ぼくは推敲をしません。


勢いによって、創作は磨かれる

なんでしょう、ずっと文章を書いていて感じるのは、「一筆書き」で書いた文章が、一番面白いんです。

もちろん、そういった文章はところどころ「おかしい」こともあります。文章がうまくつながっていなかったり、冗長になってしまったり。

でも、その「おかしさ」は、ポジティブに捉えれば「味」ともいえるんです。

言い換えると、推敲して綺麗な文章にしようとすればするほど、「味」も薄くなっていきます。推敲というプロセスを通すと、「違和感のない文章」になってしまうんですね。

説明書ならまだしも、ブログというのは本来はアートに属する創作活動です。小説や詩のようなものです。だからこそ、読んでもらう人に「違和感」を与えてなんぼだと思うんですよ。違和感を与えないようなブログ記事は、面白くないんです。

読者はあなたに、スピード感を求めているんです。著者の文章を書くスピードというのは、実は読者によく伝わっています。よく推敲された文章は美しいですが、読者は同時に「退屈さ」を感じています。

勢いのなかで創作を続けることで、上達するスピードもまた早くなっていきます。推敲ばっかりしている人は、なかなかうまくならないですよ。舞台に立つ回数が減りますし、瞬発力も出ませんから。「一筆書き」を世の中に出しまくった人が、結局はトップに立ちやすいのです。

いいんですよ。推敲なんてしなくて。もっと、「生」のあなたを見せましょう。恥をかきましょう。話は、そこから始まるんです。

推敲はオプションです。必要なときにだけ、推敲すればいいんです。あなたはむしろ、「一筆書き」に注力するべきです。

ぼくはそうして来ましたし、その方が自分も書いてて面白いんです。





東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である



フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます