本日はこんなご質問をいただきました。

イケハヤ相談小屋 : まだ東京で消耗してるの?


家族を捨てるという選択

24歳女子です。日本で3本指に入る大企業に勤めています。

仕事が楽しくなくて、人にも魅力を感じず、ベンチャーに転職しようと考えていたら、家族から猛反対にあいました。イケハヤさんの本の中に出てきた、努力してないから論で責められました。

わたしはこの会社に入ってから努力したことがありません。つまらなすぎて、取り組もうとも思えないからです…… どうにか家族を説得したいです。 イケハヤ流の決め台詞、教えてください!!!!

辞めましょう〜。辞めましょう〜。さっさと辞めましょう〜♪大企業はクソだ!

…という結論はもう出ていると思うので、親御さんとの関係性の話ですよね。


もう、家族の反対なんて無視していいんじゃないですかね。24歳なんですし

働いているということは経済的にも自立しているでしょうし、何を気にしているのか、薄情なぼくにはちょっとよくわかりません。

きっと親御さんは、質問者さんに「依存」しているんだと思います。キツイ言い方ですが。いくら娘が大切だとしても、24歳の娘の決断(しかもたかが転職)に猛反対するって、ちょっと縛りが強すぎますよね。親御さんにとって質問者さんは「誇り」であり、同時にそこに「依存」している、とぼくは感じてしまいます。

だったら、「親御さんのために」、しばらく縁を切っちゃえばいいんです。

「いくら反対されても、これは私の決断なので、しばらく本気で努力してみます。以上」くらいで、しばらく連絡を絶ってみれば、親御さんサイドも目が覚めて「あぁ、この子の人生はこの子のものなんだな、そういえば」と諦めることができるでしょう。

親が大切で、恩義を感じているのなら、なおさら、適切に縁を切るべきです。不健全な関係を続けるのは、家族全体にとってよくありません。大企業みたいなもんですね。

どうせ親子の縁なんて切っても切れないんですから、無駄につながっちゃってる縁だけ、うま〜く切って、あとは適当に残しておけばいいんです。結婚、出産など、つながるタイミングでどうせつながり直しますから。


どうせわかってもらえないので、「説得する必要もない」と、ぼくは思います。「まぁ1〜2年見ててよ、ふふん」と笑って会社をやめれば、それで十分。基本的に明るく楽しく生きていれば、あちらは勝手に諦めます。


決め台詞めいたものがあるとしたら、「20歳を越えたら、家族を捨てよう」なんて標語をプレゼントしたいですね。もう大人なんですから、ぬくぬくした鳥かごは捨てていいのです。


質問はこちらから→イケダハヤト | ask.fm

過去の相談はこちらから→イケハヤ相談小屋