岡田斗司夫さんの新刊を読みました。


未来を語る力が、カリスマを生む。

ホームレス小谷くんは、かつて無名の売れない芸人でした。ところが「1件50円でどんな依頼も引き受ける」という活動をはじめたところ、多くの人から支持され、応援され、大勢の人が彼の考えに賛同して動いてくれるようになりました。

スティーブ・ジョブズやホリエモンのように、ものすごく大勢の人に影響を与える「大カリスマ」にはなかなかなれるような気はしません。でも「小谷くんのように生きたい」という若い人は少なくないのです。

いろいろな場所に行けて、人に出会えて、好かれて、応援される。そんな「小さなカリスマ」になることで、お金を介さずに最短距離で幸せに近づいてみませんか?

コンパクトにまとまった良著で、納得する部分も多かったです。サロンビジネスについて真面目に言及した本は、何気にこれが唯一かも。岡田斗司夫サロンもうまく回ってるのかな?

特に賛同するのは「未来を語る能力が、カリスマを生む」的な話。これからの社会がどうなるかを語ることが、カリスマの要件の一つである、みたいなことが書いてありました。

これはぼく自身、割と意識していることだったりします。

「まだ東京で消耗してるの?」というコンセプト自体が、ある意味「未来を語っている」ようなものですしね。これからの社会がどのようなものになっていくか、これを適切に語ることができれば、カリスマになることができます。ある意味で宗教の「教祖」みたいなものです。


体を張って語れ。

ただし、未来を語るのは簡単ではありません。こたつに入っていてはだめで、ぼくが限界集落に移住したように、「こういう未来が来るから、オレはこうしている」という体を張ったデモンストレーションが必要なんですね。

いくら「これからは地方の時代だ」とわかっていても、東京でサラリーマンやってたら、ぜんぜん説得力がないし、そういう未来も訪れないんですよ。まずは自分が行動することから。これなくして、カリスマにはなれません。

未来を見通し、タイミングよく行動して、しかも未来について適切に語る。これができる人は、そうそういません。早すぎてもダメだから、また難しい。たとえば「Bitcoin」とかはちょっと早すぎる感じがします。


人気ブロガーになりたければ、行動するのが手っ取り早いです。もちろん、未来を創るつもりで、飛び出すのです。「これからは労働しない未来が来る!」と宣言しながら徹底的に仕事をしないでひきこもるとかも、面白いでしょうね。

どういう未来を見ているかは、その人の「世界観」なのです。いい世界観を描けば、読者は付いてきます。ぼくは最近、世界観を意識して文章を書いています。で、アクセス伸びました。


あなたはどんな未来が来ると思います?それに向けて、どういう行動を取りますか?

これは、人気ブログを創るための根本的な問いです。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう



フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます