スクリーンショット 2016 04 12 13 09 45

独立してブロガーとして仕事をすること、早7年。色々な人を見てきました。

「独立に成功できない人」に共通していることについて、えげつないですが書いておきましょう。


1. 「初めての商品・サービス」にコストをかけすぎている。

たとえばみなさんが、新しいサービスを打ち出そうとします。

このときに、「最初からいいサービスを出そうとしすぎる」と、だいたい失敗しますね。

もう少し辛辣にいうと「創業者が一方的に『これはいいものだ』と信じ込んでいるサービス」を作ってしまっている場合、失敗する可能性が高いです。

起業経験がある人は納得すると思いますが、最初に作るものってえてしてトンチンカンなんです。

リリースしてみると、「実はニーズがそこまで強くなかった」「ニーズとずれていた」「機能が多すぎた」ことがわかるんですよね。

そこから修正していけばいいんですが、最初にコストをかけすぎると、軌道修正できずに始まる前から撃沈していきます。南無。


2. 撤退、方針展開できない。

起業に失敗するのは、撤退と方針転換が下手だから、ともいえます。

起業の失敗って、むしろほとんどこれなんじゃないかな……。

「せっかくお金をかけて作ったから、がんばりたい」とか思っちゃうんですよね。愚の骨頂!

その結果、「いまいちイケてない商品」にだらだらとリソースを費やすことになり、結果的に失敗します。

こういう失敗は、ウェブサービスやアプリというより、リアルな商品・サービスに多い気がしますね。

だらだらと続けている姿は、周囲から見ても「ダサい」ものです。

「あぁ、この経営者はイケてないな」と思われる前に、さっさとやめるのが大切です。


3. 情報収集能力が絶望的に欠如している。

これもひどい言い方ですが、起業に失敗する人は、そもそも情報リテラシーが絶望的にかけています。

これがどういう悪影響をもたらすかというと、以下のようなドツボに陥ります。

  • 競合となる商品・サービスを知らないので、差別化に失敗する。二番煎じであることに気づかず、二番煎じをやってしまう。
  • 時代の流れが読めないので、先行者優位を取ることができない。
  • 人や事業を見る目が育たないので、最悪の場合詐欺にあう

めっちゃブラックな話ですが、詐欺にあった起業家の方って、けっこう見てきているんですよ……。

暴力団まがいに人たちに騙されるケースだったり、明らかに劣悪な商材を買わされてコスト増大して潰れるケースだったり……。ちーん。


4. 人を見る目がない。

これは情報収集能力と関係しますが、起業に失敗する人は、「目利き」ができませんね。

ゆえに、最悪のケース、詐欺に遭うのです。変な塾とか入っちゃってたりすると、なんかもう目も当てられない……。

人を見る目がないので、人材採用もはかどりません。

優秀な人を採用することができたとしても、スタッフに「え?この社長、ちょっと人を見る目なさすぎじゃない……?」と絶望されて、逃げられます。

んで、残るのは会社に依存して生きるしかない無能な人々……。そういう会社、ありますよね。


5. ビジョンを語れない。

「求心力」がない経営者は失敗しやすいですね。

逆にいうと、実務がどれだけできなくても、しっかりとビジョンを語り、行動できるリーダーは、経営にも成功しやすいです

うちのパートナー企業「リツアンSTC」の野中社長とかすごいダメな感じですが、ビジョンを語るのはとにかくうまくて、そこに人が付いていき、会社として成長している感じです。

社長は実務ができなくていいんですよ。

「これからの社会がどのようになるか」、そして「自分たちの会社がどこを目指しているか」を語り、関わる人たちを元気にしていく(エンパワーしていく)ことが、本当の仕事なのです。

