はどうでもいい。

あなたが人生を楽しんでいるのなら、誰から何を言われようと、気にする必要はありません。

そもそも、ほんとうに人生を謳歌しているのなら、他人の意見を気に止めることもないでしょう。デフォルトでスルーできます。

誰かの意見に左右されるのは、あなたが不安定な証拠です。

ぼくは自分の足で立っているので、ネットで、リアルで、誰に何を言われようと気になりません。聞く耳を持つ必要はないのですよ。ぼく、十分に人生を楽しんでますから。


誰と一緒にいるかで、人生は変わる。

「誰とともに時間を過ごすか」で、人生は大いに変わります。これスピリチュアルっぽいですが、完全にこの世の真理ですね。

あなたが「自分はダメな人間だ」と思っているのなら、それは、あなたが「ダメな人間に囲まれている」んですよ。あなたがもともとダメな人間なのではなく、ダメな人間に囲まれているから、ダメな人間になっているのです。

ブッダは「善き友を持つことは、それ自体が最高の修行だ」みたいなことを語ったそうです。これはほんとうで、自分の力だけで、自分の能力や人格を高めることは、不可能だと思った方がいいんです。

ぼく自身も、たくさんの人(主に妻)に導かれて、だいぶ人生の見通しがクリアになりました。ぼくにとって妻は「善き友」ですね。


「コミュニケーション欲」を満たそう。

人間はお金がなくても生きていけますが、コミュニケーションを取らないと、孤独で死んでしまいます。

食欲・睡眠欲・性欲が「三大欲求」と言われますが、これに「コミュニケーション欲」も加えたいですね。性欲よりも重要度が高くなってきていると思います。

善き人生をデザインするためには、「どのようにしてコミュニケーション欲求を満たすのか」を考えるのがポイントです。家族と過ごすもよし、同僚と過ごすもよし、ネット上のコミュニティを頼るもよし。

適切にコミュニケーション欲を満たしていれば、人生はもっとラクに、自由になります。ネット上で「イケダハヤト死ね」とかやってる人たちは、コミュニケーション欲求が満たされてないんですよね。


人間は環境の奴隷だ。

人間は環境に勝つことはできません。冷静に考えれば当たり前のことですが、現代人はこれを忘れがちですね。

わかりやすくいえば、「超スーパー優秀な若手社員」がいたとして、彼が「超スーパー最悪な上司」の下に配属されたら、やっぱり潰されるんですよ。むしろ優秀であるがゆえに、嫌がらせにあったり。

こんなことは当たり前のことですが、多くの人は「自分が優秀であれば、なんとかなる」と思い込んでいます。これはもう、アホですね。自分の力でどうこうできるというのは、うぬぼれですよ。環境の方が、絶対的に「強い」のです。

だから、21世紀に生きるぼくらは、積極的に「環境を選ぶ」ことをしていかなくてはいけません。江戸時代じゃあるまいし、「一所懸命」とか自殺行為ですよ。ほんと、うつ病になって死にかねない。

さっさと会社を辞めるなり、移住するなり、転職活動するなり、移動することを考えてください。

関連記事:「移住したい」あなたがチェックしておくべき就職・転職サイト

ぼくが高知に移住したのも、「環境を選ぶ」ためです。当面は高知にいますが、人生のフェーズや、やりたいことによっては、また別の環境に身を移すこともあるでしょう。

ぼくが業界でトップクラスのブロガーになれたのは、ぼくがもともと優れた能力を持っているの「ではなく」、単にこれまで過ごした環境、時代がよかっただけです。ざっくりいえば、運が良かったんです。


「努力」は、条件を満たせば報われる。

「努力は報われるとは限らない」というのが真理ですが、もう少し深めると、努力が報われる条件って、あると思うんですよね。

努力が報われる前提として、まず重要になるのが「誰よりも努力すること」。ぼくはブログの世界で戦ってますが、ぼくよりも努力しているブロガーは……いないんじゃないかなぁ。誰か知ってます?ぼくより量書いてる人は、ほんとにいないと思いますよ。

日本でトップになりたければ、日本一、時間とエネルギーを注ぎ込みましょう。これで、だいぶ報われやすくなります。

第二に、「誰よりも早く、新しいことに飛びつく」。あんまり早すぎてもダメなんですが、とりあえず早いに越したことはありません。逆にいうと、二番煎じ、三番煎じじゃ、努力は報われないのです。

最後に、「自分の変化を楽しむ」。これができる人は、放っておいても成長していくので、結果的にトップクラスの人材になれます。「努力はできるけど変化を楽しめない人」が日本には多い気がするので、変化力があると総じて勝ちやすいですね。


仕事は「強みを把握し、好きなことだけやる」とうまくいく。

「仕事」はぼくみたいな人間からすると、実に「イージー」です。「人生ゲーム」のなかでは、「仕事である程度成功する」のはそう難しいことではありませんよ。月商300〜500万円くらい稼ぐぼくが言うんだから間違いない。

