スクリーンショット 2016 06 29 14 39 46

大企業で働く若者から「ベンチャーに転職しようと思っているんですが…」と相談を受けました。大企業・ベンチャー・自営業すべてを経験しているので、自分の経験を書いてみようと思います。


1. 大企業は「職種」を選べないのがキツイ

ご想像の通りぼくはアンチ大企業派なのですが、事実ベースでいえば、大企業って「職種」を選ぶことがクソ困難ですよね。

大企業時代のとある上司は、「国内営業→海外営業→カスタマーサポート→法務→広報」と、信じられないくらい多様な職種を経験していました。今はまた違う職種で働いているのでしょう。
で、もちろんこうしたキャリアの変化は彼の意思ではなく、人事が一方的に決めた采配だと思われます。なんだそれw 


大企業がキツイのは、第一にここだと思うわけです。
「マーケティングがやりたくてこの会社に入ったのに、なぜか経理に送り込まれてキツイ」なんて話は、割と一般的です。
「職種別採用」で入ったとしても、そのあとのキャリアは結局選択できなかったりしますしねぇ。


その会社のなかにずっといるのなら、多様な職種を経験する意味はあるでしょう。
が、転職・独立が前提の場合、ジェネラリストは得てして「使いづらい」ものです。「営業も法務も広報もできます!」みたいな人が、一流なわけがないと思うんですよね〜。専門的スキルが乏しいはずで。

これからの時代は、自分でひとつの職能を決めて、それを極めていくスペシャリストタイプが生きやすいのです。そう思ったので、ぼくは大企業を辞めてベンチャーに転職しました。
今は「ブロガー」という職業のもと、マーケティングスキルをビシバシと磨いております。この武器があれば、どこでも戦っていけますからね!


2. 大企業は「勤務地」を選べないのがキツイ

思い出すだけで胸が苦しくなるんですが、ぼくがお世話になった上司は、東京郊外に家を買った瞬間に、地方に飛ばされました…

ひどい話ですよ、本当に。せっかくマイホームで子育てできると思ったのに、遠方に飛ばされて単身赴任。もはや人権侵害。奴隷労働。まだこういう悪習、一般的なんですかね?信じがたい!!

上記はたぶん極端な例ですが、大企業で働いていると、突然別の拠点に飛ばされることは、そう珍しくはありません。「来月から大阪で働いてね」とか、意味がわからない……。
会社の都合でいきなりオフィスが変わるとか、ほんとやってられないですよね。ましてや家を買ってしまった直後とか。家族の事情だってあるわけで、本当にひどい話だと思います。
住む場所を選ぶ権利なんて、最低限の人権だと思っていたけれど、大企業では違うようです。


3. 大企業は「上司」を選べないのがキツイ

あとは、大企業って上司を選べないじゃないですか。これ超キツイですよ。

ベンチャー企業なら、少なくとも「社長」は自分で選ぶことができます。
ぼくもかつて勤めたベンチャーでは、社長に惚れて就職したところがあります。結局その会社は1年で辞めてしまいましたが、彼と一緒に働けたのはよかったなぁ、と今でも感じています。
 

一方で「上司を尊敬できない」というのは、大企業あるあるです。これキツイですよねぇ。上司どころか、社長も距離が遠すぎて尊敬できないものですし。
リーダーを選べない環境はリスクですよ。
先導する人が無能だと、自分も成長できないし、愚痴っぽい人間になっていきますから。
大企業で働いている人は、このリスクに無頓着である気がします。だからみんな、新橋で上司の愚痴をだらだら吐き出しているんでしょうねぇ。無駄すぎ。


4. 大企業は「働く仲間」を選べないのがキツイ

大企業の場合、同僚も選べません。これもまたキツイ

漫画「ワンピース」で言ったら、よくわからない人と一緒に大海原に出るようなものです。しかも船長は自分で選んだわけでもない。ぜったいに航海失敗しますよねw 船長も同乗者も、しっかり自分の力で選びましょう。そこがスタートなんですよ、ほんとうは。


ぼくは大企業をやめてから、如実に「仲間を選ぶ」ようになりました。
これは基本中の基本です。合わない人とは仕事になりませんから。そんなことは当たり前ですよね。尊敬できない人と一緒に仕事をすると、自分のパフォーマンスも落ちます。
といっても、大企業のサラリーマンには伝わらない話なのでしょう。彼らにそんな自由はありませんからね……。


