9月9日に発表があるらしいですし、Apple論を書いてみます。


車は取った、次はテレビだ

スクリーンショット 2014 08 30 17 14 17

AppleやGoogleといった巨大プレーヤーは、もはやスマホ、PCといったスクリーンの次を取りにいっています。先日発表されたCarPlayは着々と「車(カーナビ)」に入っていくのでしょう。車の次はどこかといえば、やっぱり「テレビ」だと思います。

現在もAppleは「Apple TV」を出してますが、これ、いまいちなんですよ。持っている人も少ないですよね。知らない人も多いです。こいつを買うと、iPhoneの動画とかアプリ、ゲームをテレビで楽しめたり、Huluとかをダウンロードできるようになります。

なぜいまいちかというと、キラーコンテンツがないんです。Apple TVというデバイスを買ったところで、何か画期的なレベルで面白いコンテンツを楽しめるわけではありません。キラーコンテンツがなければ広がることはありません。

では、Apple TVにおけるキラーコンテンツとは何か。はい、それが「ゲーム」だと思います。


Apple TV + iPhone(iPad)ゲームの世界

Apple TVがゲームに注力すると、下記のような体験が可能になります。

  • Apple TV専用のゲームをダウンロードできる。
  • iPhoneやiPadがコントローラーになる。
  • iOSと連携したゲームを楽しむことができる。

たとえば「iPhoneを銃コントローラーにして、テレビの大画面でゾンビ射撃ゲームを楽しむ」「iPhoneを剣コントローラーにして、テレビの大画面でMMORPGを楽しむ」なんてことができるようになります。

iPhoneは速度センサーと音声認識が付いているので、ぶんぶん振り回して使うこともできます。身体性のあるゲームが作れるので、家族向けのニーズも取っていけると思います。健康系ゲームは色々作れそうですねぇ。

ちょうどテレビを買いまして、ゾンビ系射撃ゲームをやりたいと思い、最近のハードを見てみたんですよ。WiiとかPS4とか。でも、買う気がやっぱりしないんです。ゾンビゲームのために買うのはアホみたいですから。

という感じで、ゲームはやりたいけど、今さら高い専用機を買うのは現実的じゃない、という人はぼくだけじゃないと思うんですよね。Apple TVはそういったニーズを埋めるデバイスになると想像します。


Kindle Fire TVもゲームを攻める

ちなみに、Amazonはすでにここを狙っており、Apple TVと同様の製品「Kindle Fire TV」では、専用のコントローラーの提供に加えて、デベロッパーに対して「Fire TV用にゲーム作らない?」と呼びかけています。

スクリーンショット 2014 08 30 17 20 04

こちらがデベロッパー向けの動画。2画面だよ!他のデバイスと動機するよ!スマホよりもリッチで本格的なゲームが開発できるよ!Amazonの決済使えるよ!とアピールしています。同じことはAppleもできますし、iPhoneアプリとの連携などの面はKindleよりも強みがあります。


スマホゲームの次は、スマホ連動のテレビゲームの時代が来ると思うんですよね。「スマホだけでも楽しめるし、Apple TVにつなげるともっと楽しめる」というゲームとか流行りそう。ゲーム産業はまだまだ大きくなっていくのでしょうねぇ。

というわけで、誰か早く簡単に楽しめて面白いゾンビゲームを作ってください。ゾンビ倒したい…。


お知らせコーナー

新世代努力論」好評発売中!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

2,000DL!「仏教は宗教ではない

祝3刷!「武器としての書く技術


東京から高知県に移住したよ!

イケダハヤトは高知県に移住します。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由

「#移住日記」始めました。


質問募集中!メルマガで答えます。


今日も元気にツイート中