仕事で成功するために必要なのは、自分の強みを把握して、自分が好きなことだけやること。これだけです。周囲から引き止められようが、この方向性にどっぷり浸かることができれば、仕事はうまくいきます。マジです。

凡人の問題は、弱みを克服しようとしちゃうんですよね。これがもうダメ。二流の考え。弱みを克服する必要なんてないですよ。実際、ぼくは弱みがどんどん強化されていってますから。できないことが増えすぎてやばいです。

「好きこそものの上手なれ」の意味は、ますます強くなっています。徹底的に好きなことを極めれば、それだけで、仕事になるんですよ。「日本で一番仏像に詳しくて、熱狂的に仏像について語れる人」とか、超面白いじゃないですか。

まずは自分の強み、生まれ持った特性について把握しましょう。以下のツールがおすすめです。
 

  • グッドポイント診断(無料)
  • ストレングス・ファインダー(有料)
  • 認知特性テスト(有料)

  • んで、その強みをもとに、好きなことをひたすらやりましょう。だいたいにおいて、強み・特性と、自分が好きなことはリンクしています。ここの試行錯誤を積み重ねていけば、あなたは仕事で成功します。

    仕事のルールは簡単なんです。「向いていること、好きなことをひたすらやる。好奇心のまま、誰よりも早く新しいことをする」。これだけです。2016年時点では、これだけやっていればOK。イージーでしょ?


    背負わないだけで、自由になる。

    この社会はよくできていて、自分の頭で考えないと「どんどん背負い込む」ようなシステムになっているんです


    「大学に行かないとまともな社会人になれない」という人は、「奨学金」を背負います。

    「友だちが大切だ」という人は「人間関係」を背負います。

    「入社後、3年は同じ会社に勤めないといけない」という人は、下手すると「うつ病」を背負います。

    「こどもが生まれたから、家を買わないといけない」という人は「35年ローン」を背負います。

    「保険をかけておくのが大切だ」と思い込む人は、「生命保険」「がん保険」「火災保険」「地震保険」「盗難保険」を背負います。

    「親の面倒を見るのがこどもの役割だ」と思い込む人は、「親の介護」を背負いこみます。

    「何があっても自力で生きていくのが大人だ」と考える凡人は、「自己責任」を背負いこみます。


    こんなの、全部思い込みですからね。勝手に色々思い込んで「自由になれない」と嘆いているのが、99%の日本人です。1%のぼくからすると、実にアホらしく見えます。

    人間はもともと自由なんですよ。不自由にしているのは、自分自身です。考え方次第で、どうとでもなるんですって。自縄自縛の構造に早く気づかないと、好奇心も行動力のない「老害」になりますよ。


    多くの人は愚かだ。そして時代の流れが読めない。

    こういうことを言うから炎上するんでしょうけど、ぼくから見ると、世の中は愚かな人で溢れています

    ぼくもそれなりに愚かなんですが、だいぶマシな方ですね。やりたいことやってますし、お金も稼いでますし、毎日楽しいですし。

    特に「時代の流れ」を読めていない人が、なんと多いこと。このブログを読んでいる人は大丈夫だと思いますが……くだらないこだわりに縛り付けられて、自らを「時代遅れ」の位置に追いやってしまう人が多すぎます。

    これからは、変化の時代なんです。5年前の常識は通用しません。10年後、どうなっているかはよくわかりません。

    だからこそ、未来について考え、行動していかなくてはいけません。ぼくからすると、みんな考え方と行動様式が古すぎます。以下の本でも読んで、勉強してください。


    結論:何をやろうが、ぼくの自由、あなたの自由。

    結局のところ、どうせ人間、いつ死ぬかわからないんですから、好きなように好きなことをして生きるべきなのです

    これが30歳で得た「真理」ですね。早めにそれを理解できてよかったです。

    というわけで、ぼくはこれからも好きなように勝手に生きて、勝手に死にます。


    誕生日プレゼントは、有料マガジンの購読で!

    とまぁ、そんなぼくの活動を面白がってくれる人は、ぜひ有料マガジンをご購読ください。それが最高の誕生日プレゼントです!

    月額500円で、たっぷり記事を読むことができます。仕事に役立つネタ、素敵なフォトエッセイ、女流ライターのコラムなどなど、多数のコンテンツを配信しております。

    今日はどんな実験をしよう。|イケダハヤト【有料マガジン注力中!】|note


    書籍の購入も大歓迎です。ここら辺が売れ筋なので、役に立ちそうだと思ったらポチッとどうぞ!


    ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    ブログは稼げる。月商500万円超えました!

    月額4,980円のメディア研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

    「一巻で完結」のおすすめマンガ

    「5巻以内完結」の面白いマンガ


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。



    Instagramやってます