先日ちらっと紹介した「もしもシークス」。代表の木野さんと高知でお会いする機会がありました。


痺れた!

(終了済みですが5月のキャンペーン。これは安い!)


いやー、ぶっちゃけですね、ちょっと怪しい会社かなぁ、とか思っちゃってたんですよ。5月のキャンペーン、安すぎですし、「独自ルート」でiPhoneとかXperia販売してるし…。

恐る恐る、高知駅前のK'sカフェでお会いしたんですが、ビビビッと痺れました。

(通常格安SIM業者が販売していないiPhoneも取り扱い!)


マレーシアで起業。通信業界のLCCに

QVcoLsGw

ツイッターから)


木野さんはぼくと同じ誕生日で、年齢はちょうど2つ上。現在31歳と、通信会社の社長とは思えぬ若さです。

なんでまたMVNO領域で起業?という疑問が出てきますが、特に携帯業界とコネがあるというわけではなく、思い立ってマレーシアでエックスモバイルを起業しちゃったそうで。

経緯については、ITmediaに丁寧なインタビューが上がっているので、こちらを引用します。

私は27、8歳のころ、マレーシアに1年間ぐらい住んでいました。その時は胡蝶蘭のショップをやっていて、日本国内に輸出する仕事をしています。

マレーシアにはエアアジアXという会社があるのはご存知ですよね。当時はまだ日本に進出していませんでしたが、アジア圏にものすごい勢いで進出していました。

当時のマレーシアの平均月収は5万円以下で、エアラインに乗ろうと思ってもなかなか乗れません。ところが、エアアジアXなら、誰でも乗れるわけです。

MVNOに聞く:「まだ超絶赤字」だけど「撤退します、以上」はありえない――エックスモバイル木野社長 (1/4) - ITmedia Mobile


というわけで、木野さんが起業にあたって大きく影響を受けたのは、マレーシア発のLCC「エアアジアX(通称エアアジア)」。キャッチコピーは「Now Everyone Can Fly(誰でも飛行機に乗れる時代が来た!)」。

Main every1fly en

このキャッチコピー、しびれますよねぇ。「エックスモバイル」は「エアアジアX」と同じことを、日本のモバイル通信業界でやろうとしているわけです。


「赤字は続いているが、黒字転換も見えてきた」

ベンチャーで携帯キャリアを立ち上げるってどんな感じなの?と根掘り葉掘り聞いていくと、やはりイニシャルコストは億単位でかかったとのこと。

まだ創業して間もないため、もちろん(?)赤字も続いています。しかし!すでに黒字転換が見えているとのことで、今後の展開がたいへん楽しみです。

―― すでに黒字化は果たしているのでしょうか。

木野氏 いえいえ。まだ超絶赤字です。金銭的なプレッシャーはありますが、銀行からの借入れはゼロですし、エンジェル投資家や代理店に入れていただいているお金はあり、それで運営はできています。毎月の黒字転換も、年内には達成できそうです。

MVNOに聞く:「まだ超絶赤字」だけど「撤退します、以上」はありえない――エックスモバイル木野社長 (4/4) - ITmedia Mobile

大手キャリアが寡占するマーケットを、本気で切り崩しにいこうとしているプレーヤーです。お話を聞いたのは30分ほどですが、覚悟がビシビシ伝わってきました。惚れました!


毎月衝撃的なキャンペーンを実施

もしもシークス、方針としては、毎月キャンペーンを打っていくそうで。5月は業界最安値の定額通信。6月はドコモもびっくりのXperia投げ売り。台数限定なのでお早めにどうぞ。

スクリーンショット 2015 06 11 17 03 38

7月のキャンペーン内容は、6月の動向を見て決めるそうなので、毎月目が離せません。うちのブログで多分紹介すると思うので、乞うご期待。


いろんなことで話題沸騰!格安スマホなら【もしもシークス】です!


東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

2014年版「超」面白かったマンガまとめ


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中



Instagramやってます