9月から手伝ってもらっているアシスタントのサトモトさん。燃えていたようです。


もっともっと燃えなさい!

燃えたのは「ライターとしてお仕事ください。高知の方々、連絡お待ちしております。」という記事。なんで燃えたのかはよくわかりませんw アクセスがどかーんと跳ねてますね笑

スクリーンショット 2015 09 16 9 14 16

アドバイスとしては「1年間で50回は燃えてほしいから、あと49回頑張ってね」と伝えました。あと、せっかく燃えたから薪を投入するといいよ、と。

スクリーンショット 2015 09 16 9 36 00

割と本当に、1年で50回、つまり一週間に1回は炎上するといいと思うんですよ。冗談とかではなく。

実際、ぼくもそのつもりで記事を書いています。気をつけて読んでいただくと、割と定期的に炎上していることがわかると思います。

論より証拠。今は月に2回くらいですかねぇ。もっと燃料効率を上げないと。

賛否両論が分かれるネタというのは、読者もぼくも、面白いんですよ。ライターとしての腕も試されます。ゴミみたいなコメントが集まる様子を見れば、インターネットのメカニズムを体感することもできます。バズが起きる法則みたいなものもつかめます。挑戦しない意味がわからない。

ぼくは今となっては「狙って」燃やすことができるようになりました。魔法使いでいえば炎系です。ファイガ!


本音をデザインする

ただし、これ難しいのは、嘘は書いちゃだめなんですよ。自分の本音、経験に基づく言葉じゃないと、うまく燃えないんです。上でリストアップしている記事は、すべてぼくの本音です。だからこそ、よく燃えるわけです。これを勘違いしてしまうと、時間と創造性が無駄になりますね。

上位のテクニックを述べると、「本音をデザインする」ことが大切なんです。ぼくはだから、高知の限界集落に移住しました。こういう環境に移すと、「本音」と「世間の常識」の乖離が生まれますから。東京に住んでいるサラリーマンには「「憧れのタワマン」とかホント笑えるwww」なんて記事は書けないのですよ。どうしても嘘っぽくなる。


ぼくの本音は純度も高く、都会からしたら異質です。だからこそ、差別化ができるんです。

と偉そうに書いてますが、まだまだぼくも常識人なので、切れ味は改善できます。もっと生活を変えないと、炎上ネタは湧いてこないだろうなぁ…とりあえず、山を買って温泉を掘るところからですね。



東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である



フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます