もう半年かぁ。


高知県に移住して半年が経ったので、もう一度移住しようと思います

東京から高知に居を移して半年経ったということもあり、再び移住しようと計画しています。


そう…東京に戻ります!


という冗談はさておき、高知県内でさらに別の場所に移住しようと考えています。


今は高知市に住んでいるんですが、ここに住んだのは「とりあえず」なんです。というのも、もう少し山の方に住みたいなぁと思っておりまして。でも、山間部は不動産屋が存在しないので、物件にアプローチすることが難しいんですよ。

山間部で田舎暮らしがしたい場合は、基本的には「二段階移住」をおすすめします。まず市街地に居を移し、そのあと奥地に入り込んでいく、というやり方。


次の移住地に関してはまだ未定ですが、嶺北地域が素敵だなぁと思っています。人口1万人規模の小さな山間の街で、移住者ががんがん増えている風光明媚な地域です。観光地としては有名じゃないんですが、住むには最高の街なのです。

IMG 5586

(嶺北に位置する早明浦ダム)


ただ、今ぼくが住んでいる高知市、超絶便利なんですよね…。高知市はコンパクトシティなので徒歩・自転車で生活できちゃうんです。美味しいお店も多いし、人に会いやすいし、よさこいも見れるし、この快適さを考えると「田舎と高知市の2拠点居住」もありかな、と思ったりもします。市内に安い借家を残しておいて、使っていないときはAirbnbとかで貸し出せば十分元は取れるでしょうし。「とりあえず」のつもりで住んだと書きましたが、快適すぎて抜け出したくないと思っている自分もいたりします。


別の記事で書きますが、高知市の生活はあまりにも便利すぎて、正直そんなに東京時代と変化がないんです。毎週のように飲み歩いているのを考えると、むしろ東京時代より、ある意味で都市的な生活をしているくらいで。もうちょっと土地の文化に染まって、価値観を変えたいなぁ、と思っている今日この頃です。