み、みりんがこんなに美味しいなんて…。


もともとお酒なんですね。

衝撃を受けたんですが、「みりん」がお酒として激ウマなんです。麻薬。劇薬。一升瓶すぐになくなるレベル。

ぼくが飲んだのはこれ。米・米麹・焼酎しか入っていない「本格みりん」です。スーパーで普通に売ってるみりんは多分美味しくないので、飲むなら本格派を飲みましょう。一升瓶でも2,400円と、お酒として見ればお安いです。

味はですね、「紹興酒のような熟成香があり、フルーティーさと軽さも感じられるリキュール」という感じ。こちらは2年熟成しているそうで、いい感じの香りがあります。でも、クセがあるという感じではなく、女性でもグイグイ飲めます。

ラベルの説明書きを見たら、もともとは「みりん」って「甘いお酒」として楽しまれていたそうで。ですよね。これ、調味料にするにはもったいないレベル。お酒のジャンルとして確立すべき味です。いやー、完全にハマった。

ソーダ割りにしてもいいでしょうし、何より「ホットみりん」はかなりイケると思います。もうちょいと寒くなったら試してみます。確信があるんですが、これ絶対美味しい。高知らしくゆず果汁とか垂らしてもいいだろうなぁ。


高知で本格派みりん作っても面白いだろうなぁ…。「みりんをお酒として楽しむ」という文化を再興したい、というミッションが芽生えました。まずはみなさん、本格みりん飲んでみてください。驚愕しますよ。