5. 大企業は「仕事を断れない」のがキツイ

まだまだあるよ。
大企業で働いていると、仕事を断る自由がなくなります。そういう前提自体がないじゃないですか。
大企業においては、上から降ってくる仕事をこなすことは「絶対」なんです。それがどんなに非生産的であろうと、あなたはこなさなくてはならない。
 

小さな組織なら、「そもそもその仕事を自分たちがやる必要があるのか?」という疑問を抱く余地があります。ぼくは自営業なので、日常的に仕事断ってますよ。そりゃそうですよ、やるべきじゃない仕事って多いですから。

「仕事を断る自由」のあるなしは、働く上で超大切なのです。成果を出したければ、仕事は選り好みしないといけないのです。
……まぁ、大企業勤めの人にはわからないと思いますが。


6. 大企業は「成果をあげても給料に反映されない」のがキツイ

いうまでもなく、大企業で勤めている以上、あなたの年収には限界があります。

ぼくが在籍していた会社では、20代のうちは、ひっくり返っても年収400万が上限でした。
どれだけ優秀であろうとも、年収600万円に達することは、20代ではありえないのです。なんちゅう仕組みだ。
 

大企業は、個人が出した成果が、悪い意味で薄まって組織に広がってしまうのでしょう。
あなたが頑張って1億円稼いだとしても、社員数5万人の会社なら、ひとり頭+2,000円程度の儲けにしかなりません。10億円でも2万円。
そりゃ、あなたの給料は上がりませんよ。


大企業を辞めてからは、自分の出した成果が、そのまま報酬に直結するようになりました。
当然のことだと思いますが、この環境は気持ちいいんですよ。今は年商3,000万円くらいで、のんびり田舎で暮らしております!


7. 大企業は「コミュニケーションコスト」が高すぎるのがキツイ

大企業時代、アホか!ということがたくさんありました。

大した話でもないのになぜか大人数で定例会議が開かれる、とかあるあるですよね。20人集まって、話すのは2〜3人。1時間の会議で、半数はボーッとしているか、寝ている。マジで経験しました、これ。

工場と本社の心理的距離感にも驚かされました。お互い、同じ会社なのに「違う人間」として捉えているんですよね。そういう会社の仕組みだったのでしょう。
なんかもう、面倒ですよね、そういうの。


「稟議」という蕁麻疹ワードも忘れはいけません。
なんですか、稟議って。時間の無駄のこと?
 

そう、大企業は人が多すぎるあまり、コミュニケーションコストも高騰しているんです。
どうでもいいことに時間を割くのが嫌で、ぼくは会社を辞めました。
自分の時間は有限なのですよ。

8. 大企業は「プロジェクトやめる」ことができないのがキツイ

大企業でやるプロジェクトって、「こりゃあいまいちだなぁ」とメンバー全員が思っていたとしても、「やめる」判断が下せないんですよね。ステークホルダーが多すぎるんで、やめるにやめられない状況にがんじがらめになってしまいます

「多分うまくいかない」「やっていて面白くない」「早く部署を異動して、このプロジェクトからは手を引きたい」とメンバーの多くが感じているのに、それをやり続けないといけない。それじゃあ……月曜日が憂鬱ですよね。

「やめたいときにやめる」というのは、人間的な権利だと認識しましょう。やりたくもないことを続けていると、人間はマジでうつ病になりますよ。笑い話ではなく。


9. 大企業では競争から抜け出せない。

超おすすめの名著「ルールを変える思考法」にこんな記述があります。大企業のおっさんたちには、血が出るまで目をかっぽじって読んでもらいたい。

「儲けることばかり考えていてはダメ」というのは、道徳の話ではなく科学の話です。

(略)「きちんと説明できないんだけど、正しいと自分が思うこと」—これを人間は「感性」という言葉で表現してきたのではないでしょうか。「感性」のところまでいけば、競争が起こる可能性はかなり減る。

【読書感想】ウケるコンテンツを作るコツは、この一冊に詰まってる。川上量生「ルールを変える思考法」

大企業はまさに「儲けることばかり考えて」いますよね。そりゃそうだ、大量の社員を養わないといけないわけですから。そして、みんなと同じようなことをして、競争して、負けていく。だめだこりゃ。

