アウトランダーPHEV買っちゃいました!

過去記事が読めるカテゴリはこちら→アウトランダーPHEVに乗ってます : まだ東京で消耗してるの?


もろもろ込み込みで430万円なり。

スクリーンショット 2015 06 19 18 55 37

車というのは高いもので、アウトランダーPHEV、430万円でした。高級車というほどではないですが、高いといえば高いです。

うちが購入したのは2015年7月に発売された新モデル(上の画像)の、一つ前のモデル。ディーラーでも「新しいの出ますよ」と言われましたが、見た目以上に大きな違いはない&旧モデルは無料でオプションが付くため、割安感のある旧モデルにしました。ちなみに値引きはほぼなし。ディーラーの方いわく「エコカー減税車種は値引きできない」とのことでした。

納車は月末(納車スケジュールは半月程度でした)なのでまだ手元にはないのですが、このクルマをなぜ選んだか、解説したいと思います。われながら、いい決断ではないかと思っています。


「PHEV」はこれからのスタンダードになる

スクリーンショット 2015 06 19 19 05 34

「PHEV」とは聞きなれないジャンルだと思いますが、シンプルにいえば「ガソリンでも動く電気自動車」というところで間違いないかと。

電気自動車って、今はまだ「早い」んですよね。ぼくが住んでいる高知県でも、充電スポットが増えているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。東京への帰省や県外出張も考えると、「電気だけしか使えない」というのは、さすがに心もとないのが2015年の現状です。

その点、PHEVなら、電気でも動きますし、ガソリンでも動きます。動力源の切り替えは驚くほどスムーズで、運転していて全くストレスはありません。

「PHEV」はまだまだ目新しいジャンルですが、今後5〜10年ほどをかけて、かなり一般的になる車種だと見ています。来年の秋にはプリウスのPHVが大幅アップデートされるとのことなので、さらに普及しそうですね。

テクノロジー大好きなブロガーとしては、やっぱり最先端車種を触っておきたいわけですよ。趣味と実益を兼ねて、割高ですがPHEVを購入したわけです。多分、みなさんもそのうちPHEVを買うことになりますよ。そのときに、ぼくのブログが役に立つと思われます。


非常電源になる

スクリーンショット 2015 06 19 19 03 29

こちらは実用的な話で、ぼくが住んでいる高知県本山町は、災害が起きたときに割とリアルに「孤立」しかねない地域です。

そんな場所では、アウトランダーPHEVがあると、かなり安心感につながります。このクルマは大容量のバッテリー&コンセントを備えており、1500Wまでの家電製品を動かすことができます。

ガソリンを使って発電することもできるあたり、クルマと「発電機&蓄電器」を兼ねた製品としても見ることができます。孤立の危険性があるエリアに住んでいる方は、購入すると安心感になりますよ。


モバイルハウス&オフィスになる

アウトランダーPHEVがすばらしいのは、エンジンをかけずにエアコンが入れられることです。暖房は10万円のオプションでしたが、つけちゃいました。

なぜかといえば、ぼくはこのクルマをオフィスにしようと思っているのです。今住んでいる家は間取りが狭いので、仕事場がないんです。なので、お父さんは毎朝クルマに出勤しよう、という算段です。エアコン付きなので、夏場も冬場も快適に仕事ができちゃいます。

さらにいうと、アウトランダーPHEVは車中泊にも適しています。家族3人はさすがに狭いですが、1人なら十分眠れるんですよね。車中泊って憧れなので、機会があればラゲッジで寝ようかなぁ、とワクワクしております。

スクリーンショット 2015 06 19 19 16 33

モバイルハウス&オフィスだと考えれば、430万円はむしろ安いです。異論は認めません。これからは、小さい家に住んで、クルマに家の機能を分散させるのが面白いライフスタイルだと思うんですよね。


静粛な運転と、プチ自動運転機能がすばらしい

クルマとして見てもたいへん魅力的で、電気自動車特有の「静粛性」がすばらしいです。電気自動車に乗り慣れちゃうと、ガソリン車がうるさく感じてしまいます。「スイーッ」と動くあの感じは、ガラケーとスマホくらい操作感が違います。

機能面では、プチ自動運転が実装されているのもすばらしいです。何かというと、このクルマは「指定の速度で走り続ける」「前のクルマに追いついたら、自動で減速する」機能が搭載されているんです。

スクリーンショット 2015 06 19 19 14 02

最先端の機能なのでピンと来ないかもしれませんが、これ、一度使い慣れると手放せません。

高速道路での運転が、「ハンドル操作だけ」になるんですよ!驚くほど運転のストレスがなくなります。アクセルとブレーキって、運転者にとってかなりのストレスになっていたことに気がつかされます。


課題があるとしたら?

試乗した感じ、非常にいいクルマだったので後悔は一切ないんですが、強いて課題をあげるとしたら、

  1. 家で充電する場合、電気工事が必要(これ、工事なしで使えるようになったら、なお便利ですよね)。
  2. 「電気のみで60km」はあくまで公称値。坂道や高速を走ると、 条件によっては30〜40km程度まで航続距離は落ちます。
  3. 急速充電スポットの少なさ。もっと増えるとより使い勝手がよくなると思います。
  4. 車両価格の高さ。価格と燃費だけ考えればAQUAとかの方が全然安いので、価格下落に期待。節約のためのクルマじゃないです。
  5. 乗車定員の少なさ。ガソリン車と同様の7人乗りオプションがほしい。

なんてところがありますね。
もっともPHEV自体、まだまだ新しいジャンルなので、これらの問題は今後解決されていくと思います。言い換えると、もの好きでなければ、もう少し待った方がいいかと。


5〜6年もすると、PHEVは今の「ハイブリッド車」くらいの選択肢の幅が出てくると思います。田舎では大人一人につきクルマが一台必要なので、5年くらい経ったらまた別の電気自動車を買い足そうと考えております。その頃には自動運転も進化しているでしょうしねぇ。クルマって面白いです。


過去記事が読めるカテゴリはこちら→アウトランダーPHEVに乗ってます : まだ東京で消耗してるの?



東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

2014年版「超」面白かったマンガまとめ


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます