丁寧に書いておきますか!(ツイートまとめですが)


noteの何が面白いのか?


先日紹介したUrasaki Masayoさんの記事は象徴的で、これは「ブログでは読まれないけれど、noteではめっちゃ売れる」典型だと思います。著者としての知名度は決して高い方ではありませんが、いいコンテンツなのでぼくは買いまくってます。


時代を、これからつくるんです。


身銭を切る意味。


すごいですよ、有料記事はめちゃくちゃ反応率が高いです。記事を出すとコメント10件くらい付きます。これ、ブログ記事じゃありえないんですよ。

スクリーンショット 2016 01 17 8 46 39

これは新しい体験です。


このワクワクを多くの人と共有したいですね。毎日がんばって有料マガジンも更新してますので、よろしければぜひ。