変に実務ばかりやってしまう起業家は、なかなか成功しにくい傾向がありますね。


6. 助けを呼べない。

起業をすると、ほとんど必ず、大きなトラブルにぶち当たります。

どれだけ優れた経営者でも、判断ミスを犯すことはあります。

自然災害や為替リスクなどなど「自分たちではどうしようもない経営リスク」も存在します。

ぼくがやっているようなデジタルメディア系事業も、「Google先生の鉄槌でいきなり売り上げが半減」なんて状況は普通にありえます。


そういうときに重要なのが、助けを呼べる能力。

ほんとうは、助けを呼べば、助かるんですよ。恥を捨てて助けを求めればいいんです。

でも、多くの人はそこで声を上げることができない。

会社にかぎらず、個人の人生でもそれは同じだったりしますね。

ぼくは死にそうになったら、このブログを使って全力で助けを求めるので、どうぞよろしくお願いいたしますw


7. 儲かることしかやらない。

逆説的ですが、「儲かること」しかやらない会社は、経営に失敗します。

なぜか?

儲かることは、みんなやるからです。

当たり前ですね。儲かるなら、そりゃあやりますよ、みんな。

みんながやるので、当然競争は苛烈になります。

顧客の奪い合いが始まり、商品の単価は下がり、宣伝コストが増大します。何を作っても「他の人と同じもの」にしかなりません。

明らかに儲かる領域に足を踏み入れるときは、注意が必要です。

同じように考えて、同じようなことをしようとしている人が、1,000人はいると思ったほうがいいでしょう。


8. 無駄なところに多大なコストをかけている。

ダメな経営者は、コストカットができていません。

いまどきウェブサイト作るのに何十万もかけてたり……。「Wix」使えば無料でできるのにねぇ。

今はいい時代で、たとえば社用の携帯電話を「IIJmio」あたりにするだけで、通信費は大幅に削減できる可能性があります。う

スクリーンショット 2016 04 12 12 49 17

BIGLOBE」「Nifmo」のように、法人向けの格安SIMを提供する会社も増えてます。さっさと移行すべきですよ、マジで。


経理に関しても「freee」を使うだけで、相当手間が削減できます。請求書を簡単に発行・管理できる「Misoca」もいいですよ。

スクリーンショット 2016 04 12 12 53 48

クラウドソーシングも効果的に活用すべきですね。「クラウドワークス」を覗いてみると、会社で発生する「雑務」はかなり安い値段で外注できることがわかります。

スクリーンショット 2016 04 12 12 58 13

他にも人事労務をサポートする「SmartHR」、バックオフィスを全般的にサポートする「Bizer」などなど、多様なコスト削減サービスが登場しています。


オフィスに関しても、基本的に自宅で十分ですし、どうしても必要ならコワーキングスペースで十分ですよ。東京・渋谷でも、LightningSpotとかなら月1.5万ですよ。


こういう新しいツールを使うリテラシーがない経営者は、危機感持ったほうがいいと思います。無駄なコストがあるなら、人材の確保、事業投資に回りましょう。


どうすればいいの?

成功確率をあげるためには、以下のことを気をつけるといいでしょう。

  • 商品やサービスは、コストをかけずにリリースする。反応を見ながら、商品を最適化していく。
  • ダメなときは積極的に撤退する。または、方針転換する。
  • 社長として自ら、情報収集を行う。社員に任せるのはダメ。好奇心を持って、最先端の情報を仕入れ、議論しましょう。
  • 長期的に経営に成功している人の姿を見て、人を見る目を養う。結果を出している人の姿から学びましょう。
  • 社員はもちろん、社会に対して、ビジョンを積極的に語る。そして行動する。
  • 会社の危機には、助けを呼ぶ。今までの行動が正しければ、助けてもらえるはず。
  • 社風に合う人を採用する。優秀な才能には、むしろ「外部メンバー」として関わってもらう。
  • 儲かることだけではなく、「儲からないこと」をいかに巧みにやるかを考え続ける。
  • 無駄なコストは削減。格安SIMfreeeBizerクラウドワークスなどなど、新しいツールを積極的に導入する。

あなたの独立・起業がうまくいくことを祈っております。


関連記事