こんにちは、イケダハヤトです。今回はスペシャルインタビューとして、移住者的にたいへん気になる「田舎の介護」について聞いてきました。

話を聞かせてくれたのは、高知県本山町でデイサービス「長老大学」を経営する、澤本洋介さん。ご近所さんで、ときどき直販所ですれ違います。

ここは全国的にも珍しい、「介護民俗学」を実践するデイサービスです。彼らはデイサービスを利用する高齢者の話を「聞き書き」し、自分たちのメディアで発信しているのです。貴重な話がたっぷりで、読んでてワクワクします。

というわけで、地方から先進的な介護を実践する澤本さんに、根掘り葉掘り聞いてみましょう。よろしくお願いします!

(本記事は単品でも販売していますが、月額500円の有料マガジンでの購読がお得です。毎月50〜60本の記事を配信中。)

====


田舎の介護のリアル。


続きはこちら→「移住」はいいけど、親の介護どうするの?「長老大学」の澤本洋介さんに「田舎の介護のリアル」を聞いてきたよ。