一流の人はみんなわかってるんです。こちらも超名著「未来に先回りする思考法」から。

リアルタイムの状況を見ると自分も含めて誰もがそうは思えないのだけれど、原理を突き詰めていくと必ずそうなるだろうという未来にこそ、投資をする必要があります。

あなた自身がそう感じられないということは、競合もまたそう感じられないからです。

ぼくらが真に考えるべきは、「競争しない」ことです。そのためには、未来の競合よりも早く、ポジションを作らなくてはいけない。

でも、それは少なくとも最初の時点では「ほとんどの人にはよくわからないもの」なんですよ。

フェイスブックだって出始めの頃は「よくわからないもの」だったんじゃないでしょうかね。

Googleだって「なんでこんなものを作ったんだ?」と思われていたそうですよ。

ニコニコ動画も「心の底から成功を信じていた人はいなかったはず」と川上会長自身が語ってますw

それでも、やるんですよ。うまくいくかもしれないから。再び「ルールを変える思考法」から。

「新しいことをやるときには人に説明しない」というのは、僕のポリシーのひとつです。なぜかといえば、新しいチャレンジをやるときは、必要最低限の人が知っていれば十分で、それ以外の人の存在はジャマになるだけだからです。

わかりましたか?大企業は「説明」が必要じゃないですか。だから、ダメなんです。ぼくは絶対に働きたくないでござる。


10. 大企業は「自分の努力でどうこうできない」のがキツイ

ぼくが在籍していた会社は、入社した2009年度、なんと2,000億円の赤字を出していました。2,000億円ですよ。黒字じゃなくて赤字です。信じられない金額です。

この金額を見て、若かりしぼくは「あぁ、すげー、これもう自分の力でどうこうできるレベルじゃないよな」と確信しました。これが大企業か!と。

ベンチャー、自営業のいいところは、「自分が頑張れば割となんとかなる」ことです。
努力の問題でなんとかなることが多い、というのは幸せな環境です。
そうじゃないと、無気力になっちゃいますからね。
ぼくは大企業時代、最後の方マジで無気力でした。まぁ、そりゃそうですね。


11. 大企業は誰も責任を取らないのがキツイ

最後に。一番怖いなと思ったのは、たとえばそういう赤字が出ている状況でも、「責任を取る」という意識が、全体的に希薄なんです。

かくいうぼくも、新卒だったこともありますが、「2,000億円」の赤字は完全に他人事でした。誰かなんとかしてくれるだろう、と。ぼくの上司もそうでしたし、程度の差こそあれ、経営層もそうだったのではないかと思います。

それは結局、「自分の力ではどうこうできない」という諦めが、根底にあるのでしょう。自分の力でどうこうできないわけですから、当然自分には責任はありません。
そういうロジックが会社全体に広がってしまうのは、恐ろしいことです。


ぼくは自営業ですから、経営に失敗したら、それはもう完璧に自分の責任です。
誰のせいにすることもできません。
働く上では、この前提が健全だと思い至るようになりました。


ぼくはベンチャー、自営業をおすすめします。

というわけで、ぼくは大企業よりもベンチャー、または自営業をおすすめします。

「この会社の技術に惚れた」など、何らかのこだわりがあるなら大企業もいいと思いますが、「なんとなく安定しているから大企業に入る」とかはリスキーです。かつてのぼくがそうだったので、よくわかります。さっさと大企業を辞めてよかったと、心底思います。


今はいい時代で、ベンチャー企業の雇用も充実しています。

ベンチャーに強いヘッドハンティングサイト「Switch.」あたりに登録(Facebookログインで一瞬で登録できます)しておけば、スカウトがくるかもしれません。自由な働き方ができる会社を集めた「パラフト」も必見です。独立・転職したいエンジニアの方には「ギークスジョブ」なんてサービスもあります。
 

ぼくが大企業に勤めていた頃は、こういうサイトもありませんでした。今は、アクションを取るのは簡単な時代なのです。時代の流動性は高まっているので、淀んだ大河から出て、流れの速い清流に移動するのもいいんじゃないでしょうかね。


こちらもどうぞ:関連記事

  • 独立1年目で失敗しがちなこと:ぼくが実際に犯した5つの失敗 : まだ東京で消耗してるの?
  • フリーランスになって丸5年。あらためて感じる「独立のメリット」 : まだ東京で消耗してるの?

  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    30歳になってわかったこと

    ブログは稼げる。月商500万円超えました!

    月額4,980円のメディア研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

    「一巻で完結」のおすすめマンガ

    「5巻以内完結」の面白いマンガ


    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


    今日も元気にツイート中。



    Instagramやってます