この種の「批判ですらない批判」がまかりとおっているので、終止符を打っておきましょう。タイトルははあちゅうインスパイア。「最終回答」っていいなw


そもそも信者ってなによ?

いわく、「イケダハヤトは『信者』からカネを巻き上げている」。愚かな人々は、そう語ります。

「信者」ということばは便利で、なんか読者を含めてdisった気分になるんですよね。ネットでよくある、「頭を1ミリも使わない中傷ワード」です。

さて、「信者」とはなんなのでしょう?彼らは、その定義をしません。


しいて換言すれば、それは「熱心なファン」といったところでしょうか。

が、冷静に考えれば、「熱心なファン」に、クリエイターが支えられるのは当たり前のことです。「パトロン」ということばが存在するくらいですからね。クリエイターがファンからお金をもらい、創作活動を続けるのは、なんら忌避すべきことはありません。アートなんてものは、信者なくして成り立たないのです。

ぼくもまた、月額500円のマガジンや、月額4,980円のサロンによって、多くの方々に支えられています。それを原資に、高知をフィールドに創作活動をつづけております。いつもありがとうございます。


信じてくれるなら、それもいいんじゃない?

もう少し邪推すると、彼らは「イケダハヤトを盲信している愚かな人たち」を想定し、「信者ビジネス」と揶揄しているようにも見えます。

さて、「イケダハヤトを盲信している愚かな人たち」というのは、注意が必要なことばですね。

そもそも「信じる」ということについて、考えないといけません。「信じる」ことは、いいのか悪いのか。


答えを先に言うと、ぼくは「読者がぼくのことを信じてくれるのは、別に悪いことではない」と考えています。昔は「信じるなよ!」という予防線を張っていたんですけどね。大きな変化です。

というのも、「信じる」というのは、信じる対象(「師」)が善い方向に導こうとしているのなら、それはむしろ、信じる人にとって良い影響をもたらすんです。

ぼくは、ぼくのことを信じようとしている読者のみなさまを、最大限、善い方向に導こうとしています


偉そうに聞こえますが、まぁ、そりゃあそうですね。別に彼らにツボを売りつけるようなことはしません。お金に困っているわけではないので。知らない人でも、できることなら、幸せになってほしいです。

なので、悩んでいる方はどうぞお気軽に、ask.fmで相談してください。月額500円のマガジンで閲覧できますので。そのくらいはまぁ、身銭を割いてください。初月無料ですしね。


また、信じてくれる人が増えることで、ぼくはいいプレッシャーを受けることができます。少なくとも、悪いことはできませんし、隠しごともできません。自分の行動を、善い方向に導く圧力を、自分にかけることができます。


イケダハヤトを盲信する人に伝えたいこと。

ぼくは、ぼくのことを信じてくれる人のために、こんなメッセージを出しています。ざっと箇条書き。ぼくを信じてくれるほど熱心に読んでくれている人なら、きっと伝わっているはず。

  • あなたがダメなのは、あなたが悪いからではなく、単に環境が悪いから。
  • 自分を偽るとうつ病になるので、マジでそれだけは気をつけてください。一度うつになると、しばらく動けなくなります。
  • あなたを誰かが陥れようとしても、憎むべきではない。彼らは病気だから。
  • 怒りが湧いたときは、創造のエネルギーにしよう。
  • 悪感情を否定する必要はない。その感情をうまく「排出」する方法を学ぼう。
  • 健康なら、人が生きるためにはお金は大してかからない。常識を捨てよう。
  • ネットで月2〜3万円稼ぐのは、そう難しくない。
  • いざとなったら、生活保護をはじめとする社会的なセーフティネットを頼ろう。
  • 一流になるためには、圧倒的な時間を投入する必要がある。あなたが凡人なら、徹底的に時間を割くべき。
  • ぼくのことばはお釈迦様の受け売りなので、ブッダのことばに触れましょう。
  • ブッダ以外にもすばらしい師はいるので、他の人も当たってみてください。人生のコーチみたいなもんですね。

なんてところですかね。

ぼくは「師」というよりは、「善き友」くらいで考えてもらえればいいかな、とも思っています。この説話、すごく好きです。

お釈迦さんがサッカラという村にいた時のことです。 弟子のアーナンダさんがお釈迦さんにこのように言いました。


「師よ。仏法を学び、そして共に仏の道を歩む。

 このような善き友がいるということは、

 修行の既に半ばを達成できたに等しいと私は思うのですが、

 いかがでしょうか?」


それを聞いてお釈迦さんはこのように応えました。


「そうではありません。

 そんなことをいうものじゃありませんよ。アーナンダ」


(しまった。修行の道はそんな簡単なものではないか……)

とアーナンダさんは一瞬頭によぎりました。


しかし続けざまにお釈迦さんこのように言いました。


善き友がいることは修行の半ばではなく、その全てなのですよ

第22話「善き友」


というわけで、イケダハヤトの活動を支援してくださる方は、ぜひ月額500円の有料マガジンをご購読ください。ブログで毎月2〜3万円稼げるようになりたいなら、月額4,980円の有料サロンがおすすめです。

ぼくの売り物はこれだけです。あとは電子書籍と、noteで単品コンテンツ売ってるくらいですね。アイドルの「握手会商法」とかに比べれば、断然良心的なんじゃないだろうか。ぼくも握手会やろうかな……。