これからプロブロガーになろうとしている人に伝えたいこと。


「プロブロガーになる」難易度が上がってきている

肌感覚で申し訳ないのですが、プロブロガーになる、すなわち「ブログだけで生計を立てられるようになる」ためのハードルは徐々に上がってきている気がしています。


ひとつには、ブログという市場がやや枯れてきていること。ブログの市場ってそれほどもう広がらないと思うんですよ。今の若い人とか、熱心にブログを読んでいる人はそう多くないんじゃないかな…。

同時に、クラウドソーシングとまとめ系CGMのおかげで大量の記事が生産されるようになりました。組織的に大量の記事を供給するメディアが増える一方で、市場はそれほど拡大しているように見えない、というのがぼくの所感です。


ブログ芸人になろう

この市場を長期的に戦っていく上では、良くも悪くも、「芸人化」していく必要があると思われます。よほどいいニッチを見つければ別ですが、そのニッチですらも、芸人にならないといずれ食われる気がします。


元祖プロブロガーのコグレさんは象徴的ですが、昔は淡々と更新すれば十分稼げたんですよね。

読めばわかるとおり、彼のブログは超淡々としています。個人の色はほとんど感じません。ニュースサイトに近い存在なので、記事を読んでいてすげー面白いかと言われると、別に面白くはありません(念のため、disりじゃないですよ)。

スクリーンショット 2015 01 06 11 35 43

いわば「コグレ戦略」が通用したのは過去の話で、今から同じやり方をしても多分稼げません。コグレさんは過去記事が膨大なので何とでもなると思いますが、あのやり方で開拓できる市場はもう存在しないんじゃないかな。


これからプロブロガーになろうと考えている人は、自分を芸人として露出していかないといけません。芸人といっても、別にギャグをやれという話ではありません。記事を淡々と制作しつづけるだけではだめだ、ということです。もっと「個人」にファンを付ける努力をしないと、生きていくのは難しいと思われるのです。
 アフィリエイトの世界も多分同じで、専業のアフィリエイターたちも「個人」を出していくようになると思います。そうしないと生きていけませんから。


そういった方向性は見えていつつも、「芸人」になるのは当然困難なことですし、「ブログを読む」という市場がそれほど成長していないという点は変わりません。やっぱり厳しいものは厳しいわけです。

ぼく自身もブログ芸人として努力しておりますが、5年後、自分がこれで食べていけているかはよくわかりません。相変わらずGoogle先生に生命線を握られている状態ですからねぇ。もうちょっと頑張らないと…。


お知らせコーナー

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


ビッグイシュー・オンラインも編集してます


本・マンガ好きのみなさまに

一巻で完結する面白いマンガたち

2014年版「超」面白かったマンガまとめ

2014年版「超」面白かった本まとめ


東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。

質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中