時代の空気が変わっています。


東京はもうつまらない

そろそろコンセンサスになってきましたよね、東京はもうつまらない場所だって。概ね、同意していただけることでしょう。


東京は、経済も政治も面白くありません。人が多すぎて、何をやっても差別化が難しく、それでいて非効率。

凡人はシステムのなかに自分を埋没させるしかありません。優秀な人ですら、もうできることが少なくて、自分がやらなくてもいいことに手をつけてます。

東京は人が多すぎるんです。あなたがいる意味はないんです。何かを新たに生産する余地がありません。

人が膨大な都市にいるかぎり、あなたは徹底的に、消費者になる圧力を受けつづけるしかないのです。「お前は何も生み出すな!消費しろ!」というメッセージ性を、都市は常に発信しつづけています。

それってもう、ナンセンスですよね。「消費」はもう、つまらないんですよ。いつまでバブル引きずっているのやら。

「生産」と「表現」が、これからの時代の楽しさなんですって。もはや言うまでもありませんね。


地方が面白い!

今面白いのは地方です。

ぼくは高知に来てから、都会時代に押さえつけられていた欲望が、解放された感じがしています。

具体的にいうと、山がほしいんです。そんで温泉掘りたいんです。あと、RVパークも作りたいです。ぶどう育ててワイナリーも作りたい。クラフトビール工場、チーズ工場も作りたい。

やりたいことがありすぎて、面白いことがありすぎて「まだ死ねない!」という焦りすら感じます


東京にいた時代は、やりたいことが湧き出てこなかったんですよ。もう何をやってもつまんないなぁ…と。マーケットが成熟しすぎて、面白いこと、儲かることは、自分以外の誰かがどうせ手をつけちゃうんですよね。

地方がすばらしいのは、基本的にブルーオーシャンなんです。ぼくが住んでいる本山町には、たとえばケーキ屋さんがありません(多分…)。あと、温泉もないんです。ゲストハウスもないのかな。まぁ、とにかくないものばかり。

そういう状況なので、「これやったら面白いし、それなりに儲かるんじゃないかな…」という気づきに頻繁に出会えるんです。


東京にはもう「ワクワク」はほとんど残されていません。ワクワクすることがあったとしても、一瞬で人が殺到して、それはすぐに陳腐化していきます。手垢がついて、汚されていきます。


「田舎には仕事がない」とか完全にウソ 」でも書きましたが、「地方に仕事がない」という言説が嘘であることも、ぼちぼち明らかになってきました。ハイクラス求人サイトのビズリーチをはじめ、各種求人サイトが「地方転職」を押し出し始めています。

参考:転職サイト「ビズリーチ」の「地方創生リーダー」募集ページに注目。これからは地方の求人が熱い!


今後10年をかけて、地方には新しい人とお金の流れが生まれ、新しい経済・社会システムができていくと予想します。

今は一番面白い時期です。フロンティアなんです。地方という自由なキャンバスに、新しい表現を刻み込みましょう。高知で待ってます。





東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

残念な人の法則:仕事ができない人は「移動時間の無駄」に無頓着である



フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます